2007年01月

2007年01月31日

世界と繋がる大村市。

442a9d53.jpgこの南国ムード漂う場所、どこかおわかりになるでしょうか?
青空とヤシの木みたいなのが見えていますが、厳寒の地です。
凍え死ぬかと思いました。


長崎県大村市の大村SAです。


よ〜く目を凝らすとのぼりに「カステラ」とか「皿うどん」とかいう長崎的単語が見て取れるはずです。
昨日行ってきました。
ちなみに、一昨日は大分でした。
…明日からは韓国です。
NASAでもHONDAでもいいですから、早いとこ「どこでもドア」の開発に着手していただけないでしょうか。


で、なぜ大村SAで凍死しそうになりながらわざわざ写真を撮ったかというと、ここのSA付近を通るたびにいつも気になる標識があるからです。
…じゃあSAじゃなくてその標識を撮れ、と言われそうですが、高速道路での撮影は命がけであることがあの時わかったので、もうそんな期待はしないでください。
ヘタレなので、「撮りたかった看板の付近」の撮影で許してください。



福岡方面からだと大村SAを通ったあとすぐ、左手に出てくる標識(案内?)があります。
そこに書かれている文字が、いつも私の想像力を掻き立ててくれるのです。



北緯33℃----チャールストン・バグダッド



…掻き立てられません?
ワールドワイドな浪漫を、掻き立てられません??

これを見るたびにいつもいつも「あ〜ここから真横にピューって行ったら、バグダッドがあるのかぁ…」と、地球の構造をわからない小学生並みの浪漫を掻き立てられます。
ここの延長線上にバグダッドが。
ピューって行ったら、あのバグダッドがあるのです。
なんだか身近に思えるから不思議ですね。
(…チャールストンに関しては何の知識もないので、大した浪漫は生まれません。)



皆さんも、世界を近くに感じられる大村市で、地球の平和を祈ってみたりしませんか

PermalinkComments(0)TrackBack(0)取材裏話 

2007年01月29日

山の上の取材。

つっぱり久しぶりにバリバリツッパリロックンロールを見ました。

山の上でツッパリは何を取材されているのでしょうか?
気になるけど怖くて近づけません。

リーゼントが突風に飛ばされそうです。。。。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月26日

検版の日のランチ。

479c0698.jpg右手にカレー、左手にカップヌードル。




…これが異常な光景に見える私は、疲れすぎているのでしょうか?
ど〜も尋常な絵には見えないんですが。


今日は検版。校正最終締切日です。
赤ペンを握って、一日中、目を血眼にする日です。

なので、ランチはみんなコンビニで済ませます。



数あるコンビニ商品の中から、本日編集長が選んだランチが上記2品でした。

カレーとカップヌードル。

…この組み合わせ、アリですか?
一日の摂取カロリーと摂取添加物、取りすぎじゃないですか??
いくらなんでも、栄養とか健康とかあまりにも無視しすぎじゃないですか???



「普通さ〜カレーとサラダとか、いくらコンビニとはいえもうちょっと考えるよねぇ?」と隣の20代前半女子スタッフに同意を求めたところ…



彼女は「パスタと春雨ヌードル」を食べていました。


んな〜〜〜っ!!
発想、一緒じゃんっ!!
炭水化物 on 炭水化物じゃんっ!

なんでこういうとこだけ編集長のマネするの〜〜〜〜っ(泣)



彼女たちを立派なレディへ育て上げる役目をおおせつかった乳母としては、この先がとっても不安です。
ダブル炭水化物を好む女子に、お父さんの靴下を履いてくる女子…この二人にレディへの道を期待してもよいのでしょうか。


二人とも編集部きってのきれいどころなだけに、取材先でネコかぶってきているのではないかと心配です。。。


取材先・クライアント先の皆さん、彼女たちが訪れた際にはその日のランチと足元チェックをお忘れなく!

