2007年11月

2007年11月13日

反比例。

かなり明確な反比例の図式を見つけ出しましたので発表いたします。

題して、「海鮮丼の価格と内容の反比例の関係」です。

志賀島その1:2700円の海鮮セット

志賀島のとあるお店で食べた、2700円もする日替わり定食。
テキトーに「日替わりでぇ〜」と頼んだら2700円もして驚愕した、いわくつきの定食です。
一見豪華に見えますが、これだけ大きなお皿に刺身は5切れ。
しかも、いたって普通の、いつもスーパーで買っているお刺身でした。
「日替わり定食・2700円」という表記を、私が勝手に「日替わり定食・700円」と見間違えたために(いや、分相応に頭が勝手に換算しなおしたのかも)、相当辛口評価になっているかもしれませんが、それを差し引いてもこの価格は疑問です。
たとえ700円だったとしても、選ばないかも。


別のせその2:2100円の海鮮丼

こちら、長浜の市場会館内で食べた海鮮丼。
「その1」より600円も安くなったにも関わらず、断然こっちがおいしかった〜〜
平日のお昼間に行ったのでほとんどは近くで働いている人だと思われるにも関わらず、推定8割の方がこの特上海鮮丼を選んでいました。
この奥のお皿にのっているお刺身たちを、ドンブリに自分で入れて丼にします。
はっきり言って、小鉢等、丼以外の副菜たちはもうひとつなのですが、丼が十分においしいのでクリアでしょう。
納得のうまさです。
…ではあるのですが、普段のランチにはまだちょっと高い価格ですよね?



北海道!その3:1300円の海鮮丼

そこで、最後に真打登場!
「その2」からさらに800円も安くなって、超うま丼の登場です〜〜
これは、知床の「一休屋」というお店でいただいた「鮭といくらの親子丼」。
ヅケにした鮭の刺身といい、いくらの自然なプチプチ感といい、最高です。
これが、1300円って価格革命です。
玄海もおいしいけど、やはり価格的に見たら北海道には負けるのでしょうか?
これが会社の近くにあったら週一で通うのになぁ〜。





と、見事なまでの、価格とおいしさの反比例の見本でした。
高いものがおいしいわけではないのだ!と改めて気付かされますね〜(気付いたのは私だけ?)。


2007年11月12日

東京おのぼり写真。

65c344b2.jpg←初スイカでございます!

何がすごいって、スイカと銀座一丁目の駅名を写メしている、恥知らずな私がすごい。
えぇ!?今頃スイカに喜んでんのっ!?
…という東京人たちの嘲笑いが聞こえてきそうです。

だってスイカなんてなくても、博多駅は全然改札混まないもん!
タッチアンドゴーできなくても、なんら不便感じませんもんー!


と、人口密度の薄さを自慢してみましたが、九州でも始まるんですよね。
「スゴカ」が。

…って、この命名センスはアリでしょうか、JR九州さん?
関西のイコカもどうかと思いますが、スゴカってすごく西郷どんみたいじゃないですか?
意味わかりません?
なんか、いかつい。


ま、何とかかんとか言いながらも、めっちゃ楽しんでタッチアンドゴー!!して来たんですけどね。
お察しの通り、東京出張してました。
いつもどおり、人口密度の高さにクラクラしました。
でも、楽しい町です。
行くたびに新しい町になってますから。


今回の恥ずかしいおのぼり写メ第二弾がこちら

クリーマリーおおお、これは、コールドストーンクリーマリーだーっ!!

前に六本木で「食べたいな〜でも行列に並ぶのは嫌だな〜」と諦めたあのアイスが、品川駅構内に出店してました。
全然並んでなく、チャンスだったのですが、かなり寒かったので全く食べたい気にならず。
うまくいかないもんですね。
でも恥を忍んで写真だけは撮ってきました。
訪れるたびに変わりまくる街・トーキョーです。



そして無事写メ使命も終え、東京から18時の便で帰ってきたのですが、寒さ&福岡恋しさで、帰ってきたその足で直行したのはこちら。

モツモツ〜♪月刊はかた加盟店「かわ乃」さんです!

