2017年11月06日

ミカの得意料理。

先週末、ミカがせっせと給湯室で何かを作ってくれていました。
「週明けはお昼に白ご飯だけ用意してきてくださいね!」と自信満々な様子で。

今朝、会社の冷蔵庫の中で完成していたのがこちら。

IMG_9153

生卵の醤油漬け in 会社の冷蔵庫


目撃者によると、卵黄と卵白をわけるために、空のペットボトルで卵黄だけをチュッと吸い込むという技も駆使していた模様。
我々のために、おいしい卵料理(…料理?)を作ってくれてありがとう。
とっても美味しかった〜

「おいしい!」「絶品!」「ごはんにもいいけど、お酒に合いそう♥」と絶賛の嵐だったことに気をよくしたミカは、「醤油に本みりんをちょっと加えるのがコツなんですよ(フフン)」と得意げな様子。
ただいま彼女は絶賛婚活中なのですが、「次回からプロフィール欄の得意料理のところには『卵の醤油漬け』って書こう!」と張り切っておりました。
お相手の皆さま、広い心で「料理」の定義をとらえていただけると幸いです。


おかげさまで充実のランチタイムとなりました。
あ、美味しい新鮮卵は月刊はかたでもおなじみ、つづき養鶏場の「にんにくたまご」を使わせていただきました〜〜

PermalinkComments(0)編集部の日常 

2017年11月02日

かに供養が行われました。

1かに


今朝は毎年恒例の「かに供養」の取材へ行って参りました。
「供養」の取材であることは重々承知の上で、仏壇前のカニの立派さに心奪われます…。

ご住職は法話の中で、すべてのカニに敬称を付けられていました。「毛ガニさんが我々の口に入るまでの間に…」「ズワイさん一家は海で仲良く暮らしていたのに、一家離散となり我々の食卓に運ばれてくるのです」「雄さん、雌さんで解禁日が違うんですね」等々。
この、ゆるぎない「生きとし生けるものを敬う」姿勢は見事でした。
カニの一家離散に想いを馳せたことはこれまでの人生に一度もなく、自分の徳の低さを改めて反省しました。

2


報道各社もたくさん来ていたのですが、読経中に(私も含めて)バシャバシャ撮影をしており、改めてメディアって神経図太くないとなれない職業だなーと思いました(私も含めて)。

ご住職の話もさることながら、そのあとの「札幌かに本家」の日置社長のお話がとても面白かったです。とても博識でいらっしゃるので、いつも日置社長のお話は「へ〜」と思うこと満載で勉強になるのですが、今日もいろんなことを教えていただきました。。

パシャパシャ撮りながらもきちんと心の中で法要を済ませたので、今冬も美味しいカニを存分にいただこうと思います!命に感謝して!

PermalinkComments(0)取材裏話 

2017年10月31日

月刊はかた11月号(2017)発売です!

IMG_9141


今月の特集は、毎年恒例の年に一度の住まい企画「ちょうどいい暮らし」です。
福岡最新住宅事情を始め、加盟店の皆さまの「我が家のちょうどいい空間」を大公開してもらっています。
人のお宅を拝見するのって、楽しいですよね。
モデルとかインテリアコーディネーターとかじゃない、「普通の皆さん」のお気に入りスペースを公開してもらったのですが、どこもま〜〜あオシャレ&工夫いっぱいで驚きました。

ちなみに8−9Pで紹介しているモデルハウスは私が取材に行ったんですけど、ここは本当にたくさんの住まいのヒントが散らばっていて、見てるだけで楽しかったです。「こんなところにこんな仕掛けがあるの!?」的な。
家を買う予定がない方も、レジャー代わりにご家族で行ってみたら面白いかも。(…迷惑??笑)


PermalinkComments(0)新刊出版情報 | 月刊はかた

2017年10月30日

貧しそうに見えるけど、実は贅沢ランチです。

IMG_9138


この画像、何かと思われるかもしれませんが本日の私のお昼御飯です。
ジャンバルジャンか…といわれそうなほど貧しいパンの破片ですが、乗ってる蜜がゴージャスなのです。〇〇100%の、驚きの蜜。蜂蜜でも壇蜜でもなく、今まで聞いたことのない蜜です。


ということで、編集部には只今、次号特集用食材がわんさか溢れかえっております。
ミヨッシーとミカは、撮影後のスーパー贅沢卵を使って、卵かけごはんを食べていました。
オフィスであんまり見かけることないよね、卵かけごはん…。

次号、11月15日発売の九州王国は、九州の底力を知らしめる、驚きの食材が総結集した〇〇特集。
〇〇を食べる派も食べない派も、これは楽しみにしていただきたい

ちなみに私は365日欠かさず必ず、食べる派です!



PermalinkComments(0)編集部の日常 

2017年10月20日

編集部の壁紙新調。

ソニーギャラリーで先週まで展示していた九州王国の表紙10年分ポスターを、もらってきました。
そして編集部の壁に貼ることに。
「おしゃれ編集部の世界観が崩れる」とかいう一部意見もあったのですが、九州王国一覧によって「おしゃれ世界観」が壊れるなんちゅー失礼な意見は速攻却下し(そもそも編集部自体特段おしゃれではないし)、北の壁一面にどどーんと貼ってしまいました。

IMG_8983



はぁ〜〜素敵。九州王国を眺めながら仕事ができるなんて、素敵すぎる。私、これが家の壁紙でもいいくらい(←真剣)