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2007年01月25日

プリンセス登場。

fa66eb90.JPG以前このブログで、見事なまでのプリンセスっぷりを発揮したK嬢。
昨日も「デキル女」スタイルでかっこよく携帯を扱っていた様子を、S嬢が隠し撮りしてくれました。
一応今回も個人情報保護のため、顔に修正入れさせていただきます。
ついでに後ろに写ってしまった編集長にもモザイク入れてみました。
ほとんど犯罪者状態です。


このK嬢、うちの編集部では珍しいコンサバ系の、デキル女風のかわいこちゃんなのですが、(実際仕事もちゃんとデキル女なのですが、)どこかが大きくずれて育っているのです。

今日もかわいいブーツを履いていたのですが、ブーツを脱ぐと中は微妙な長さ&素材の靴下でした。
「ん?」というみんなの注目に気付き、彼女が発した一言。

「あ〜ブーツの中だからわからないと思って、お父さんの靴下履いてきちゃいましたぁ〜」…と。


お母さんの、なら100歩譲ってまだしも、なにゆえ「お父さんの」靴下なのでしょうか?
普通、お父さんと靴下共有する!?
…玄人芸です。


上の「デキル」スタイルで見ていた携帯画面も「恋愛成績表」とかいう心理テストだったし(勤務時間中で、しかも編集長の前だよ、おいっ)、なぜかお弁当は出張中の上司のデスクで食べるし(本人いわく、「だってここ広いしきれいなんですもん」)、自分が脱いだコートは人の椅子の背もたれにかけるし、とプリンセスっぷりは留まるところを知りません。
もう誰も止められない。

その姫らしさが顕著に表れている現場を、彼女が外出中に隠し撮りしてみました。
本邦初公開、マニア必見のK嬢デスク下です。

放送禁止画像

うん…ひどい…。

散乱した靴、脱ぎ散らかしたカーデガン…私が警察なら間違いなく事件のにおいを感じ取ります。
マニア必見っていうか、掃除マニア必見ですね。
ダスキンさんの営業魂に火をつけないことを祈るばかりです。


まあ、仕事はデキルし、他人に迷惑かけているわけでもないので(一部かけてるか?)、編集部プリンセスライフを存分に堪能してくれていいですけどね〜。

私もマネできるところは、是非マネしたいです。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2007年01月24日

愛媛の逸品。

95e9db37.jpgなんだか最近九州の逸品から外れてばかりで恐縮ですが、他地域の逸品レベルを知っておかないと、九州の逸品を「これが全国で一番!」とオススメすることもできませんからね。
今日は四国は愛媛の逸品紹介です。

←先日道後温泉に行ってきました。

感想は、というとあまりの人気っぷりに衝撃を受けました。

九州だと人気の黒川や湯布院とかでも、時間帯によっては広い温泉に一人〜ということもごく当たり前。
温泉は「ゆったり、のびのびと、リラックスして」入るものだとばかり思っていました。

道後はすごかったです。

まず脱衣所で、既にロッカーまでたどり着けません。
やっとたどり着いても、脱いでいる間にも隣のおばあちゃんとかが肘鉄食らわせてきます。
マトリックスさながらにそれらを交わしながらどうにか脱いで、浴場に入って、さらに唖然…。


これ、浴槽ですか?

収容所ですか?マスゲームですか?…っていうくらい、びっしり人が湯船の中に詰まっているのです。
私が入るスペース、見つからず…。

それでもどうにか片隅を見つけて、小さくなって腰までつかっていると、おばあちゃんが私の肩あたりをまたいで侵入してきました。

む…無理。もはや、無理。
あえなく5分で撤退です。

せっかく四国まで行ったのに、メインの道後温泉は5分で終わりか…。
やっぱり温泉は人口密度の低い九州がいいかと。
ほら、他地域と比較すると九州の良さが際立つでしょ。



もちろん、逸品ハンターとしての任務も遂行してきましたよ。


むてんか!こちら!

