2006年04月

2006年04月28日

さよなら、原稿たち!!!





喜びを絵暗号風にしてみました。
携帯で見てくださっている人、全くわからずごめんなさい。


解読分:
雨の日も嵐の日も雪の日も、朝も夜も、落ち込んだり汗かいたり頑張った、原稿が〜〜…やっと、やっとやっと、あがりました!終わりました!ハッピー!やったー!ラッキー!嬉しい!!



…という、気持ちです。


終わりました!
たったいま、今そこで、印刷会社さんに原稿を渡しましたぁぁぁ


さよ〜〜なら〜〜〜原稿ちゃん〜〜♪♪
さよならっさよならっさよならっ!



予約の受注状況は私の元には全くわからないのですが、おそらくバンバン入っていることと思います。
GW明けが楽しみです!
ちなみに次の本ももう決まっているのでGW明けからは、次の本の取材裏話も書いていきますね。


編集部はなんと明日から9連休です。うきうき。
皆さんも良い黄金週間をお過ごし下さい!


今日は暴れるよ〜〜〜〜うわあぁぁぃい



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月27日

あと一日!

ラストランで息切れまくりのウエダです。
いよいよ明日が最終入稿。
今日は本誌スタッフも最後に校正手伝ってくれたりして、もうみなさんに多謝です。


明日になればもう私の手を離れるのか〜、と思うとなんだか寂しい気もするのですが、こんなこと寂しがっていたら私の机からは一生原稿の山が消えないので、辛いけど、悲しいけど、寂しいけど、心を鬼にして手放します。…イヤッホ〜〜イ バイバイキーン



次に帰ってくるときは美しく、かわいくなって戻ってきてね〜〜








PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月26日

五月病を治す優しいお菓子。

22b267c4.jpg昨日の入稿を終え、ちょっと「九州の逸品」からタマシイが離れつつある今日この頃。
先日編集部に「みちのく夢ぷらざ」の方が持ってきてくださった「東北の逸品」に心奪われてみました。


写真の「なまはげもろこし」と「アイスコーヒー」です。
皆さん、「もろこし」ってご存知ですか?
秋田県観光課の方は「これが郷土菓子だということにすら気付きませんでした。日本全国にあると思ってました!」と言われてました。
さながら、九州人にとっての「愛のスコール」、関西人にとっての「サンガリア」のようなものかと思われます。
(ちなみにサンガリアのCM「イチ、ニー、サンガリア〜♪」のフレーズから「1コ、2コ、サンコーン!」が生まれたのではないか…とサンコンさんパクリ説を密かに唱えている私です あれ?このCMって関西限定??)


なぜか東北からアフリカにまで話が飛びましたが、この「もろこし」、私はもちろん初体験でした。
ですが、初体験にも関わらずとっても懐かしい味がしました。
日本人のDNAに訴える味。
おばあちゃんちの味。やさし〜い、素朴な、温かいお菓子でした。
5月病に悩まされそうな、ストレスの溜まりまくった企業戦士のみなさんにおすすめです。


もうひとつのアイスコーヒーはなんと、「世界遺産・白神山地の水」を使ったコーヒー。
わ〜〜神々しい
これまた苦味も薄くて、ブラックでとてもおいしくいただけました。
どちらも「みちのく夢ぷらざ」で購入できるそうです。
遠い東北の味を楽しんでみてくださいませ。


ちなみに写真のバックに写っているのは一昨日のブログで紹介した新人Hさんです。
なんと、あの日の予言どおり…彼は今日ダウンしてしまいました〜〜
予言してしまったことに非常に罪悪感を感じます…あ、ストレスで5月病になったんなら、もろこし置いといてあげよ〜〜優しい味に癒されて治してね〜〜。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2006年04月25日

福岡で一番おいしいシュークリーム&プーアール茶

bd357bb8.jpg入稿終了!!

