2021年07月19日

鈍感力(←意味違う)

IMG_6873



先日、東京事務所のミヤモンとZOOMミーティングをしていたのですが、最後の切る間際になって、「ウエダさん、今日僕を見て何か気づきませんでしたか?」とキラキラした目で言われまして。

その瞬間、自分の持つ全てのアンテナをフル稼働して、画面のミヤモンを一瞬で隅々までチェックし、平然を装いながら、「あ、ほんとだ!髪型変わったよね!」とさわやかに「気づいていた風」を装いました。すると。




「・・・違います。14キロ痩せました。気づきませんか!?」



・・・・・チーン

大失態。オーマイゴッド、14キロってあなた!! 気づかないって、私の目は節穴か?



「髪型は一切、変えておりません」


・・・・・チーーーーーン

適当に答えたのまでバレている。



キラキラだった目がみるみる曇っていく様子を見て、心から反省しました。
「なんていうかアレよね、会ってたらすぐわかると思うんだけど、ズームってほら、画面がちょっと見にくいっていうか…ねぇ、ねえねえ、」と慌てまくる私に、「僕の14キロは、ウエダさんの1キロくらいのもんですからね」と捨て台詞を吐き、ミヤモンは画面から消えていきました…ごめん…ごめんってば…。



次のWEBミーティングでは、ミヤモンの微妙な変化にも一瞬で気づけるよう、全アンテナを張っておこうと思います


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2021年07月16日

贅沢おやつと、新人任務

IMG_6868


編集部の本日のおやつは、マンゴー!!!(大好きーーー!!)


わが社に入社した新入社員が、最初に務める大役は「貴重なくだものを切り分ける任務」です。
食い意地が張りまくっている先輩がわんさかいるので、「一口たりとも無駄にせず、果物を切る」という難関ミッションが下されます。(過去にはこんな事件も…→

今年の新人、チカにマンゴーカットの厳命が下されました。
「マンゴー切ったことある?」と聞くと、「アボカドならあります!」と意味不明の答えが返ってきました。不安・・・。

まな板と包丁を片手に給湯室へ送り出されたチカですが、意外にもスピーディーに「できました!」と帰ってきました。

IMG_6869
おお〜〜完璧!


初回から完璧っぷりを見せた彼女に対してヤナッチが、「チカ、恐ろしい子・・・」と月影先生風に称賛していましたが、当の本人は平成生まれなのでピンとこず。


「種の周り、誰か食べます?」と聞くので「剥いた人特典で、食べていいよー」というと、「やった!じゃあ、誰にも見られないよう給湯室でしゃぶりついてきます」と言って去っていきました。

…美味しいものに対する執着心も、うちの編集部的に合格です



PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2021年07月15日

九州王国8月号(2021年)発売です!

IMG_6862



大特集は「さあ、山の季節ですよ!

今年8月に、大分で「山の日全国大会」が行われることを記念した大特集。くじゅう連山を中心に、大分各地の山で行われるさまざまなイベントを事前取材しています。
大分の山って、本当に美しいですよね。
九州に来た当初、一番驚いたのは大分の景色かもしれません。「こんなにきれいな景色が日本にあるんだー!」と瀬の本や牧ノ戸あたりの光景に、心底驚きました。
今夏は大分の山で、思いっきり楽しんでください。


そして第二特集は「熊楠さんの頭ん中

日本を代表する天才の一人、南方熊楠の足跡を追って、和歌山まで行きました!(ミカが!)
全然「九州王国」じゃない人なんですけど、あまりに面白いので興味深すぎて九州を飛び越えてしまいました。まあちょこっと、福本日南とも絡んでるので許してください。
何より、九州の人にもこの天才の足跡を知っていただきたいのです。
現在の我々の暮らしは、こうした無数の先人たちの偉業の上に、成り立っているのですね。
感謝&リスペクト。
コロナが終息したら、真っ先に和歌山を旅したくなりました。


ということで、今月も充実の2本立て。
猛暑の合間の息抜きに、ぜひご高覧くださいませ。



PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

2021年07月14日

フライング、う!

梅雨明けしたと思った途端、突然の猛暑に襲われている福岡。
あっという間にみんなの体力がなくなりかけていたので、超フライングですが、本日夏恒例の「う」の日にしました。

IMG_6861
「う」…丑の日!