飲み終わった後の瓶で恐縮ですが、その名も「ムテンカ」です。
愛媛にはみかんのジュースが数多くありますが、この「ムテンカ」のすごいところは、濃縮還元ではない、というところ。
濃縮還元ではないみかんの100%ジュースというと、天下に名高い「ポンジュース」があるわけですが、こちらの「ムテンカ」は明浜地区という糖度の高いみかん産地として有名な地域の限定商品です。
一つひとつに生産者のラベルが張ってあり、その生産者のみかんのみを絞っているそう。

味の濃度が違いました。
酸味も甘みも皮のちょっとある苦味も、そのまんまギューっと詰まっています。
濃すぎてごくごく飲めないほどのみかん濃度は、「さすが愛媛!」です。
みかん的ライバル県、和歌山の皆様も是非頑張ってください。



ちなみにこちら、ブルータスのお取り寄せジュース部門1位に選ばれたそうで。
やっぱり全国誌の調査力はすごいなぁ〜。。。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)各地の逸品 

2007年01月23日

新酒の季節がやっとやってきました!

酒入りワイングラス

風情もなにもあったもんじゃないですが、「ワイングラスで日本酒」の図です。
ここに並ぶ5つのグラスの中身は、全て日本酒。
そこまでして日本酒が飲みたいか!?と言われそうですが、フレンチのお店にまで日本酒を多数持ち込んで「フレンチと日本酒の勝手にマリアージュ企画」をしてしまいました。
だって今は一年に一度の「しぼりたて」のお酒が飲める、特別な期間ですよ!
今月から少なくともあと2ヶ月は、できたてのお酒をエニイタイム・エニイウェア飲みたいじゃないですかっ!!


ということで、「月刊はかた2月号」の特集は「できたての味を知る・九州の新酒特集(仮)」です。
先日も「今日しぼったばかりのお酒」というのをいただきましたが、もう、この世の極楽かと思うような味わいでした。
甘み、酸味、瑞々しさ、シュワっとした舌触り…極上のフルーツをいただいた時のような、体に元気を与えてくれる味です。

もちろん、お酒がいい感じに丸みと柔らかみを帯びたあとの、熟成した状態のものが好きな方も多いと思いますが、この時期のこの味わいは今しか飲めません。
今だけ、ワインも焼酎も横に置いて、ぜひとも火入れ前の生の日本酒を味わってみてください。


で、またまた超お得情報を!

「月刊はかた2月号」ではなんと、九州を代表する蔵の皆様から、素晴らしいお酒の数々を読者の皆様にた〜〜っぷりいただきました!
大プレゼント企画です。
「普段日本酒飲まないんだけど」という方から、「あの銘柄飲んでみたかったんだよね」という憧れのお酒がある方まで、かなりの確率でアタル目玉企画です。



お年玉年賀状に外れた方、今年の運試しをもう一度気を取り直してやってみましょう。
月刊はかたは380円。
380円であのお酒があたったら結構いいリターンじゃないですか(←コメント生々しい?)
お近くに月刊はかたが売ってないという方は送料76円で送付いたしまーす。
どしどしご応募ください!


2月号は2月1日発売です!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)新刊出版情報 

2007年01月22日

超お得モニターツアーこっそり発表!

19eecb0d.jpg毎年ひっそりと行われている月刊はかたのモニターツアーをご存知でしょうか?

ひっそりと行われてはいるのですが、隠れた大人気商品でして、リピーターも続出のこのツアー。
やっと、やっと、2007年版モニターツアーの募集を来月号で致します!


このツアーの特徴は、とにかく今までの「ツアー」と呼ばれるものとは何もかも全く違う点。
たとえば、多くのツアーでは、大型土産店とかに必ずよりますよね?
あれは寄ることでお店から旅行会社に謝礼が渡るからなんですね。(市内観光や土産物店への立ち寄りを拒否すると逆に料金を請求されることもあります)
もちろん、だからこそ格安で旅行をすることができるのですが…せっかく大切な時間を使って行くのですから、無駄な時間はもったいなくないですか?
タイムイズマネーです。

月刊はかたモニターツアーでは行きたくない大型土産物店には立ち寄りません。


また、集合時間に追われ、いつも時計ばかりを気にしなくてはいけない…そんな旅行、もうやめましょう。
せっかくリラックスしに、非日常を楽しみに行くのですから、心行くまで大自然と地球と生き物に体も心も委ねてみませんか?


誰の足跡も付いていない雪山で、動物の足跡を探しに行く時間はいかがでしょうか?


