2005年03月04日

まぼろしの苺。

96ff8c0b.jpg全国にいちごって何種類くらいあるのでしょう?
九州だけでも、両手では足りないほどの品種があります。

一昨日、お米のお取り寄せで掲載をお願いした生産者さんのところへ取材に行ってきました。当然、お米はとてもおいしいものを作られているのですが、それとは別にイチゴの生産もされていました。

「まあまず食べてみんね」という有難いお言葉とともに
両手に一つずつ、2種類のイチゴが。
右手にはそちらのオリジナルの品種。
左手には私もスーパーなどでよく見る品種。

…驚きました。びっくりしました。いやほんとに。たぶん目が1.5倍くらい大きくなりました。
全然、ぜんっぜん、味が違うのです。
見た目はどちらもとっても美しいのですが、味の濃さが全く違うのです〜!
もちろん、オリジナル品種がおいしいんですよ。
甘みも酸味も瑞々しさも抜群においしいイチゴでした。


地方にはまだまだこのような宝の原石が眠っていますね。
だってこの苺、おそらく地元でもほとんどの方が知らないのではないでしょうか。
ちなみに写真がこれです。
味のみならず、形も十分に美しいでしょ。
このイチゴは「九州の逸品」の中では隠しキャラ的にご紹介します。
目次には載ってません。
ヒントは「お米」です。
探してください。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月03日

桜餅。

593b3dd4.jpgひなまつりということで、スタッフが取材先から桜餅を頂いてきました。
写りが悪いですが、写真の通り、餡を生地と桜の葉でくるりと巻いたおなじみの「桜餅」です。
ところがどうやら、この桜餅を見て「おなじみ」と感じるのは関東の人のようです。九州出身のスタッフはみな、「こんな桜餅初めて見た!」と驚いていました。こちらでは桜餅というと、粒々感が残るもち米で餡を包んだいわゆる「ぼたもちスタイル」なのだそうです。
なぜか私は関西出身にも関わらず、小さい頃から家で作る桜餅はこの「クレープスタイル」(関東スタイル?)だったのですが、編集部内では完全に異端児扱いされました。
西日本人の誇りを失いかけているようです。

同じお菓子でも、地域によって随分と作り方や形が違うものです。
きっと外の世界を見たことがない人にとっては、ひとつひとつがカルチャーショックなんでしょうね。

九州の食材や食品は見てるだけでも本当に面白く、ショックの連続です。
少しずつ仰天写真を含め、ご紹介していきますね!


PermalinkComments(1)TrackBack(0)

ブログ落ちてました

本日11時頃から、ライブドアのブログ全般が一時的にストップしていました。ご迷惑をおかけしました。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月02日

ブログスタート。

いよいよ「九州の逸品(仮)」発行までのカウントダウンが始まりました!

これは、創刊17年目を迎えた「月刊はかた」の編集室が
これまでの取材先などで知り得た九州中の名品・逸品を
一堂に集めて全国の皆様にご紹介しよう、と企画した一冊です。
地元編集室だからこそ知っている隠れた名品などを、
惜しみなくご紹介する珠玉のお取り寄せ本にしたい!と思っております。

で。
編集作業もラストスパートになってきた先週になって、
IT部門担当者から「ブログ立ち上げるので更新してね」と
無邪気な依頼がありました。
しかも「できれば毎日」と。

…生まれてコノカタ、日記やら家計簿といったデイリー執筆物に取り組んだことのない私には、
”毎日更新”というのが大偉業(且つ大ノルマ)に
思えるのですが、負けず嫌いなので頑張ってみます。

日々、取材先や編集部で出合ったモノコトを
気軽に載せていこうと思っておりますので
気軽に読んでくださいね。





PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月01日

九州の逸品 4月中旬に発売予定?

ba23038a.jpg「福岡 上等なランチ」、「福岡 上等なディナー」など、数々の福岡本を手がけてきたエー・アール・ティが4月中旬に「九州の逸品 150選(仮)」と題したお取寄せ本を発刊します。

最近お取寄せブームっぽくなってますが、カレコレ20年近く博多の街で頑張ってきた雑誌社なので、厳選に厳選を重ねた150選が遂に単行本に!!これは楽しみです。

次の投稿からは、実際の編集者(某女性有名敏腕編集者)が実際の内情をお伝えします。お楽しみに

PermalinkComments(7)TrackBack(1)