2005年10月

2005年10月31日

ハッピーハロウィーン♪

10ec103e.jpgきゃあぁぁ〜きゃわゆい
おうちの、テディに、ハロウィンお面付けちゃいましたぁ。
くまちゃんとぉ、カボチャちゃんのぉ、夢の共演ですぅ〜
はっぴ〜はろうぃんですぅ



…鍋について書かせたら今、右に出る者はいないのではないか、と文章力を自負している私ですが、なぜ「かわいらしさ」を表現する文章は書けないのでしょう。
上記のアホ文章が私のできうる限り、限界の「かわいこちゃん風原稿」です。
能力のなさを痛感します。
いや、違う。能力じゃなくて素質がないのか?
かわいこちゃん原稿はかわいこちゃんにしか書けないのでしょうか?
それじゃあプロじゃないよなぁ。。。


先日、プロを見ました。
ご報告が遅れましたが、トコさんのサイン会会場でです。
29日の土曜日、キャナルシティにて無事トコさんのサイン会が終了いたしました。
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

で、サイン会前に「アサデス。」(九州・山口限定の朝の情報番組です)の撮影があったのですよ。トコさんと、レポーターの方二人で本のご紹介をきゃいきゃいと楽しくしてくださいました。
その風景を隠し撮りしたのがこの写真です。(クリックすると大きくなります)
sainn
この写真ではカメラが本に向いてますが、その前の二人のトークの時にはカメラがお二人に超接近しておりました。
そのときのカメラと顔の間、わずか20センチです!!
アップってほんとにアップなんですね〜〜〜。
お二人は美人組だったので、なんの抵抗もなく20センチカメラに話しかけてましたが、普通あの距離の撮影に耐えられる女子はいないですよ!!
ハロー毛穴ってくらいの至近距離です。
さっすがプロ。
プロたるものこうであるべきですね。
毛穴も産毛もさらしてこそ、プロ。プロフェッショナルの鏡です。


放映は明後日2日(水曜)だそうです。
もしご覧になる方いらっしゃったら、お二人の至近距離トークを楽しみにしてみてください。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月28日

怪奇現象勃発。

姉さん、事件です。
弊社編集部内において、怪奇現象がおきてしまいました。

場所:わが社給湯室
時間:12時半
事象:急須暴発



お弁当組のスタッフたちがお昼ごはんを食べようとしたとき、事件は起きました。
若手だし…と気を利かせたスタッフYが(頻出人物ですね)、5人分のお茶を入れてくれようとしたそうです。私はその場にいませんでした。後ほど、次々にスタッフたちが証言をしてくれました。

スタッフS「ウエダさん、急須が、急須が、す、すごいことになってます!!ブクブクブク…(泡ふく音)」

編集長「なんだこのお茶!!濃縮還元茶か!?これまでに見たことがない色!!」

スタッフA「超高濃度カテキン茶がわが社から生まれたんじゃないですか!?とても生じゃ飲めないけど」

スタッフM「早く写真に撮ってください!ピューリッツァー賞ものの衝撃映像です!」


…と興奮する彼らを横目に目にしたものは、急須からこぼれんばかりにあふれ出した茶葉でした。宇宙戦争の映像かと思いました。急須から、オチャッパが、あふれてるんですよ。その急須で、お茶が、入れられてるんですよ。


証拠画像
お茶


これ、あんまりインパクトないですね。
私たちが実際目にした画像はディープインパクトでした。
まさに、「チャというものの存在を知らない民族が、初めてチャとキュウスを目にし、入れてみた」といったような光景が広がっておりました。


しょうがないですよね。ええ、ええ、しょうがないです。
なんせお茶を入れてくれたY君はアメリカ帰りの帰国子女なので。
日本茶の入れ方なんて知らなかったのでしょう、そうでしょう。
茶葉はふやけたら量がかさむことを知らなかったのでしょう、そうでしょう。
無理もありません。
だってしつこいですがアメリカ帰りですから。日本茶文化で育ってませんから。
緑茶なのに珈琲みたいな液体が入ってました
コーヒーとかコーラとかを「主要飲料」として育ってきたから仕方ありませんね。
許してあげましょう。


…ま、Y君、実は18歳までは普通に日本で育ってますけどね。。。
あはははは。…はぁ




*****************

トコさんサイン会:明日 キャナルシティ福家書店 15時から!!!
みなさん奮ってお越しください〜〜い!!!


