2019年10月03日

雨でも濡れずに行ける、天神地下街直結の炉端焼き店。

昨日は、東京から大切なお客様(=超面白い飲み仲間おじさん、とも言う)をお迎えしたので、天神センタービルの八喜多賀(やきたか)にお連れしました。
月刊はかた10月号の表2(表紙めくってすぐのページ)に2号店の広告を出していただいています。
いか活きづくり発祥店「河太郎」さんのプロデュースですが、こちらのお店にはイカはありません。
代わりに絶品の炉端焼きメニューがそろっています。


IMG_3881



秋を感じる素晴らしいメニューの数々に、感動された面白おじさんお客様はなんと、福岡滞在中の間にもう一度予約を入れられてました。
「ウエダさん、いっつも美味しいお店教えてくれてありがとうー!」と。
ほんと、こういう反応してくださる人には「次はどちらにお連れしようかな」と選ぶ私もワクワクします。幸い、月刊はかたには素晴らしいお店しか載ってないので、安心してどこへでもお連れできるんですけど

IMG_3880


「ごまさば専用ごま焼酎」なんてものもあり、がっつり来福客の心をつかんでました。
ごまさば食べる間に飲みきれなくて、ごまさば二皿目を注文しましたけど

「八喜多賀」さんは、天神センタービルB1と、ブロッサム博多プレミア2Fという、博多と天神で2店舗展開中。天神店は地下街直結しているので、雨の日も濡れずに行けて便利です


PermalinkComments(0) 福博おすすめ情報 | 月刊はかた

2019年10月02日

土産と土産話

弊社では社内デザイナーのほかに、全国各地の敏腕誌面デザイナーの方々と契約しています。
誌面デザインの仕事って、世界中どこにいてもMACさえあればできる、ノマドのお手本のような職種。
手に職があると、ハワイのビーチででも、イタリアの湖畔ででも、どこででも仕事ができちゃうのです。羨ましい〜〜〜〜。


で、先日長野の高原でおしゃれノマドライフを送っているデザイナーとメールをやり取りしていたときに、「明日からしばらく不在にします」と言われたので、「なになに?どこ行くの?何するのー?」といつもの根掘り葉掘り根性でいろいろ聞いてしまいました。
「え?京都でフェス?なにそれ、相変わらずおしゃれすぎるやん!うっそ、羨ましい!いいなー!」と怒涛のメールを送っていたら、数日後送られてきました。



IMG_3875
…お土産が。



・・・・・・ごごご、ごめーーーん!!!!


いや、そんなつもりじゃなかったのよ!「京都といえば、やっぱり阿闍梨だよね」とか言ってないですよ、全然!!
私の純粋な好奇心が、無意識のプレッシャーを与えていたのかもと思うと、反省することしきりです。ほんと、人の旅話を聞くのが大好きなので、いっつもつい深堀して聞いちゃうのですが、もしかしたら何か無言の圧力をかけていたりして…


皆さん、ウエダは「土産話」が大好物なので、ぜひ旅のお話を聞かせてください!
それだけで大満足なのでございます。
…でも阿闍梨餅はやっぱり安定の美味しさでした。ごちそうさまでしたー

PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年10月01日

月刊はかた10月号(2019年)発売です。

IMG_3876


特集は「それ、何の道具?

名店百選会の皆様が日々使う、プロの仕事道具をいろいろと見せていただきました。
料理人、病院、クリーニング店、テーラー…それぞれのお仕事には、プロならではのお仕事道具があります。皆さんは「普通」に使われているものも、素人から見ると「なにあれ?」ってものがたくさん。裏側を見せていただきました。

ちなみに、私たちの「普通」に使う仕事道具の一つが、これ。


IMG_3877


文字の大きさを調べる級数表です。
写植なんてなくなった今でも、よーく使います。
たぶん日本全国の編集者は当たり前に持っているものですが、出版業界以外では一生見ないという人もいるかもしれないシート(笑)。
仕事道具って、こういうものですよね。

人の仕事現場とかを見るのが大好きなので、レア仕事道具だけで特集をしたいんですけど、いつも「普通」に使っている人は、それが「普通」すぎてレアだと気付かないんですよね。
今回も見落とした仕事道具がいっぱいありそうなので、ぜひいつか第二弾を企画したいです。





PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた

2019年09月30日

祭りアイランド九州、行ってきました!

九州王国9月号大特集でご紹介した「祭りアイランド九州」が今週末、開催されました。
これは地震からの復興を目指す熊本を応援するために、九州中の祭りがこの2日間に一斉に集まってその魅力を発信するという、史上初の大イベント。
熊本中が熱気に包まれ、祭りの高揚感が漂う充実した2日間でした。

IMG_3857


下通アーケードでは博多祇園山笠に出逢い、城彩苑に行くと博多松囃子に対面し、メイン会場ではどんたく登場…とどこまで行っても博多から逃れられない、運命の「月刊はかた」(笑)。
ひたすら(毎度おなじみの)博多関連のお祭りばかりに出逢うタイミングでした。ひょっとこ探したんだけど、どこ〜〜?


