2008年10月

2008年10月31日

月刊はかた11月号明日発売!

はかた11月号月刊はかた11月号、できました!
今月の特集は「九州ワインで乾杯!」です〜。

編集長は特集タイトルを「ルネッサ〜ンス九州ワイン」にしたかったみたいですが、月刊はかたの読者層と若干賞味期限切れ気味のネタであることを考慮のうえ、却下させていただきました。

九州は高温高湿度という風土から、長年ぶどう造りに適さない土地だと思われていました。
しかし、そこに工夫や努力を惜しまなかったたくさんの人々のおかげで、世界的に評価の高いさまざまなワインが生まれているのです。

その舞台裏に迫る、プロジェクトX!的特集となっております。
読んでみてくださいね〜。


ぶどう畑ちなみに、紹介した「久住ワイナリー」さんに、先週プライベートで行ってきました。
久住の山並みに囲まれているぶどう畑の風景は、まるで南仏の田舎町のようです。
…行ったことないけど。
本当にここが日本であることを忘れるかのような、壮大で美しい景色でした。
「きっとボルドーとかコートデュローヌもこんな感じなんだろうな〜」と答えの出ない想像を張り巡らせておりました。


ハモン…せっかくワイナリーでフランスに思いを馳せていたというのに、帰り車内はやっぱり地ビールとハモンセラーノで。
「結局ビールかよっ」といわれそうですが、久住は地ビールもおいしいのでね〜〜“ハモンデくじゅう”さんのハモンセラーノも超おいしいのでね〜〜。


もちろん、私は運転してませんよ

ハンドルキーパーを決めてのワイナリー旅に、ぜひ皆さんも月刊はかたを片手にお出かけくださいね

PermalinkComments(0)TrackBack(0)月刊はかた | 新刊出版情報

2008年10月30日

アドバイザーになる。

会議本日は「情報会議」なるものに参加してきました。
というと、すっごくCIAとかMI=2の匂いがしますが(意味わかんない?)、情報といっても、福岡市の文化・芸術に関する情報会議。
県内の選ばれし7名の有識者によって年に二回、行われる会議です。

そう、「選ばれし」「有識者」なのですよ、私!!
ふははははー




…と自慢できるほどでもなく、紅一点として華を添えるのみでした。

…というのももちろん嘘で、小生意気に発言してきました。


「月刊はかた」も「九州王国」も、福岡&九州の地域振興と文化の発展に寄与することを目的とした情報誌ですから、積極的にこのような会議には参加しなくてはいけないと思っています。
(お役に立てようが、立てまいが。)

情報誌で参加させていただいたのは、私たちのみ。
お声がかかることも、有難いことだと心底思います。
「福岡のこと、九州のことはあの編集部に聞け!」と皆様から信頼される存在になれるよう、ますます精進したいと思います



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

九州外の島へ。

昨日は九州外へ出てきました。
しかも、島へ。


と書くと、「済州島?」「もしかして淡路島??」などという憶測を呼びそうですが、意外にも近くに島はあります。
まず、九州の外へ出るためにはここを通過。


海峡関門海峡〜〜
山口側から来ると、橋上に「ようこそ九州へ」と九州王国のキャッチコピーみたいな看板がかけられています。
「この橋の先は九州ではないんだな〜」と思いながら通過すると、参勤交代に向かう大名のような、ちょっと後ろ髪引かれる思いがします。



はえそして、昨日足を踏み入れたのは「彦島」。
下関にある島です。

通称「ヒコットランド」。
ロンブー淳の出身地。
…以上、どうでもいい雑学2つは編集長より行く前に教えられました。
この島の名前は聞いたことがない人でも「はえどまり漁港」というのは聞いたことがあるのでは?
いつも冬になるとニュースで聞く地名ですね。
そう、全国のふぐの90%がここに集まるという、ふぐニュースには欠かせない場所です。
↑漢字はこう書きます。
「南風泊」と書いて、「はえどまり」。
南風が泊まる港って素敵ですね。
間違っても「蝿止まり」ではないので、皆さん学習するように。


有意義な取材はできましたが、やっぱり往復5時間は辛かったです。
次に行くときは、「ふぐを食べる!」というご褒美付きで行きたいものです。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)取材裏話 

2008年10月28日

クリスマスの定番お菓子。

シュトーレンおやつにシュトーレンが出ました。

…って、もうそんな時期〜〜〜!?