今年は宗像の「六騎(ろっきゅ)」さんでテイクアウト。
せいろ蒸しはやっぱり美味しい〜〜〜御飯まで沁み沁みふっくら、です。
六騎さんのせいろは、甘すぎない上品な味わいで、九州外出身者にもおすすめです。

「暑さに負けずにしっかり精つけて、バリバリ働こうね!」という意味でのうなぎでしたが、食べ終わることには「おいひい…お腹いっぱい…お昼寝したい…」という状況に。(←主に私が)

今年も幸せな丑の日でした(本来は7月28日が今年の一の丑です)。
さあ、猛暑に屈せず元気に働きましょう!



PermalinkComments(0) 編集部の日常 | 福博おすすめ情報

2021年07月12日

新聞掲載お礼

出張中だった7月7日に、新聞2紙に「月刊はかた7月号」のご紹介をしていただきました。

IMG_6835
朝日新聞(クリックで拡大)


IMG_6842
西日本新聞(クリックで拡大)




どちらもとっても大きくご紹介してくださり、しかもとても温かい文章で感激。
出張先は朝刊が半日遅れで届く島だったので、7月7日の夜に周りの人を巻き込みながら、みんなで読みました。
改めて、皆さんの親分さんへの愛の深さに感動します。

M記者様、T記者様、ありがとうございました。

PermalinkComments(0) 月刊はかた 

2021年07月05日

至福の贅沢アイス

ワクチンを打ち終わった巨匠カメラマンが、半年ぶり(?)くらいに来社してくださいました。

ほんと、いろんな方の来社が制限されていたので(弊社が入るビルが外来客禁止措置をとっていたのです)、編集部でお客様をお迎えするのも久しぶり。日常がちょっと戻ってきて嬉しいです。

ちなみに来社制限が解除された理由は、弊社が入るビルのメインテナントの会社さんが、職域接種によりワクチンを社員さんみなさんが打たれたからのようです。
ビルに入る、残り3割くらいの別会社(含・我々)、まだなんですけど〜〜置いてけぼりイヤ〜〜


で、久々の巨匠が差し入れに持ってきてくれたのが、これまた超しゃれた手土産。

IMG_6739


shodai bio natureさんのアイスキャンディーです


これ、めっちゃ美味しかったです。
今まで食べたどのアイスよりも、高級な味がしました。(←ほめ方…)
全種類味が違うので、パワハラにならないように好みがかぶったらじゃんけんしよう…と決めて全員でほしい種類を一斉に指さしたら、奇跡的に全員バラバラでした。
気が合わなくてありがたい


久しぶりの来客と、超絶美味しいアイスに癒された午後でした

PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2021年07月01日

「3&」、九州各地に続々オープン予定だそうです

千早ガーデンズに4月にニューオープンした「3&(サンド)」にヤナッチが取材に行っていたので、帰りに買ってきてもらいました。

IMG_6736


私が選んだのは「鶏ごぼうサンド」。パンがとっても軽くて、ダイエット中でも罪悪感ゼロで食べられそうなヘルシーサンドです。

これ一個だったら、17時頃グーグー鳴りそうなので、コンビニでちょい足しを。

IMG_6737


ヤムウンセンと、ヨーグルト。我ながらナイス組み合わせでした。罪悪感、ゼ〜ロ〜♪


同じく「3&」で別の名物、サバーガー(鯖バーガー)を買ってきたヤナッチ。
こちらも一つじゃ足りないらしく、コンビニにちょい足ししに行きました。


IMG_6738


サバーガー&タマゴサンド。な〜ぜ〜?
バーガーの付け合わせにサンドイッチ…
バーガーと組み合わせるのって、ポテトとかサラダじゃないの?ステレオタイプすぎるの、私?

…と思ってたら、妊婦シエルも同じくタマゴサンドをちょい足しに選んだ模様。お腹の赤子と二人分のサンド食べなきゃいけないのかしら…。


ヤナッチは、サバーガーを食べたあとに「この味だったら、白御飯買ってきてもよかったなぁ」と言ってました。
彼が店長のファストフード店には行きたくありません…

PermalinkComments(0) 福博おすすめ情報 | 編集部の日常

2021年06月30日

月刊はかた7月号(2021)発売です

IMG_6735



特集は「拝啓、小松の親分さん」。


昨年12月にご逝去された小松政夫さんの追悼特集です。
小松さんが大好きだった山笠の季節に合わせて、この町に住むたくさんのゆかりの人にコメントをいただきました。

小松さんを愛するすべての方にご高覧いただきたいですが、何より天国の小松さんに、読んでもらいたいです。


PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた