2007年07月

2007年07月09日

初体験!屋形舟

乗る船〜←これ、何の船かおわかりになりますか?

こうして見ると、全く「セレブ感」を感じさせない船ですが、意外にも結構なセレブ船です。

こちら、中洲を漂う「屋形舟」です。


土曜日に、お世話になった方からのご招待を受け、人生初屋形舟を体験してきました。
舟をまるまる貸しきって、中洲に浮きながらお刺身やお酒をいただくわけですから、当然高級な遊びのはずですよね。
「クルーザーを貸しきって、エーゲ海でシャンパン片手にフルコースをいただく」という状況の、和風版と考えていただければよいかと。
そう考えると、ものすごく優雅ですね…こうして見ると漁船みたいですが。
いやいや、内容はエーゲ海とそんなに大差ないはずです。
…きっと。
…たぶん。

中はこんな感じでした↓
船内中からは、水面スレスレから中州の風景を眺めることができます。
見慣れた景色も見る場所を変えるだけでこんなに面白いんだ〜と、再発見しました。


…と書くと、本当に余裕綽々で優雅に舟遊びを楽しんでいるように思われるかもしれませんが、実は舟の中は戦場でした。


なぜなら。


6テーブルしかない船内で、あろうことか、各テーブルごとに「鶏の炭火焼 with 七厘」が行われていたからです!!
視界ゼロ!
煙モウモウ!

窒息死寸前でした。
燻製ウエダ焼がもう少しでできあがるところでした。
目が痛すぎて、ずっと泣きながらビール飲んでました。
もしこの煙が浅草寺のものなら、私の頭と体はスーパーサイヤ人並みに浄化されているはずです。


ライトアップ船そんな、辛くとも楽しいお楽しみが終わったのは20時ごろ。
17時にスタートしたので、舟を降りてからやっとイルミネーションが楽しめました。


屋形舟を体験される方は夏は20時くらいから乗ると夜景も楽しめていいかもしれません。
そして、メニューで「鶏の七厘焼き」を頼まれないよう、ご注意ください。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月06日

クリスピークリームドーナツのはしご!!

クリスピードーナツに4時間並ぶって、どうよ?


と、思っていたんですけど、とうとう行ってきました。

4時間並ぶ価値があるのかを検証しに!
実際、ミ○ドとは違うのか?を実証しに!

あの、クリスピークリームドーナツへ!!



と言っても、関西人の私がドーナツのために4時間待てるはずもなく、いや20分でも待つ気もなく、このドーナツを東京で食べる日は一生こないと思います。


行ってきたのは、プサン支店です


しかも、


クリームドーナツ←2軒はしご!!!


上記写真はプサン南浦洞支店、この写真はロッテデパート支店です。
韓国まで行って、なぜかアメリカ資本に染まりまくりです。


というのも、この3日間、プサンに取材に行っておりました。
詳細はまた後日お伝えしますが、いろいろとワールドワイドになりつつある我が編集部。
「月刊はかた」以外にもいろんな仕事があるのですよ〜〜。



プサンの取材話は涙なくしては語れないほど辛かったのですが、それを語りだすと3万行くらい書いちゃいそうなので、ぐっと胸にしまっておきます。
体中がなぜか痛い、とだけ書いておきましょう。


クリスピークリームドーナツは噂どおり、サービス精神満点のお店でした。
3人で3個ドーナツを頼んだら、2個おまけをくれました。
…計5個。
残すわけにもいかず、「ドーナツは女の子に」と唯一の女子だった私が2個たいらげました。
ちなみにこの日は12時から18時の間に、キムチチゲ・タコの辛子炒め・鰆の塩焼き・刺身麺・お茶菓子セット・ビビン麺・水麺・小豆入りカキ氷、と計7店の取材を終えておりました。
ドーナツ2個がいかに過酷な罰ゲームだったかが、よくわかるでしょう…。



ま、とにかく福岡の皆様に言いたいのは、間違いなく東京で4時間待つ暇があればプサン支店に行ってドーナツたらふく食べてください〜〜ってことです。

私は今月もう一回プサン取材敢行です!
次回は楽しめるよう、体力を今から作っておきます!
この取材で出来上がったものは夏か秋には皆様にもご紹介できると思うので、ウエダの汗と涙の結晶をご覧くださいね〜〜。




PermalinkComments(0)TrackBack(0) 取材旅行レポート 

2007年07月02日

月刊はかた7月号発売です!

1611ff94.jpg夏らしくない山吹色の月刊はかた7月号、もうこの週末に手に入れたという方もいらっしゃることと思います。

実際発売2日目には、プレゼントの応募はがきが届くのでいつも驚かされます。
私のように発売4日目(今月号は6月29日に出来上がりました…)にしてやっと「新刊発売です!」とか発表しているダメ編集者からすると、読者さんの行動の速さにはいつも脱帽&敬礼してしまいます。

ありがとうございます。
いつも楽しみにしてくださり、発売と同時に月刊はかたを手にしてくださる皆様。
本当に、本当に感謝しております。
願わくば、これ見よがしに電車の中で広げてもらったり、「この本、面白いよね〜」と声高に街中で宣言してもらったり、素敵なカフェに置いてきていただけると、さらに嬉しいかもしれません。


さて、そんな月刊はかたの今月の特集は「骨董市を歩く」です。


今回は、新人サリーとめぐっぺコンビによる、初めての特集。
初々しいながらもとても楽しいページに仕上がりました。
私も校正をしながら、「次の休みには骨董市に行ってみようかな〜」と素でイチ読者になってしまっていました。


まだまだ知らない「楽しい場所」ってたくさんあるんですね。
きっとこれを読むと皆さんも、骨董市に行って掘り出し物を探したり、店主さんと話てみたくなるはずですよ〜〜!


ふぐやお酒のプレゼントもあるし、おすすめお中元ギフトの紹介もあるしと、今月も月刊はかたはお得情報満載♪
お求めは、お近くの加盟店さんか主要書店、またはこちらからどうぞ。





PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新刊出版情報