2019年09月13日

九州王国10月号(2019)発売です!

IMG_3825



大特集は「200年目の唐津、40回目の佐賀」。

佐賀県の秋の2大祭りといえば、北の唐津くんち、南のバルーンフェスタ。
たまたま同じ期間に開催されるこの二つのお祭りがどちらも今年は節目を迎えます。
唐津のほうは、唐津くんちの代名詞ともいえる「一番曳山 刀町 赤獅子」が誕生して今年でちょうど200年。いまやガムにまでなっているほどの完成されたデザインの曳山ですが、基本的に200年間修繕はしているものの本体はそのまんまというのが、一番の驚きです。
今号の8Pのページデザインが好きなのですが、曳山たちと一緒に「誌面を練り歩いている」雰囲気が出ていて、お祭りムードが高まります。

そしてもう一つ、昨今の佐賀最大のイベントとなりつつあるのが、今年40回目の開催となる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。
この時期に長崎道を通っていると、途中バルーンが何台も見えるスポットがあったりして、とてもいい風景に包まれます。

11月上旬は、ぜひ南北の佐賀へおでかけください。


そして第二特集は「姶良カルデラが生んだもの。

九州に長く住みすぎて、「姶良」に最初フリガナ付けるのを忘れかけたのですが、「あいら」と読みます。「アイラ」と聞くとウイスキーしか思い浮かばなかった、あの頃の私とはもう違います。九州にいる人間にとって、「あいら」は「姶良」であり、「姶良」は「鹿児島」でごわす〜〜。
今回はどっぷり姶良カルデラ特集でして、シラス台地や火山灰は厄介者なだけじゃないよ、こんなにいいものも生み出しているんだよーという、目からウロコ特集。
火山灰って、こんな使われ方してるの!?シラス台地に、こんなパワーがあるの!?という驚きに満ちた特集をぜひご高覧ください。

ちなみに、対談に登場している火山白土を使った石けん、現在編集部で大流行中です。
ステマではなく、真剣に全世代が絶賛する洗顔石けんを見つけてしまいました。
世代どころか性別まで超えて、ミヨッシーの思春期の息子まで愛用中だそうで。
ニキビにいいそうです。私たち世代には毛穴にいい。姉さん世代からはくすみにいいって声もあり。

ということで、ここまで書いたらステマ臭しかしないでしょうけど(笑)、皆さんが石けんを買っても我々には1円も入って来ないので、どうぞご遠慮なく九州王国41Pで対象石けんを探してみてください。
超おすすめです








PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

2019年09月12日

日本酒を飲みながらの対談企画

昨日は銘醸・いそのさわと名水・桜島活泉水の対談企画にお邪魔してきました。
「お邪魔」っていうか、うちの企画なのでむしろ主催なんですけど、本来担当者のヤナッチだけでもいいところを、クライアントさんが「ウエダさんも来てー」って言ってくださったおかげで、速攻「行くー!」ってお返事したのでした。なので、読んで字のごとく、「邪魔」してきただけです。
「いそのさわが飲める」というだけで、二つ返事っ

IMG_3822


いやーほんと、こんな楽しい仕事があっていいものかと思えるほど、楽しいな、この仕事。
いそのさわさん、お久しぶりだったんですが相変わらずのジェントルマンで、めちゃくちゃ話も面白い。「お酌は本来、男性の仕事です」という持論をお持ちだったので、活泉水の女性担当者さんともども、「大賛成〜〜〜〜!!」と徳利預けっぱなしでした。
活泉水の担当者の女性(←既にほぼ飲み友達になりつつある…笑)も、「家では、まあバーボンかしら」とか男前なことをさらりと言われる方で、対談内容が充実しまくりそうで嬉しいです。

ということで、充実の面白対談は月刊はかた10月号でお届けします。
名言がいっぱいありすぎて、キャッチに悩みそう。(…ヤナッチが。私、何もせず。笑)


PermalinkComments(0) 取材裏話 | 月刊はかた

2019年09月10日

仲良くない編集部。

本日、ヤナッチから唐突に聞かれた質問。

「ウエダさんと同じ歳の芸能人って誰?」

「え?aikoとか、バカリズムとか…」

「違う、いわゆるきれい系の女優で」

「うーんと、米倉涼子とかかな」

「あ〜〜なるほど、やっぱり全然違いますね


・・・・・・はあぁぁぁあ????

なんのために、私は、あなたのその無駄な質問に答えたってわけ??
「全然デキが違う」って確認するために??
なんなの、それ?なんのつもり???


「なに、それー!」って怒ったら、
「いや、人間やっぱり違うもんだなーって確認しただけですよ。みんな違う、うん」って一人納得してました。
私、全然納得できないんですけどーーー!!!