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2005年10月27日

鍋鍋鍋。

福岡も、日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなってきております。
寒くなったら恋しくなるのは、やはり鍋ですよね。
私も恋しくなりました。
なりすぎました。
なりすぎて鍋の霊にとりつかれました。
ただいま、連続鍋記録を更新中です。


きりたんぽスタートは先週土曜日のきりたんぽ鍋から。
10月号の小特集で東北への旅路をご紹介したのですが、その取材旅行をスタッフSに譲ってしまいました。そのため、きりたんぽを食べ損ねたので誌面を見るたびに「東北いいね〜きりたんぽ食べたいね〜」と恨めしく思っていました。恨みを晴らすべく、我が家できりたんぽ鍋実践。あとは明治通りにある「みちのく夢プラザ」へ行って青森りんごソフトとかを食せば、東北への憧憬熱も少しは収まることでしょう。



日曜日はモツ鍋の「もつ壙」さんへ。こちらは黒ごま麺で有名なお店です。東京にも確か支店がありましたので、東京の皆さんも是非博多の味をお楽しみください。
ちなみに福岡(薬院)のお店は芸能人がよく訪れることでも有名。この日は我々の隣のテーブルで、新人アーティスト(女性二人組)に芸能関係者っぽいおじさま3人が「芸能界の心得」をトクトクと話していました。面白かったので耳ダンボで聞いてたら、写真撮るのを忘れました。『芸能界で生き残るにはジャズやサンバもできなくてはいけない!』のだそうです。…サンバって。
鼻ピアスとへそピアスをあけた二人組が神妙に聞いてました。



水炊き月曜日は博多名物水炊きです。九州以外の方に「博多の鍋と言えば?」と聞かれたら「モツ鍋!」と言う人が多いでしょうが、博多の人に同じ質問をすると八割の人が「水炊き」と答えます。コラーゲンとヒアルロン酸がたっぷり入っている、博多っ子の郷土心あふれる鍋です。美容にもいい。じゃあもちろん「美容日記」担当編集者は食べておかないとね  中洲の「華味鳥」さんです。




火曜日。鍋行脚一時中断。取材先で猛烈咳おじさまに遭遇。風邪再発の予感。





すっぽん水曜日(昨日)。風邪をひいたら、やっぱりすっぽん!
ということで久しぶりにすっぽんをいただきに西中洲の「前田」さんへいきました。こちらのシメの雑炊とお漬物は、私が人生で食べた全てのものの中でもベストスリーに入る、超絶セットです。お腹いっぱいで胃が「申し訳ないが、もうこれ以上は無理だ」と言っていたにも関わらず、舌が止まってくれませんでした。おかげで腹18分目。「食べ過ぎて死亡」という人類始まって以来の悲劇ニュースが新聞に掲載されることにならないよう、どうにか生きて家路につきました。次の日やっぱり風邪は治ってました。風邪をひいたらルル…じゃなくてスッポンです。絶対。


以上、5日間で4鍋です。
ちなみに明日、新人スタッフKの歓迎会をするのですが、これも水炊き屋さんですることが決まっております…6日間で5鍋。
こうなると、火曜の一時中断が悔しく思えてきます。どうせなら全食鍋ウィーク完結させればよかった。
…私は何を目指し、どこへ行こうとしているのでしょうか。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月26日

一年前の今頃。

64d758bf.JPG昨年のこの時期のことを思い返すと、記憶に蘇るのは「福岡のおいしいケーキ屋さん」(2004年10月15日発行)の思い出ばかりです。
毎日毎日撮影用のケーキをどっさり頂き、編集部内に配るも追いつかず、昼・夜抜きでケーキ三昧の日々でした。
取材に行くと、お店さんはご好意で「これも食べて行きな」と3つ4つ勧めてくださるのですが、一日に取材する店は平均3〜4件。「出されたものは残さない」という有難い親の躾を守る私は、取材前には「糖分をシャットアウトする」漢方を必ず服用しておりました。


こうして食べた数は、おそらく少なく見積もっても、1冊できあがるまでに300個以上になると思います。発行後によく「もう、ケーキ見るのもいやでしょ?」と聞かれましたが、締切当日に「入稿祝い〜〜」とケーキを買って帰ってたくらいなので、全くケーキ恐怖症にはなりませんでした。恐らくDNAに組み込まれているであろう生まれついての食いしん坊性質、親に感謝します。


ちなみにこの本の取材で改めて感じたのは、「どこのケーキ屋さんがおいしい」ではなくて、「どこの何というケーキがおいしい!」という感想が一番正しいということ。それぞれのケーキ屋さんがこれぞ!!という素晴らしい作品を持っているのですよ。