スノーシューを履いて、ゆっくりと雪山ハイキングを楽しみます。
森の中は不思議がいっぱい詰まってますよ。
もちろん、ご年配の方や体力に自信のない方も大丈夫です。
お一人で参加される方も多いので(少人数で動くのでみんなすぐ仲良しになります)、お気軽にご参加ください。


流氷やゴマアザラシももちろん見に行きますよーー!



雪上でごはん←あとはこんな風に雪の上でご飯を食べたりとか、普段とはちょっと違う楽しみがいろいろ詰まっているんです。
雪の上で馬に乗ってみたりもします(するときとしないときがあります)。
誰もいない山でスキーを楽しむこともできます。
おいしいカニや海鮮も待ってます。

うわ〜〜〜行きたくなってきた!
でしょ?でしょでしょ??

気になる料金を発表します。





なんと、





現地プログラム費全て、無料です!!!!!!



いや、ほんとです。
これ、ほんとの話です。
通常で言えば、4〜5万円くらいする現地プログラム費用が、道具も全部貸し出ししてくれて、無料です!!

これが、月刊はかたモニターツアーの底力です!!


よって、必要となる旅行代金は福岡からオホーツクまでの往復航空代金と現地宿泊費、食費のみ。
これについてもANAのホテルパックをご用意していますので、格安でご案内できます。(地域によって料金が代わりますのでお問合せください)

ひや〜すごいでしょ〜〜。
旅行好きのご家族やお友達にもご紹介ください。
旅慣れしている方ほど、いつもと違う旅に感動してくださいます。

日程は。卸遑横影(水)〜23(金)の3日間と、2月23日(金)〜25日(日)の2パターンあります。


ご興味ある方には詳細をお送りしますので、下記アドレスまでメールかお電話くださいね。
2月号が出る前に、このブログ読者の皆様だけに先行予約販売しちゃいます

*******************

月刊はかた編集室:モニターツアー担当・ウエダ
☎092−761−6606

ueda●a-r-t.co.jp(●のところを@に変えてメールしてください)

********************





最後にこのツアーの最大の魅力をこっそりお伝えしましょう。

それは、なんと、福岡からの同行ガイドが…



私です…キラーン



おお〜どうですか、お客さん!
一芸披露しますよ!
見事な食べっぷりも披露しますよ!
他に類を見ないヘタレっぷりも披露しますよ!!
(前回モニターツアーで70代の参加者の方に追い抜かれていきました…ハイキング)。



「ウエダと一緒は魅力どころか、迷惑です!」という方もご安心ください。
どちらかの日程にしか参加しませんので…ウエダ同行日程にあたるかあたらないかは、あなたの運次第です。(当たったら運悪い!とか言わないでください…)

PermalinkComments(0)TrackBack(0)取材裏話 

2007年01月19日

博多座の逸品。

12e1ada1.jpgこちら、福岡では博多座でしか買えないおせんべいです。
歌舞伎座とか博多座とかいう、全国の「座」でしか買えないらしいプレミアムおせんべいです。
金ぴかのバブリーな箱も、浮世絵風デザインも「座」っぽくて素敵でしょ?
お味は意外にシンプルでおいしかったです。


で、なぜ「座」限定おせんべいを買えたかというと、もちろん、「座」に行ったからです!


昨日、スタッフのめぐっぺと一緒に「マリーアントワネット」を観てきました。
ミュージカル大好き人間の私はもう、大満足。
暴徒に囲まれようと、ギロチン目前だろうと、とにかくいつでもどこでも歌っちゃうのですが、ミュージカルファンの私にとっては、どんな状況下で歌われても感動します。
ほんとに素晴らしかったです。内容も歌も。



しかし私にはトラウマが。
以前、同僚の男性スタッフとライオンキングを観に行ったとき、シンバのお父さんが死んでポロポロ涙していた私の隣で、


「すげー。キリンが歌ってる〜わはは♪」


と笑われたことがあります。
これがトラウマです。
ミュージカル否定派と行くと、感動しているこっちがバカみたいに見えてしまうという悲惨なトラウマです。
ライオンも怪人もネコもアントワネットも歌うんですけど…と訴えてみても、否定派の心には届きません。