恐ろしいですね。
もうクリスマスですよ。
年末ですよ。
年末進行ですよ。。。(これが一番恐ろしい)

うちの編集部は、10月にクリスマスモノを撮影し、12月にはバレンタインモノを撮影するくらいのターンで回っています。
そうすると、今シュトーレンを撮影しているのは若干遅いくらいな話で。

ギャーーー怖いーーーー

種をあかすと、年内に2月号まで作っておかないといけないのです。
ついでに、今年は年明けに単行本が3冊も発売予定なので、恐ろしい状況が予想されるのです。
ついでについでに、同時期に別のお仕事も(有難いことに)いただいているのですよ……有難いことに


ヒタヒタと迫り来る怒涛の締め切りラッシュ…焦っても仕方ないのですが、根が小心者なのでね〜すっごく焦る〜。


おそらくクリスマスあたりが一番の修羅場となりそうなので、今のうちにシュトーレンも食べておこうと思います。
クリスマス時期にたとえカップ麺生活になっても後悔しないように。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2008年10月27日

画伯対決。

西島先生
金曜日は、編集部全員&SOHOスタッフ&別事業部全員の福岡支社所属のみ〜〜んなで、月刊はかた名店百選会会員の「いちや」さんへ行ってきました。
こちら、箱崎にある焼肉屋さんですがその肉質の良さとおいしさで連日大盛況です。
月刊はかた関係者の中にもファンが多く、「毎週行っている」という作家さんもいるほど。
赤肉はもちろん、モツ系の白肉も揃っているので、臓物大好きな私たちにも最適です


駐車場そしてなんといっても、特筆すべきはあの西島伊三雄さんが看板キャラクターを描かれているということ!
福岡を代表する西島先生も、このお店のファンだったそうです。
←駐車場表記もこの通り。
も〜なんともかわいいですね〜〜これほどシンプルに牛を表現できる方が、他にいるでしょうか!?

入店前にこれでもかというほど西島作品を鑑賞し、大いにインスパイアされた編集部の面々。

もう、西島先生の絵が頭から離れないよね〜〜という話になったので、本当に離れていないのか、焼酎のボトルに描いて試してみることにしました。

ぐっっさん
←ぐっさんの作品。

うん、合格。
さすが、酔っ払っていても西島先生のタッチは忘れなかったようで。
「完璧だ!」と誉めていたら、「非常にシンプルに描かれてるので、そんなに誉められるほどでも…」と謙遜してました。

感心。

では、ミカ画伯にも描いてもらいましょう。




みか
・・・んえぇーーーっ!


あなた、これ。。。。吉田戦車だよね!??

どこをどう記憶したら西島先生が吉田戦車へと変わるのか…。

写真がぶれているのは、撮影した私が酔っ払っていたからです。。。でもピントが合ってなくてよかったかも、と今となっては思っています。。。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2008年10月24日

社用車で発見したものたち。

月刊はかた号はみんなで仲良く(うそ。毎回争奪戦です…)共有しています。
ですので、久しぶりに乗ると前に乗った誰かの足跡が残っていることもしばしば。
おにぎりの袋が落ちていたり、フリスクが散乱してたり…汚いっちゅーの。

この間乗ったときは、こんなものを見つけました。


辛い!なぜかいっぱい入っているブラックブラックが2ケース。
…なんで?
これ、それぞれマイブラックブラックなの?
共有しちゃいけないの??

または、車内にブラックブラックが残っていることすら忘れるほど眠かった人が、また買ったか。

いずれにしても私はこの手の辛いガムが苦手なので、手をつけてません。
マイブラックブラックの残量が気になってる方、ご安心を。


そしてもうひとつ見つけた衝撃の作品。

しげちゃん誰ですか?
月刊はかた号内に暴れんぼうを持ち込んだ人はっ!?

カーステレオに入れようかどうか悩んだのですが、小心者なので一人で聞く勇気もなく、そっと元の場所に戻しておきました。

いずれにしても眠気防止策なんでしょうね。
来週も遠征がたくさん入っているので、皆さんくれぐれも安全運転で頑張ってきてください!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2008年10月23日

オゾンいっぱいの…。

一昨日の一人ドライブ中に見つけました。
思わず目を疑い、引き返して確認してしまいました。
車の中から激写。


オゾン!?
オゾンがいっぱい」??