そのうちの一つを一年ぶりに本日頂きました。
今日取材先から戻ってくると机の上に、イニミニマニモ地下二階のボッテガオットー様から、「秋の新製品ができました」と焼き菓子セットが送られてきていたのです
取材疲れと運転疲れが一気に吹き飛びました。
ぎゃーっこれこれこれこーーれーーーー


マイ、ラヴです。ラーヴーです。
このお店、福岡の方なら「あ〜、あのオットーグループね」と誰もが知ってるグループ店のひとつですが、ここのフィナンシェのおいしさを知ってる人は少ないでしょう。
生菓子ももちろんおいしいですが、フィナンシェは本当に、ハンパなくおいしいです。
あ、「ハンパなく」なんてはしたない表現使ってしまいました。ま、そんな分別を忘れるくらいおいしいってことです。
外側サクサク中ジュワ〜〜〜バターの風味フワ〜〜私トロ〜〜
できれば店頭でできたてを食べて頂きたいですが、お家でもちょっと温めてくれればノープロブレムです。


一年ぶりにとても嬉しいプレゼントでした。
なんだか少しだけ一日ケーキ5個とかの日々が、懐かしくなっちゃいました。
ボッテガオットーさん、ありがとうございました!


PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月25日

430円で松茸を。

a7816b07.jpg毎月25日は何の日かご存知ですか?

はい、ニコチャンの日です。
一昨日のブログで書いたニコチャン弁当の日です。
ニコチャンが持ちうる全ての技術と力を発揮したお弁当を、楽しむことができる日です。


今日は11時半ごろ取材先にまで編集長から「ニコチャンの日だけど。いる?」とメールが入るほどの、全社をあげて気合たっぷりの臨戦態勢でした。
その結果が、写真の内容です。
430円のお弁当なのに、なんと松茸ごはんです!!
見間違いではありません。調理人さんの腕の高さを感心するほどに薄いですが、間違いなく松茸です。
日本人の松茸への畏敬の念をあざ笑うかのような価格設定ではないですか。
そして、メインは和風ステーキと一口エビカツ
極めつけのデザートはティラミス

…小学生が考える「高そうな料理」を一堂に集めたような、わかりやすい「豪華弁当」でした。
その後、お手洗いでお隣のオフィスで働いているきれいなお姉さんと話していたら、彼女もまた「今日はニコチャンでした」と言われていました。恐るべしニコチャン浸透率。


ちなみにお味は…というと、ちょっと実より名をとるために頑張りすぎちゃった?と思える節もあったので、私にはいつもの身分相応のニコチャンのほうが良いです。

ん?いつの間にか、逸品ハンターのはずが、ニコチャン評論家になりつつ…?

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月24日

サインだけじゃなく、あんなものまで手に入る!

09b1c9cc.jpg今週末はいよいよサイン会です。
今回のサイン会は、なんと一回だけの特別限定企画があります。
編集部特典の「本と小顔になれるブラシのセット」を、サイン会会場で販売致しま〜〜す!

これは本誌掲載時にも大反響のあったブラシなんですよ。
一見、フツ〜のブラシに見えますが、頭部の経路をブラシの先に付いた天然鉱石が刺激してくれ、3ヶ月で自然と小顔になれる という驚きの特許商品なんです。
私も3ヶ月前にこのブラシを頂きました。
しかし、生来のズボラちゃんな性格が災いしたのか、いつも超特急で支度をして出かけるので、洗面台に置きっぱなしできちんと試しておりませんでした。
そしてこの間、何の気なしに久しぶりに母の顔をじっと見たときに事件は起こりました。

んん?
あり?
…えぇっ??

「お母さん、最近エステかなんか行った?」と思わず聞いてしまいました。
明らかに、顔全体にハリがあるのです。目尻あたりも心なしか皺が薄い。
そしたら、「何もしてないわよ〜。あ、あれかな?ブラシ」と。
なーんと、「トコの美容日記」をしっかり熟読して、ちゃっかり使っていたことが判明。
「何?あのブラシ使っちゃ悪かったのか?普通のじゃないのか?」と父。
えぇっあなたもですかっっっ!!