ちなみにヤナッチは中居くんと同じ歳だそうです。そうですか、そうですか。
ホント、腹立つ男だなー

PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年09月06日

健康診断2019。

IMG_3815



なぜか毎年健康診断の報告をしている気がしますが、本日無事済ませてきました。
体重が去年と1gも変わってなくて、「あ〜〜痩せてないか〜〜」と落胆してたら先生にすかさず、「この歳になって増えてないだけマシです。痩せてたらむしろ病気を疑います!」と言われて、すっかり「健康>>>>>美容」というお年頃になっていることを自覚させられました。

飲み会三昧の毎日でも増えてなかったことに感謝して、終わって速攻、酢豚食べました。
心の解放感があふれ出る、選び抜かれたランチメニュー。


ヤナッチは今月末に予約しており、それまでに全く無意味な短期間ダイエットをしているのですが(毎年1か月限定のダイエット)、本日逆算しても目標体重に間に合わないことに気付いたらしく、検診日を10月にずらしてました。
そこ?変えるとこ、そこーー!!?

私より3日早く検診を終わらせたシエルは、終わって速攻「大盛り麺」を食べてました。
編集部全体に、「一年でこの日だけクリアすればオッケー感」が漂ってます。。。



PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年09月04日

東西冷やし茄子蕎麦比較。

IMG_3807



去年の夏、姉妹紙「江戸楽」を見て「美味しそうだなー」と思った超名店の冷やし茄子そば。お蕎麦の上にどーんと焼きナスが一本乗っている、豪快な夏メニューです。


IMG_3806


対してこちらは、本日私が会社からすぐのお蕎麦やさんでいただいた、冷やし茄子そば。
ビジュアルはやはりお江戸には負けていますが、このお店の最大の特徴は、会社から行って食べて帰って15分、という超スピーディーに提供してくれること。忙しくなってくると重宝するご近所店です。


そして特筆すべきがもうひとつ。
お江戸の名店のものは、写真にも書いている通り1240円。
編集部ご近所蕎麦店のものは、なんと550円。
倍以上価格が違うのです


まあ、同じメニューとはいえ、お江戸のほうは日本を代表する名店中の名店であり、福岡のほうは福岡でも特にお手頃価格で有名なお店なので、比べること自体間違っているんでしょうけれど。

それにしても、福岡はやっぱり物価が安いなーと改めて思います。
お財布に優しく、住みやすい街です。


PermalinkComments(0)

2019年09月03日

モチベーションが上がります。

本日の打ち合わせ先で言われた言葉。

「ウエダさんたちのお仕事は素敵ですね。たった50音しかない文字を繋ぐことで、人を感動させたり泣かせたりすることができるんですから」

お〜〜〜〜〜 なんて詩的。ポエミー。
社長のその感性こそ、素敵です。

「あはは、なんの道具も材料も必要ない、原資ゼロ&手ぶらでできる仕事なんです」と(照れ隠しもありつつ)言うと、「そのぶん、頭に先行投資しなきゃいけないじゃないですか。原資かかってますよ!」と言ってくださいました。

感動。人の仕事をリスペクト出来る人って、自分の仕事に自信がある人なんだと思います。
今日もいい人に出会えたし、力になる言葉をいただいたなーと思える良き日でした



PermalinkComments(0) 取材裏話 

2019年09月02日

「博多の女」11 月号予告。

先日、福岡一有名な、あの料理研究家の先生のご自宅に取材に伺いました。
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、多方面でご活躍されているので、皆さんも当然ご存知のあの方。
テレビなどでは思ったことをわりとはっきりと話されるので、ちょっと毒舌キャラ的な印象かもしれませんが、本当に気さくで、スマートで、おもてなしの精神にあふれた素敵な女性でした。(毒舌は毒舌なりに愛があって、面白かった!)

IMG_3781


取材後に「ありあわせしかないんだけど…」と言いながら、なんとランチをごちそうになり。
「取材に来られた若い方をお腹すかせたまま帰したことはないの」と言われていました。
・・・かっこよすぎる。若くないけど、いただきます!

一つ一つが滋味深く、身体が喜ぶ美味しさ。器も美しい。
お弟子さんの最高に美味しい漬物に、出来立てジャム添えのデザートに、超美味の珈琲(ご主人が淹れてくださいました!)に…と、もう至れり尽くせりで、こういうのを真の「お・も・て・な・し」と言うんだね、と新婚クリステルに教えてあげたいくらいでした。

登場は月刊はかた11月号予定。開いた瞬間に「ああ、この人のことを言ってたんだ!」と皆様がお分かりになる通りの、あの方です。
掘り下げたインタビューを書きますので(予告)、お楽しみに!




PermalinkComments(0) 取材裏話 | 月刊はかた

2019年08月30日

月刊はかた9月号(2019)発売です。

IMG_3778


昨日もお伝えしたとおり、今月の特集は「暮らしを守る、防災のはなし」。

残念なことに、非常にタイムリーに北部九州を豪雨が襲ってしまいましたが、今特集では水害と地震の2つに絞って、傾向と対策を編集部なりに考えてみました。
備えておくと安心の防災グッズや美味しい備蓄用非常食など、最新の防災アイデアが満載です。

喉元過ぎれば…とならないように、恐怖を抱いている今のうちに、再度周りを見渡して災害に備えておきましょう。備えあれば憂いなし、です。


PermalinkComments(0) 月刊はかた | 新刊出版情報