ですので今回初ミュージカル体験だっためぐっぺの反応が、私は実は怖かったのです。
また隣で、「ギロチン前に歌ってますよ〜きゃはは」とか言われたら、どうやって私の涙を処理しようかと。






…心配無用でした。

めぐっぺは私以上に感受性の豊かな人でした。
開始10分後から号泣スタート。

…それは終了5分前まで続きました。

合計号泣タイム、三時間半。


すごい。超えられた感があります。

しかも、舞台への想いはこれだけではありませんでした。



優雅な階段「一度、涼風真世さんみたいに私も階段を優雅に下りてみたいです!!」


という、小学生のような夢を胸に、私を置いてけぼりにして一目散に博多座の円形階段を駆け上っていきました。
ご想像通り、左上の駆け上る姿が彼女です。

下りは優雅に、微笑みながら、手すりに手を添えて下りてきました。

彼女にこんなにも博多座&ミュージカルを気に入ってもらえて、なんだか私も嬉しいです。
同志が増えた気分…と言いたかったのですが、もはや同志を超えてるかもしれません。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2007年01月18日

ノベルティのあり方について。

ここ数日、ブログの写真の画質が格段に良くなっていることに気付いたレアな皆様はいらっしゃいますか?

携帯を変えました。

十年弱使っていた会社から、MNPによりとうとう別会社に移りました。
意外に手続きも簡単で、あっけなく十年溜め続けたポイントともさようなら。

ただ、メアド変更一括お知らせメールが、一部の人(しかも特に近しい人)になぜか届いてないことが判明してますので、この場を借りて変更をお伝えします。
前のメアドと@より前部分は一緒です。
@より後をezweb.ne.jpに変更してくださーい。
個人的連絡ですみません。




それにしても、「変更ありがとうプレゼント」の山には驚きました。
メモ帳、シール、着うた、ウェットティッシュ、ホッカイロ、カレンダー…考え付く限りのノベルティをいただきました。
環境問題に取り組む私としては、資源の有効活用を大いに提唱したいです。

特に、不要論を強く訴えたいのはこれ


もこみっち


これは…いりません。一生。絶対。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月17日

「福岡 とってもおいしいケーキ屋さん」発刊です!!

b9b8db45.jpg全国の「おいケ」ファンの方、お待たせしました!!

あ、「おいケ」とはもちろん「おいしいケーキ屋さん」のことですよ。

地方出版市場空前のベストセラーとなった「福岡のおいしいケーキ屋さん」発刊から早2年。
本日、「福岡 とってもおいしいケーキ屋さん」が発刊されました〜〜



前回の発刊後に受けた新聞取材で、「全部で300くらいはケーキ食べましたね〜」と発言したら、それを見た多くの方々から「すぐに人間ドックに行け」と有難い忠告を受けました。

そんな出来事が走馬灯のように思い浮かびます…。

なぜ走馬灯が現れたかというと、今回はほんとに病院に運ばれる事態となったからです。

なんやかんやと忙しく、一日ケーキを4〜5個も食べながら血中糖度をせっせと高めていたら、「胃のなんたらかんたら」(←病名忘れました)になって、一日病院に詰め込まれました。

皆さんの忠告を受けて人間ドックに行っておけばよかった…って、反省しても終われば苦労も忘れるんですよ。にゃはっ



今回も体張った本に仕上がっています。(←ケーキ本とは思えない感想)
中の誌面をちらりご紹介
※間違えて縦位置のままアップしてしまったので、首を90度曲げてご覧下さい。

なかみこの見開きで、1店です。
1店を2Pまるまる使ってご紹介しているのです。
ケーキの細部まで眺めることができますよ〜〜。
ケーキ作りがご趣味の方は、プロの構成するケーキをマネしてみながら、ご自宅で作ってみるというのも面白いかも。
もちろん、私のように食べるの大好きな方は、一店ずつ掲載店を訪れて「マイ☆ミシュラン」を作ってみてはいかがでしょう?


それぞれにいろんな楽しみ方をしてみてください。
九州の主要書店で、今日から販売しています!!


PermalinkComments(1)TrackBack(0)新刊出版情報