と両親のちゃっかりぶりに驚きながら、よ〜く見てみると、父の顔にもハリがっ!!!!
そして心なしか、小顔に…


この、ウエダ家小顔化計画に一役買っている(娘だけ参加してないじゃん!)脅威の小顔ブラシを、サイン会会場でのみ、セット販売致します!しかも通常価格3990円のブラシなのに、本(1575円)とセットでなぜか3000円
どういう資本主義のからくりを使ったらこんな価格が実現するのか不思議です。

故郷のお母様にプレゼントしてみてください。絶対喜ばれます。年末に帰省したときには、お肌が若返ったお母様と…もしかしたらお肌ツヤツヤのお父様にも出会えるかもしれません。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

オフィス街で人気の路上販売弁当。

3104847e.jpg天神で働くOLの97%が知っているという(当社調べ)お弁当が、にこちゃん弁当です。
この存在を知らない天神OL&天神リーマンは、モグリと言っても過言じゃありません。12時を過ぎるとオフィス街のあちこちで、黄色い箱を抱えたビジネスマンに出くわします。
闘うビジネスマンへ贈られた、とびっきりの癒しスマイル。
にっこりと微笑むにこちゃん。
元気をくれる幸せの黄色い箱。
心穏やかになる時間

…のはずなのですが、にこちゃんは大人気なので、ここでもまた闘うビジネスマンは死闘を繰り広げなくてはいけないのです。にこちゃんバトルは12時のゴングとともに始まります。各オフィスから一斉に選手がにこちゃん販売車(路上で車を店舗として売られているお弁当なのです)めがけて突進します。
一瞬でもスタートを切る時間を誤ると、長蛇の列という罰ゲームが待っています。
来客対応とかしていて、もう一瞬遅れると、もうそこにはあのにこちゃんの笑顔はありません。ビジネスマンはお弁当にさえも「闘い」を挑まなくてはいけないのですね。大変な世の中です。

本日はたまたま11時50分頃に、財布を出して外に出かけそうな編集長の姿が目に入りました。10分前から臨戦態勢を取るとは、さすが!やるな!よっ編集長!と思い、当然私も財布を取り出し、どうせでかけるつもりなら、と編集長ににっこり430円を渡しました(なんと、にこちゃんは一つ430円!激安!)。
そうしたらその場にいた編集部員みんながぞろぞろと「私も」「僕も」とあっという間ににこちゃん6個の受注が完了しました。
430円×6=2580円もの小銭が一同に編集長の財布の中へ。
5分後に編集長は6つもの黄色い箱を抱えて戻ってきました。


よ〜く考えたら編集長を見事にパシらせてました。
どーもすみません。
ついでに更によ〜く聞いてみると編集長は今日はランチ持参だったそうで。
つまり、自分はにこちゃん不要だったんですよ!!
めぇっちゃパシらせてるやん…。
お弁当必要ない人にお弁当買いに行かせるなんて。
舞台が中学生日記なら、確実にいじめ行動です。
自分の極悪非道っぷりにひどく心が痛みました。
ちなみに「じゃぁ、財布持ってどこに出かけようとしてたのさ?」と聞くと、
同じビル内の自販機に缶コーヒーを買いに行こうと思ったら呼び止められた、と。

…コーヒーを買いに行こうとしていただけなのに、6つものにこちゃん弁当を抱えて帰ってくるはめになるなんて。
なんて心優しい編集長でしょう。

来週もにこちゃん係、よろしく〜


PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年10月20日

ビール工場体験記。

f81be2de.JPG風邪というヘビー級悪役にKOされっぱなしの私は、当然現在禁酒中です。
別に飲もうと思えば余裕で飲めるんですけど、薬とアルコールは併用しないほうがいいでしょうからね。やめときます。

ビール解禁日(=風邪完治日)が早くやってくることを夢みて、敢えて自分を戒めるために本日のテーマにビールを選びました。こんなに目の前にビールをぶら下げられても、ビールより薬を選ぶ私。ビールブログを書きながらも、グっと我慢して粉薬を飲む私。…さすがです。禁欲精神身に付いてます。


さて、健康だった時代に(遠い昔…)サントリーさんのビール工場に行ってきました。全国に4工場あるうち、ここ九州は熊本にある工場へお邪魔してきました。
二丈大麦を食べたり、ホップの香りを嗅いだり、なかなか面白い工場見学だったのですが、やはりメインイベントは試飲。 これに尽きます。

特に、4工場でそれぞれ作っているモルツを味比べできるのが面白かったです。
そんなに違わないでしょ〜同じモルツだし…って思うでしょ?
思いますよね。私も思ってました。
甘いです。あま〜〜いです。

この4つ、ぜんっぜん味が違うんですよ!!
ぜんっぜん。
種類もメーカーも違うんじゃないかと思うくらい。
ビールの92%は水だそうなので(これも工場見学で知った知識)、その水のおいしさ如何で味が変わるんでしょうね。
もうひとつおまけにコメントを付け加えさせていただくと、
断然、阿蘇の天然水で造った熊本工場のものがおいしかった!!
です。群を抜いてます。