やっぱりもつ鍋が恋しい
やっぱり福岡が愛おしい〜!!!


出張するたびにいつも、福岡空港に着くとホッとします。
帰ってきたなぁ〜って思う。
出身者ではない私にまでもこう思わせてしまう福岡って、すごく温かい街なんでしょうね。

やっぱり「スゴカ」街なのか。
JRさん、納得。



2007年11月08日

またまた出張中。

3日前に知床から帰還したばかりですが、またも今日から出張です。
マイルがものすごい溜まるように思われそうですが、大人の事情による特別な航空券なのでほとんど溜まりません。
疲労はしっかり溜まりつつあります。


でも大丈夫です。

仕事大好きですから。



…自虐的?


2007年11月07日

二鶴堂様パーティーに行って来ました。

酒〜昨日は二鶴堂さんの創業55周年パーティーに参加してきました。

55年って、すごいですよね。
月刊はかたも20周年ですが、まだまだ半分にも達していません。
負けていられませんね〜〜もっともっと頑張らなきゃ!



パーティー会場の全日空ホテルに着くと既に400名近いお客様が集まっていました。
さすが二鶴堂さん。
しかも、オールえらい方ばかりで、私はパーティー会場ではかなりポツーンです。
福岡のパーティーだと少なくとも2〜3人は知っている方がいるものですが、昨日は本当に接点のない方ばかりでした。

車で来たからお酒も飲めないしね〜、立食だけどガッツクわけにはいかないしね〜、ゲストの尾形大作さんの熱唱も素晴らしかったけど正直あんまり知らないしね〜、と暇してたら、二鶴堂さんのヒストリームービーを上映するときに、衝撃の映像が目に!!




花台ムービーではありません。
目が釘付けになったのは、ムービーを上映している、そのスクリーンの横。

あら、これは!


スクリーン横の一番目立つ位置にある、この花はもしや!








月刊はかた!
月刊はかた花じゃないですか〜〜〜


と、自分で手配しておきながら、すっかり感激しておりました。

そして目立たぬようこっそりこの花を写メってたら、えらいおじ様に声をかけられました。
「月刊はかたの人なの?(←目立ってたようです…)あの雑誌はいいねぇ〜」と。

嬉しい〜〜感激〜〜
思わぬところでこういう声をかけられると、本当に嬉しいです。


素敵な方々が集まる、素敵なパーティーでした。
二鶴堂様、創業55周年及び新社屋の落成、本当におめでとうございます〜〜!

2007年11月06日

知床旅情・その

福岡では昼間ならまだ半そでの人もいるという、この温暖化の11月。
知床は、そんな甘い場所じゃありませんでした。
というか、旅行者の皆様はきちんと事前に情報収集をしており、万全の格好で知床に臨んでいたのですが、いつも出発前夜に適当に準備をする私は、今回も冬支度を全く怠っておりました…反省。


で、最低気温0度、ちょっとミゾレ気味の雨、レインコート持ってなし、16時には日暮れ…という環境で、ダウン一枚の私は凍えて痺れてました。
外で取材をしながら「あと何分で暖かいお宿だから!」「もうすぐ、温泉が待ってるから!」と自分を鼓舞。フレーフレー、私。


ついでに「自分頑張れ運動」の最も大きなエサとなる、「もうすぐ、おいしい北の幸が待ってるから!」というわかりやすい原動力にも引っ張られ、好調に取材は進んでおりました。
この間のブログでも書いたとおり、北の海産物大好きな私は、「カニまであと2時間!ウニまであと1時間!」と、相当に卑しいカウントダウンをしていたのです。


そして、迎えた、初日の晩御飯。
「この辺はホタテの産地ですから」という宿のオーナーのコメントに期待が膨らみます。
刺身かな〜 バター焼きかな〜〜


と、卑しさ絶頂で、食事部屋に入ってきた私の目に、驚愕の料理風景が飛び込んできました。



オイルフォンデュ?…え?

…く、串揚げぇっ!!??


っていうか、芋と茄子ですが?
そして、しいたけとチーズですがーーっ!?