本を作る工程では実に様々な「締切日」がありますが、本日は最後から2番目の締切日です。
今週末のラストの締切を終えて、やっと「終わった〜〜〜」と涙を流しながら浴びるほどお酒を飲めるわけですが、今日は今日でそれなりにホッと一息し、ビール程度で乾杯してもいいくらいの「達成感」がある日です。

ってことで、とりあえず一人、机でひっそり「福岡で一番おいしいシュークリーム」で祝ってみました。
(取材に行っていた編集長が買ってきてくれたものなのですが)。
福岡の方には教えちゃいましょう。
大濠公園の「エトワールドール」の「窯だし大濠シュー」です。
久々に頂きましたが、やっぱり私の中では福岡シューランキング暫定一位キープです。
サクサクの皮といい、濃厚たっぷりのカスタードといい、んもー幸せ
焼きたて&詰めたては更においしさアップなので、福岡の方はぜひお店で詰めたてを買って、そのまま大濠公園でパクついてみたりしてください。


バックに、編集部定番おやつの「チロリアン」とかアポロマグとかも写ってしまってますが、今日はこのマグの中身についてもご紹介しましょう。
福岡で一番おいしいシュークリームと一緒に飲んでいるのは、福岡で…いや、もしかしたら日本で一番おいしいかもしれない、プーアール茶です。


シュークリームを食べるときも、
チロリアンを食べるときも、
キジ弁当を食べるときも、
ジャンクフードを食べるときも、

最近の編集部ではいつもこのプーアール茶をみんなで飲んでいます。
普通のプーアールって苦味や癖があって、あんまり常飲はしにくいものが多いですよね?
しかし、こちらのプーアールは本当にすっきりとしていて、変な癖もなくおいしいんですよ。
おやつにもランチにも、何にでも合うし。
「九州の逸品 100選」でもご紹介しています。
お手持ちに本をお持ちの方は31ページをご覧下さい。

ぷうあるちゃこれが、そのプーアール茶です。
なかなかかわいいでしょ〜〜。
実は、このパッケージデザインも我が編集部がしてたりします。


編集部は本や雑誌を作るだけではなく、こういったパッケージデザインや会社案内、記念誌なども作っているんですよ。
あの有名店のメニューや、あのレストランのシールや包装、あの企業の名刺デザインなんかも実はうちの編集部がしてたりします。
東京のあの名店!!のものまで、なぜか福岡のわれらがスーパーデザイナーが作ってたりします。

ステキなメニューや社内誌や記念誌などを作りたい皆様。
是非一度、我が編集部にご相談くださいませ〜〜。



入稿終わってちょっと一息ついちゃったりしちゃったので、新しく次の仕事のことを考えてみたりしました。
う〜〜ん、仕事好きだなぁ〜、私

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2006年04月24日

西中洲の名店弁当。

入稿直前でしっかり栄養を取りたい本日のランチは、またも西中洲「藤よし」さんのキジ弁当でした。
これはほんとにおいしいわ〜〜
校正疲れもすっきり取れます。


ってことを、SOHOのデザイナーにメールで自慢していたら、
「で、今日は誰が買いに行かされたの?」と胸を突く返信が届きました。
そそ、そんなっ!人聞きの悪い
人を悪魔かパシラセ番長かみたいに言わないで下さい。
自分のランチのために誰かをパシらせるなんて、そんな非道なこと。
おいしいお弁当食べたいからってコンビニじゃなくてわざわざ中洲まで行かせるなんて、そんな極道なこと。


この私が、できるわけ、…あるじゃないですか。


いや、違う。違います。
パシラせるとか、拷問加えるとか、そんなスケ番刑事みたいなことしませんってば。(たとえが古い)
私とS嬢で、「ランチ何にする〜?おいしいもの食べたいよね〜キジかな〜」と話していたら、その視線の真ん中にちょうど、春入社の新人スタッフHがいたのですよ。
で、気が利く彼は「じゃあ、僕もそれにするので…買ってきます」と。
あくまで、自発的に
もちろん、笑顔で
快く、春の風吹く天神の町を飛び出してくれたわけです。
ね、全然極悪非道じゃないでしょ?
なんて気の利く、さわやかな新人君でしょう


…とかいって、来月、彼が「弁当パシリで五月病になりまして…」とか言って来なくなったらどうしよう…


うちの編集部は、お弁当パシリ率の高い人が編集長への階段を登るのです!
(いや、たまたま今の編集長がパシリ率高いのか?)
出世街道、弁当ロードを目指して、頑張って下さいね〜Hさん(←既に反省の色なし)



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2006年04月21日

大自然の味。

ff280f61.jpg今夏公開、実写版「ハイジ」のPRツールが映画会社さんから送られてきました。
(写真は切り抜き&組み立ててハイジの山を再現したところです)

あんなに無邪気にペーターやクララと遊んでいたハイジは、今、日本では生命保険の相談をおじいさんとしていたりします。
あのCMを見るたびに、ハイジが現実社会の厳しさを知ってしまったことに切なくなります。
ずっとおじいさんやユキちゃんと山で白パン食べていてほしかったのに。
老後や入院時にかかる費用のことなんて、ハイジには無関係でいてほしかったのにー。


そんなハイジ@ジャパンに裏切られた感のある我々にむけて、実写版がイギリスで作られたようです。アニメが素晴らしかったので、実写でがっかりするのは嫌だったのですが、生命保険にアタマを悩まさないハイジに久々に会いたいので観にいきそうな気もします。
どうせガメラファンが二人も生息する編集部では、試写状余裕で私に回ってくるでしょうし。



で、校正で忙しい最中、この大自然を組み立てていたわけですが(息抜きです、息抜きですよ〜、息抜きですってば)、組み立てた後に校正紙を見ていたらある逸品が妙に目に付きました。
こちら
トマジューハイジといえば、アルプス。
アルプスといえば、大自然。
で、これ。大自然の恵みた〜〜っぷりのめちゃめちゃセレブなジュースなんです。
背景の壁紙が既にゴージャスな雰囲気を醸しだしているでしょ。
東京の人でもおそらく知っているであろう、福岡のめちゃセレブフレンチ店で撮った写真です。

…実はこのジュース、北海道産なんです。
でも、今回「九州の逸品」として紹介しちゃっているんです〜〜
なぜでしょう?
不思議でしょ?
気になるでしょ??


気になった方はこちら
答えが、書かれていますよ〜〜。(誘導成功?)

PermalinkComments(0)TrackBack(0)九州の逸品2 

2006年04月20日

チロ〜リア〜ン♪

522f91e7.jpg本日は朝いきなり全社サーバーダウンしてしまい、おおわらわでした。
ルーターの故障が原因だったのですが、あまりの不便さに、自分たちが文明に慣れきっていることをまざまざと感じさせられました。
校正や原稿の修正も、東京スタッフとのやり取りも、デザイナーとの打ち合わせも、
ランチメニュー決めも、最新芸能ニュースチェックも、全てPCを使っているので全く仕事になりません。
加えて、弊社ではプリンターもLANでつないでいるので、プリントアウトすらできず、全く虚しい時間を過ごしました。


きっと20年くらい前だったら、PCなんてなくても全く問題なく生活できたでしょうに。
一度文明を知ると、二度と知らなかった時代には戻れませんね。


で、早く直んないかな〜お腹すいたな〜と、いつもの如く面倒な作業を皆に任せてお菓子を食べていたら、ふとそのお菓子のパッケージが目に付きました。



掲載用に頂いたそのお菓子とは、福岡の老舗「千鳥屋」さんの銘菓「チロリアン」。
私の「20年前ならPCなんていらなかったよね」というアタマの声にタイムリーに反応するかのように、そのパッケージには「20周年!」と書いてありました。



「ふむふむ…20年前に生まれたのか〜ロングセラーだなぁ」と思っていたら違いました。
なんと、チロリアンは40年も前に生まれているんですって!びっくり
20年前に、本場チロルから「チロル菓子」と認められたのだそうです。
その記念の「20周年」。
すごいな〜〜スーパーロングセラーの国際派故郷土産ですよね。


写真の車型のパッケージもめちゃんこかわいいでしょ
レトロでポップです。
殺伐とした社内を潤すため、できればこの箱を会社の経理ボックスとかにしたかったのですが、残念ながら本日千鳥屋さんに返却いたしました。


GWに福岡に来られる皆さん、福岡&チロル菓子「チロリアン」車タイプ、お土産におすすめですよ〜。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2006年04月19日

福岡の空の下で。

c473fd06.JPG快晴の福岡の青空に、もくもくとたち上る黒煙。
朝っぱらからすごい火事現場を目撃してしまいました。
野次馬根性まるだしでベスポジから撮影です。
時折、炎もあがりバックドラフトさながらの迫力映像です。
位置的に見て、おそらくコンビナートとか船の積荷とかが燃え上がっているのではないでしょうか?
…事件の香り
ジャック・バウアー、出番です。