これは九州在住者の贔屓目なしで、断言できます。
ほんとに関東や関西の人はかわいそうだなぁ…こんなにおいしいモルツを毎日飲んでいなかったのですね。
あぁ、かわいそう
ほんとにかわいそう
とってもかわいそう


全国ブランドの商品でさえ九州が一番おいしいんですもの。
ますます九州の逸品に自信を持ちました。
九州内の競争に打ち勝って、「おいしいもの」に選ばれた逸品は、間違いなく全国で勝負したときに「抜群においしいもの」になるはずです。
早く風邪を治して、舌と鼻が正常に機能するよう努めます。逸品ハンターの仕事に戻らねば。
胃腸だけはもうスタンバイOKなんですけどね。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月19日

サイン会致します!

e9f66b28.jpg昨日のブログに対し、
「同名選手はバティスタではなくカブレラだ!」という抗議のメールを若干1名から受けました。はい、すみません。勘で書いてます。テキトーに書いてます。
すみませんねぇ。
ブログにも「テキトーの日」と「肝心な日」があるとです。(九州の素朴さを出してみる)
昨日なんて、風邪でフラフラなので「テキトー日」なんですわ。(関西の投げやり口調を出してみる)
しかし、今日は違います。
「肝心日」です!
大切な発表を致します。


10月29日(土)15時より
キャナルシティー博多「福家書店」にて

トコさんのサイン会が決定しました〜〜〜〜
 わーパチパチ



まずは本を買う買わないは別として、生トコさんを見に来てください。
絶対、驚きます。
絶対。
保証します。
テレビで見ても「顔小さいなぁ」と思いますが、生で見ると、もうほんと、すっごいですよ。
顔の大きさ、私のこぶしくらいです。グレープフルーツ一個分くらいです。この小さなお顔にどうやったらあんなに大きな瞳が二つも入るのか不思議です。
私も当日おそらくトコさんの隣で、本の管理をしたりちょろちょろ働いていると思われますが、絶対遠近法を間違えた絵画のようになるはずです。

ツーショット写真を撮ってもよし。
美容裏話を直接聞いてもよし。
トコさんご自身の希望もあって、かなりオープン&フランクなサイン会になる予定ですので、友人、親戚、ご近所、皆さんお誘いあわせのうえ、お越し下さいねーー。





PermalinkComments(0)TrackBack(0)美容の逸品 

2005年10月18日

ホークス残念!

55d24e8e.jpg「風邪をひくなら日祝日に!ぶっ倒れるなら締切後に!」


わが社の社訓です。
ちなみに社是は「月曜に病欠なんて甘ったれるな」です。

わかります。おっしゃっている意味はよ〜くわかります。
週末遊んだツケを月曜に払うとは何事か!?っていうことですよね?
ほんとーにおっしゃるとおり。

で、この社訓通り、土曜の夜に倒れました。
日曜一日寝込んで治そうと努力しました。
でもやっぱり治らず、今日に至る…。
なかなか社是通りにはいかないものです。


珍しくほとんど喋らず、超ローテンションなので社内でも浮くかと思ったのですが、
意外にも今日はローテンション組が多く、それほど喋らなくても目立ちません。
なぜ皆テンション低いかっていうと、そう、昨日のホークス戦が尾を引いてるんですよね。誰もかれも、今日は口を開けばため息です。

今季は一度だけ、ホークス観戦に行きました。
アップしたのはそのときの写真です。(昨日のではありません)

対ライオンズ戦だったのですが、どちらのチームにも「バティスタ」という選手がおり、混乱しました。日本でいうと差し詰め「鈴木」的名前なのでしょうか?
どっちが勝ったかも覚えてなければ、どっちのバティスタが優良選手だったのかも覚えておらず。他人の息の入った風船が空からバンバン落ちてきて、それをよけるのに必死だったことだけは覚えています。


ホークスが勝ってくれてたら福岡の街も活気付いたのになぁ。
残念です。
とりあえず天神地下街のロッテリアでは地味に優勝記念セールをしていました。
野球に対して興味のない私は、いつも優勝後のセールの有無で応援チームを決めていましたが(ライオンズ→西武デパート、タイガース→阪神百貨店、ジャイアンツ→そごう等々)、ロッテは日ハムと並ぶくらい優勝セールに楽しみを見出せない球団です…。

せっかくの31年ぶり優勝ですから、派手にドカーンと祝ってもらいたいものです。
ついでに私の風邪が吹き飛ぶくらい、ドッカーンと

PermalinkComments(0)TrackBack(0)