IMG_3868


でも念願の、玉名の大俵まつりには出会えました。
玉名の素朴な道をあの大俵が進むだけでも迫力満点ですが、熊本バスターミナル前の人だかりを突っ切って回されるさまは、ド迫力でした。

戸畑祇園も唐津くんちもあり、面白かったーーーほんと、一気に全部のお祭りが見れる、超贅沢フェス。

そうこうしてたらなんと、メイン会場の隣にはラグビー公式パブリックビューイングまであり!
一気にいろいろ楽しめる〜〜〜〜。

IMG_3869

これ、実際に使われているのと同じ公式ボールだそうです。
思ったよりも軽くて驚きました。


IMG_3870

これは日本戦が始まる前の写真ですが、始まった後はもちろん撮れるような状態ではなく。
ルールも全くしらない私のようなド素人でも、みんなと一緒にビール片手に応援するのは、ものすごーく楽しかったです。
ということで、週末は祭りとラグビーで、熊本は大盛り上がりでした。


IMG_3866


熊本城の一部一般公開は、今週末5日からだそうですよ。
これからも、熊本応援続けましょうね〜〜〜cheer up, KUMAMOTO!


PermalinkComments(0) 九州王国 

2019年09月24日

本日の編集部のおやつ(健康バージョン)

本日、週末にオープンしたばかりの「都ホテル 博多」内の大賀薬局へ取材に行っていたミカ。
ここで面白いものを見つけてきてくれました。

IMG_3845


チャコールウォーター。直訳すると、炭の水。

「ウエダさん、キャップをひねると炭が水に溶けだすみたいですよ。ゆっくり回すので見ててください」とミカが言ってくれたので間近で凝視していたのですが、視力2.0でも追い付かないほど一瞬でした。

IMG_3846


ひねった瞬間、真っ黒。なにこれ、どうなってんのー!?


IMG_3847


あっという間に真っ黒ウォーターに。
真っ黒になるのはマジックみたいで面白かったけど、正直あんまり食欲(飲欲?)は湧かないかも…(←正直すぎる告白。すみません)

IMG_3848


お歯黒覚悟で、味見量をいただきました。うん、水。普通に、水。

「美味しいも美味しくないもなくて、ただの水じゃん」と言い放ったヤナッチに、「デトックス効果があるって書いてますよ。身体の老廃物を吸着して流すそうです」とミカが言った途端、「もう一杯ください。健康診断までに、もう数本ください!」とヤナッチが懇願してました。
恐るべし、健康呪縛。
未健康診断組は、「デトックス、脂肪燃焼、カロリーオフ…」という念仏を、朝晩唱えています。


ちなみにこのあとスーパーハイカロリーなおやつを全員完食してましたが、その話はまた別の機会に〜〜(炭の力、及ばず)


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年09月19日

日常の中の噴火。

本日、鹿児島出張中のシエルから送られてきた画像。

IMG_3836
「噴火なう。」



これを見て、鹿児島の人は「やばい!逃げろ!!」じゃなくて、「あー、洗濯物干してきちゃったなー」と思うそうです。

九州王国、奥深い…。


PermalinkComments(0) 取材裏話 

2019年09月18日

本誌以外の仕事もたくさん。

本日の私の仕事。

09:30 自費出版の方の最終データ入稿打ち合わせ
11:00 パンフレット制作打ち合わせ
12:00 月刊アクロス連載分の取材
14:00 ムック本出来上がりの確認と今後についてのブリーフィング
16:00 来春発売の他社本(弊社制作)の台割打ち合わせ

というわけで、この合間に月刊はかたの最終データ確認があったものの、すべて本誌(月刊はかた&九州王国)以外のお仕事をしておりました。
このように、弊社は出版社でありながら編プロ的仕事も多いので、他誌&他社との絡み仕事も多く、自分たちの雑誌以外でも結構働いています。

こちらは、江戸楽チーム・トモミンの単独仕事↓

IMG_3833


紀尾井ホールの会員誌「紀尾井だより」に連載を持っています。
トモミンのすごいところは、なんと編集スタッフでありながらイラストまで自分で書いちゃうところ。この連載、文・イラストともにトモミンなのです。すごいでしょ。しかも「邦楽名曲解体新書」ってタイトルもいいわぁ。清元と長唄の違いもよくわかってない私には、内容も毎回勉強になります。

歴史好きスタッフは古地図の本を作るし、カフェ好きスタッフはカフェの本作るし、得意分野を存分に生かして働けるのがクリエイティブワークのいいところ。

月刊はかたのスタッフは「ど博多弁の山笠のぼせ」、九州王国のスタッフは「ゴリゴリの九州歴史好き!」と思われているかもしれませんが、決してそんなコアスタッフばかりではなく、わりとオールラウンドな「普通の一般人」で作っています(笑)。

ということで、なんとなく流れからお気づきかもしれませんが、弊社は現在「秋の社員募集祭り」開催中。とある採用サイトに掲載していますので、そちらから弊社が気になってブログを見に来られた方に向けての記事です。どうぞ、未経験でもどーんと安心してご応募ください!20代(もそれ以外ももちろん)、お待ちしてます〜〜


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年09月17日

本日のクリエイティブ。

編集部はクリエイティブな人間で集まっているので、日々いろんな新しいものが生まれています。

今日生まれたのは、新しい漢字。




IMG_3831



たぶん、「みね」って読むんだろうな、と想像します…。

「峰」にしても「峯」にしてもそれぞれ「山」が一つ多いので、「やまみね」と読むのかもしれません。

PermalinkComments(0) 編集部の日常