一転して、こちらは非常にほのぼのとした福岡の空を撮ってみました。
ひなたぼっこの〜んび〜りポカポカ〜〜
澄み渡る太陽の光を燦燦と浴びて、編集長とYがピクニック気分でランチしてました。
窓全開で、太陽の下でお弁当を広げています。

目をつぶれば…
まるで高原のテラスで、風と小鳥に包まれてランチをしているかのよう


しかし目を開けているので、間違いなくここは天神4丁目で、風は排気ガスに汚染され、聞こえてくるのはトラックのクラクションです。



それでも彼らは、ほのぼのランチを楽しんでいました。
ここが高原リゾートのテラスだと思い込んで、お弁当を広げていました。

思い込みって大切だと思います。
忙しくて外にランチに出ることができないときだからこそ、このくらいの心の余裕を持ってひたすら幻想を念じてみるべきです。
せめてランチタイムくらいは。


私も社内サンダルをビーチサンダルとかに変えたら、気分だけでも現実逃避できるかな〜〜?

PermalinkComments(3)TrackBack(0)編集部の日常 

2006年04月18日

とうとう今日から、予約始めます!!


お待たせしました!!

本日より、とうとう「逸品対決!」本の先行予約の受付を開始致します〜


今回の子は(も?)、難産でした。
というか、逸品をチョイスすることも原稿を書くことも、どれも別に苦しまなかったんですよ。
むしろ、逸品チョイスは本当に載せたい素晴らしいものばかりだったので、絞るのが大変だったくらいで、選ぶのはも〜ノープロブレム。

では何が難産だったかというと、企画を進めるたびにどんどん欲深くなってしまい、「対決項目はもっと直接的じゃない面白いものにしよう」とか、「専用サイトではこんなこともできるようにしちゃおう」とか、どんどん改善を進めすぎたことにあります。
どこかで妥協しなきゃ…と思いつつ、全くできなかった私たち。
おかげで、予定より1ヶ月ほど発行がオーバーしてしまいましたが、素晴らしい子が生まれそうです
今回もまた、臨月を迎え、達成感と大満足の妊娠期間(=制作期間)を振り返っております。

ってことで、わが子の顔を初公開しちゃいましょう。
こちらです!!

ぱんぱかぱ〜〜ん♪どうですか、お客さん!!
かあぃい顔してるでしょ〜〜〜〜(←親ばか?)
今回の本はA4タイプ。ババン、とビッグタイプです。

こんなに大きくて、情報量満載にも関わらず、なんとお値段お手頃1575円です!
絶対損はさせません。
面白くて、お役立ちの、一家に一冊常備本!

しかも今だけ送料・代引き手数料で発売と同時にお届けいたします。
さあ、こちらから、予約受付致しますよ〜


PermalinkComments(2)TrackBack(0)九州の逸品2 

2006年04月17日

締切までカウントダウン中。

45eaf4a4.jpgふぎゃあぁぁあ〜〜〜

一体どうしたらいいのかわかりません。
カラダが1つしかなくて、
一日が24時間しかなくて、
原稿が50本もあって、
校正が128ページもある、というこの計算が合わない数式に困っています。

1:24≠50:128

非常に「数学ができない人」的な数字の合わせ方ですが、スルーしてください。
とりあえず困っているのです。
とりあえずテンパっているのです。
とりあえず頑張っているのです。

ってことで、適当におやつをアップしただけのブログで終わります。




…適当だけど、ちゃんとアップしてるだけえらいでしょーっ。
見習え、東京チーム!!



あ、そうだ。明日にはちょっと嬉しいお知らせメールもアップしますね。


ちなみに写真のおやつはピロシキです。
ランチじゃなくて「おやつ」にピロシキかよっという、ツッコミも聞こえてきますが、私たちのカロリー計算についてはほっといてください。
おいしいんです、このピロシキ。
ランチにパスタ食べててもおやつで食べれるほど、おいしいんです。
これは、創業1960年、という福岡の草分け的存在のロシア料理店「ツンドラ」さんのもの。
非常に温かみのある名店です。
意外に知られていませんが、ピロシキはテイクアウトもできますので、福岡にお住まいの皆さんはぜひお試しくださいませ〜〜

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常