ホタテは…いずこに…。


北海道なのに。
知床なのに… 




と、期待を大きく裏切られた私(←勝手な期待)でしたが、このへんの切り替えは得意なので、スパっと諦めて串揚げディナーに挑みました。


そうしたら。

そうしたら、そうしたら。




あら、おいしい〜!! じゃないですかっ!


じゃがいもとか、もう、ありえないくらいおいしくてビックリしました。

ごめん、ホタテに異常に期待して!
ごめん、一目でがっかりして!
先入観であなたたちを差別して、ごめんね〜〜〜〜!

こんなにおいしいじゃがいもは生まれて初めてでした。
これを食べるためだけに知床まで行ってもいいくらいです。



すっぱり海産物を忘れ、持ち前の変わり身の早さでじゃがいもに食らいついていると、続々と海の幸も出てきました。


おいしいごはんしかも、キンキの煮付けとか、ホッケとか鮭とか、夢見ていたものが全てっ!
(ホタテはなかったけどっ!)


すみません、心の中を見透かされていたのですね〜。
どれもこれもものすごくおいしかったです。
夢が叶いました。



…でも実は、じゃがいもの串揚げが一番おいしかったりして。


旅は、予想外のことが起こるから楽しいですよね。

次はじゃがいも目当てに道東へ行こうと思います。
そうしたら、きっと予想外のお肉とか果物に、出合えるはずです。


2007年11月05日

知床旅情。

ドライブ!行って来ました、知床に!
カラマツの黄が鮮やかな知床に!
最低気温0度の知床に!
この、レンタカーでぐるり取材してきました〜〜。

←車のCMみたいでなかなかかっこいいカットでしょ。
実際は、空港でレンタルした5分後に大きな泥水たまりにダイブし、3日間車体は泥だらけだったのですが、どうにかこの写真ではごまかせました。
欺瞞写真です。


さて、今回はパンフレット作成のための取材だったのですが、テーマは「地球と仲良く!自然と遊ぼう!」です。
知床は皆さんもご存知のとおり、世界自然遺産に選ばれている地。
さすが、納得の自然の宝庫でした。

なんと言っても、景色が違う。
スケールが違う。
空の色が違う。
これまでにも北海道は何度も行っているのですが、これまで日本で見たどの光景よりも、壮大で雄大でした。


ぜひ皆さんにも一度は行っていただきたい。
しかし正直言って、大型バスでサ〜っと見ても、知床の真の魅力は伝わらないと思います。


おすすめしたいのは、この大地を目で見て、足で踏みしめて、肌で感じる旅。
信じられないほど素敵な魅力がたっぷり詰まったツアーパンフレットを作っているので、この冬は皆さん週末の予定を空けて待っていてください。
絶対に忘れられない旅をご紹介しますよ!…そのうち。
来月中にはご紹介できると思うので、お待ちくださいね。


今回の取材旅行もとっても楽しかったので、明日以降、続きリポートしま〜す。



2007年11月01日

二大好物制覇。

うに私の嗜好はものすごくわかりやすく、小学生の考える「高級なもの」が大好きです。

←その1。うに。


うに、好きです〜〜。
好きなんですけど、食べ過ぎるとイマイチ舌が麻痺し始めてくるので(たぶんウニの大量消費に舌が慣れてないのです)、うに丼とかは苦手です。
「ちょこっとうに」が好き

ということで、この「赤うに茶碗蒸し」は大ヒットでした。




かに
←その2。かに。


かに、好きです〜〜。
甲殻類は基本的に何でも好きですが、特に好きなのが焼きガニです。

この日は二大好物を同時にいただけてしまいました。
幸運すぎて、帰りに階段から落ちたり財布すられたりしないか心配でした。

どちらも、春吉の「久岡家」さんのお料理です。
月刊はかたの加盟店さんです。
何食べても、本当においしいので、ぜひ。



明日からは「うに・かに」君たちの故郷・北の大地へ取材に行ってきます。
間違いなく、彼ら(↑)二人には会えない取材スケジュールです。
あの悲劇の日の取材に限りなく近い場所での、取材です。
若干トラウマがまだ残っています。


彼らを超える、北の逸品に出逢えますように。
そして1年前についてしまった、私の心の傷が癒えますように。