オゾンって有害じゃなかったですっけ?
確か目とかに有害なんですよね。
…ダメじゃん、ゴルフ中に有害物質浴びたら。



なんだろう…本当は何て書きたかったんだろう…。

PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月22日

一人ドライブ♪

海昨日は一人で海岸ドライブへ
とある地域が今、キテる!という情報をキャッチしたので、確認のためにも一人で終日ドライブ取材に行きました。
確かに、キテました。
何より、海がキレイ。
遠浅なので、漁船なども遠くにしか見えず、それでいて潮の流れは速いので海の色もキレイ。
こんなにキレイで、護岸工事もばっちり整備されているのに、イチャイチャカップルなどが皆無なのもポイント高いです(そもそも人間がいない…)
この海はできれば、“平日に一人でカメラと三脚抱えてかけずり回る”という状況以外のときに、再訪したいです。

ソフトクリーム



←でも、一人でもソフトクリームはちゃっかり食べる…みたいな。
「思いっきり行楽楽しんでんじゃん、ウエダ!!」となじられそうですが、こんな楽しみでもなきゃ入水しちゃいそうなくらい寂しいんですよ、秋の海っ!
一人で海を見ながら食べるソフトクリームも十分に寂しいですけど。




チャペル←海の見える素敵なチャペルを取材しました。
「ウエダさんもご結婚のときは是非使ってください」と、なぜか話してないうちに未婚を見破られました。
何?未婚オーラ??


昨日取材しまくった海沿いのお店の数々は、年明け2月の新刊でご紹介します。
随分先に思えますが、4ヶ月なんてあっという間です。
年末にアップアップしないように、今のうちに頑張っておきましょうね〜皆さん〜。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)取材裏話 

2008年10月20日

基樹さんとご飯!

先週末は、「月刊はかた」で「人生はeyeだ!」をもう長〜く連載してくださっている、中村基樹さんとお食事へ。
基樹さんといえば、現在の“通勤ラジオ”ももちろんですが、50代前後の年代には「受験勉強をしながら深夜に毎日聞いていた」というファンも非常に多いですよね。
編集部からお店へ行くタクシーの中でも運転手さんが基樹さんに気付き、「いや〜〜嬉しいな〜〜基樹さん乗せられるなんて嬉しいな〜〜」と何度も言われていました。
根強いファンの多い方です。


基樹さん。←そんな基樹さんを独り占めする人妻の図。
暗くてあまり顔写ってないので、ボカシなしでそのままアップしちゃいました。
基樹さんが「20代かと思った!」と連発していた二児の母・ミヨッシー。
ほんとに若いです。
基樹さんと別れたあと、我々と朝4時までカラオケに行ってました。
…もっかい言っておきますが、主婦です。母です。妻です。
寛大な旦那様をもって幸せですね〜〜。
ちなみに、カラオケでミカリンがテーブルにこぼしたビールを拭くために、編集長のおろしたてのハンカチを台拭き代わりに使っていました。
デキル主婦ですね〜〜。(編集長、ひっそりと泣きながら激怒…)


今日は、原稿書いてる途中に突然ぐっさんが鼻血出すし(「至らぬことは考えてません!」と必死で鼻にティッシュ詰めながら弁解)、多部未華子の取材をしたがる40代スタッフもいるし(私はよく知りませんでした…)、実年齢はさておき若々しさで溢れた編集部です


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2008年10月17日

誰よりも美しい、私の○○。

昨日初めて行ったマッサージ店で、びっくりするお言葉をいただきました。

「まあ!こんなにきれいな人、初めてみました!何十年と施術してますが、ここまでキレイな人は初めて!!んま〜〜(凝視)」


という、賞賛&大絶賛のの嵐。
一応言っておきますけど、私に向けられた言葉です。
もう少し詳細に言うと、私のある体の部位(食肉みたい?)に対して、向けられた言葉です。

私のカラダのどこが超美しかったかというと…




・・・・・・足の裏




「あなたの足の裏、すごいキレイだわ〜〜。指先が少し赤くて、付け根が白くって…最高の足の裏だわ〜〜

と、興奮して絶賛してくださいました。




…微妙。
かつてないほどに褒めらているのに、全くもって喜びが湧いてきません。
だって人生でもっとも、他人にも見せず自分でも見ない場所じゃないですか…。


ミス足の裏コンテスト」があったらぜひ、参加したいと思います。

“何百人に一人”の、奇跡のマーバラス足の裏を見たい方は編集部までどうぞ〜





PermalinkComments(0)TrackBack(0)