IMG_8984


「これで仕事捗ります〜〜」と喜ぶ者あり、

IMG_8985


「なんか見張られているようで、プレッシャーです」と嘆く者あり。


スタッフたちが「私はこの号から入社しました」「この特集号で面接受けました」とか言ってるのを聞いて、「私、創刊からずぅぅーっといるよ・・・」と心の中でつぶやきました

まだ壁はたくさんあるので、20周年、30周年のときにも一面ずつ追加できるといいなー


PermalinkComments(0)編集部の日常 | 九州王国

2017年10月18日

西日本新聞さんに載せていただきました。

月刊はかた10月号のお相撲特集がかなり好評で、たくさんのお問合せをいただいておりますが、西日本新聞さんにも取材していただきました。

IMG_8977
クリックで拡大


たまたま記者の方が来られたときに在社していたメンバーだけで写真に写ったので、居なかったスタッフが悔しがっていました。次回からはオールメンバーでお迎えしたいです(笑)。

ミヨッシーが「ぎゃーウエダさん、年齢晒されてますよ!かわいそう!」と言ってくれたことにより、”晒されてかわいそうな年齢”であることを自覚。
私、37歳くらいからずっと年齢聞かれると「40です」と逆サバ読み体制だったので、本人的にはあまり気にしてないんですけど、その癖のまま今でもつい「40です」と答えることがあるので、この場合は本気で1歳サバ読んだことになり注意が必要です。



とにもかくにも、たくさんの方にご興味を持っていただける特集が作れてよかったです!
来月の九州場所前に、ぜひ予習も兼ねてご高覧くださいませ。



PermalinkComments(0)編集部の日常 | 月刊はかた

2017年10月16日

週末トークショー2本立て!

週末はソニーストア福岡天神にて、土日と二日にわたってトークショーが開催されていました。

まず土曜日は、我らが編集部のトーク代表・ヤナッチによる「九州王国特集240本ダイジェスト!」

IMG_8962


これまでの特集240本の中から、特に興味深かった特集を6本抜粋して、面白トークで語ってくれました。ほんと、素人なのによく喋れるなー。
私は「読む・書く・聞く・話す」でいうと、「話す」仕事が一番苦手なので、心から尊敬します。喋れる人。

IMG_8970


イキイキ、トーク中。楽しそうだなー
レイレイがなんと全編動画で撮ってくれていたそうなので、観たい方のためにそのうち弊社HPにアップしようかと思案中。需要があれば。・・・あるかな??

IMG_8973


翌日のカメラマンさんたちによるトークショーは、同じ会場に入りきれないほどの人で立ち見が出ました!やだ、羨ましい!!
ギューギュー詰めで、予定時間を大幅に(1時間くらい?)オーバーしたのですが、それでも途中で帰る人はほとんどおらず。群衆を惹きつけていらっしゃいました。さすが、九州を代表するカメラマン集団の皆さまです。トークも超お上手で、なぜか爆笑まで掴んでいらっしゃいました(笑)。多才〜〜嫉妬〜〜〜


とにもかくにも、怒涛のイベントウィークが、大きな事故もなくどうにか終われてホッとしています。
30年に一度のイベントがあろうと、創業以来初の試みがあろうと、どんな月にでも平等に締め切りはやってきます…ということで、ここからはいつもの怒涛の締め切りウィークがやってくるわけですが、先週皆さまからいただいたパワーを糧に、乗り切ります!!

30年目の月刊はかたと11年目の九州王国も、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

IMG_8969

九州王国表紙展の前で、表紙を撮ってくださっている三苫カメラマンと一緒に!




PermalinkComments(0)編集部の日常 | 九州王国

2017年10月13日

月刊九州王国11月号(2017)できました!

IMG_8958


大特集は「豪商たちの描いた夢」。

古くは鎌倉時代から近世まで、九州で活躍した豪商たちのお話を書いています。
各時代のお金持ちの皆さん、豪傑具合がすごいのです。
屋敷の玄関が2キロ以上あったり、あの偉人に現在の価格にして1兆円近くも支援していたり、とみなさんの「お金持ち逸話」がハンパない。
しかも、自分のためではなく、ほとんどが「人のため」にお金を使っているのですよ。
いい人がお金持ちになるのか、お金持ちがいい人になるのか…徳を積んで左団扇になりたいものです。


第二特集は「長崎が育んだ西洋音楽」。
ワルツが生まれ、ジャズが育った街、長崎。
でもそのずーーーっと前から西洋音楽はこの地で育まれていました。なんと、天正遣欧少年使節団の時代から!
西洋音楽がどんな変遷を得て、この地に根付いていったのか。
面白い特集になっていると思います


IMG_8959
銀杏とごま鯖


そして昨日は編集部全員、飲まず食わずでお昼抜きでした・・・ので、夜は思いっきり打ち上げました(笑)
会場は「博多大福」さんにて。
「大福うどん」の本店なのでうどんが美味しいのは知ってましたが、一品料理がどれも驚くレベルで。
焼き物も揚げ物も刺身も、素材がいいし、技も素晴らしい。
さすが、名店です。

IMG_8960
続々注文される日本酒


と言いながらも、どんどん手が伸びるのはお酒のほうでして。
(昨日は奇跡的に全員飲めるスタッフだったので、盛り上がりすぎました!)

IMG_8961
お猪口の奪い合い


我先に、手を伸ばしすぎ!!!お猪口、急がなくてもなくならないから!大丈夫よ!


ということで、激しく無礼講な飲み会でした。
なんか途中でミヨッシーが貝がら型おたまで武田久美子のモノマネをし始めた気がするんだけど…記憶違いだと思いたい…




PermalinkComments(0)九州王国 | 編集部の日常