2018年06月18日

九州王国7月号(2018)発売です

IMG_0277


ちょっと告知が遅くなってしまいましたが、九州王国7月号無事に発刊しております!

第一特集は「大人たちに、夏休みを。〜夏のシトラス観光圏を体験する旅〜

シトラス観光圏ってご存知ですか?
熊本県南部の氷川町、八代市、芦北町の3市町エリアをまとめてこう呼ぶそうです。
晩白柚とかデコポンとか、柑橘に恵まれたエリアなのでこう呼ぶんですって。
私の熊本の祖母が「行く」ことを「行っとらす」、「する」ことを「しとらす」と言っていたので、勝手に方言由来の「シトラス観光圏」かと思っていましたが、その意図はこれっぽっちもないそうです(笑)。
魅力満載のエリアですので、夏の旅行候補地を選ぶためにも、ご一読を。


第二特集は「世界に誇れ、九州の海」。

九州の海の生物多様性に着目した特集なんですが、九州でしか食べられない「激レア海の幸」とか、若者が魚をさばけたら成人とみなす神事とか、集めてみたら結構キテレツな特集になってしまいました。九州ってほんとに多様性に満ちた王国です。

46Pの「ユニーク漁業体験」は全て私が超やってみたい、個人的興味津々ページです〜〜社員旅行でこれやりたい!って言ったら、若者チームに速攻拒否られました…


PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

2018年06月08日

月刊はかた&九州王国加盟店交流会 with 小松政夫さん

本日は、ホテルニューオータニ博多さんで、「月刊はかた&九州王国 加盟店交流会 with 小松政夫さん」を開催いたしました。

DSC00844


この街を代表する名店、名企業の皆さま、各誌連載作家さんにお集りいただき、とっても濃厚で楽しい会となりました。小松さんも「ものすごい濃いメンバーだったね〜博多の重鎮が揃ってたね〜」と喜んでくださっていました。


各円卓の名前を自由につけていいとのことだったので、小松さんの往年のギャグをテーブル名にしていました。

DSC01797



すると、なんと小松さんがそれぞれを周ってギャグを披露してくださるという大盤振る舞い。
即興でこういうことしてくださるって、本当に素敵。



DSC_0086

「ながーい目でみてください」のテーブル



DSC_0067

「しらけ鳥」のテーブルでは、歌付きで!!


皆さんからも「めちゃめちゃ楽しかった!」「来年も楽しみにしてるよー」とお帰りの際にたくさんお声をいただきました。
超微力な、弱小編集部ですが、こうして支えてくださる皆さんのおかげで、少しでも、ほんの少ーーーしでもこの町のお役に立てていれば幸いです。
皆さんの楽しそうなお顔を拝見して、「今年も開催できて良かったな」ととても嬉しく思いました。

月刊はかたの連載「なが〜い目で見てくれんね」は次号で連載123回目!
まだまだ小松さん、「ながーい目で」宜しくお願いしますーーーー!!


DSC00885


PermalinkComments(0) 月刊はかた | 九州王国

2018年06月04日

大胆な書き順。

今日、ミカがホワイトボードに書く姿を何気なく見ていたら、ものすごく書き順に違和感を覚えました。

「粉って漢字、もう一回書いて」「え?」…と若干訝しげながら書いてくれたのですが、辺の米の部分で既に違和感。

米の文字を、十の部分から書き始めるのです。そして最後に四隅にチョンチョンを付けていくという斬新きわまる書き順。

「何その書き順!普通、上のチョンチョンから始めるよね」とみんなでやんや言うと、「先に十部分があるからこそ、4つのチョンチョンのバランスが決まるんじゃないですか!最初にチョンチョン書いちゃったら、十の位置が定まらないじゃないですか!」と、さもデザイン的に左右のバランスを重視したら、この書き順になるといわんばかりの主張。

その、バランスを重視したうえで書いてくれた、書家・ミカ先生の作品がこちら。



IMG_0266



まあ、バランス的には普通だね?と思ったあなたに、全体図もご覧いただきましょう。



1



なんというか…大胆かつ自由…。絵でいうと抽象画、詩でいうと散文詩、書でいうとミカです。
この上の段には、超達筆なヤナッチの大人文字があるのですが、並べるとミカ先生に怒られそうなので自粛しました。
彼女がのびのび育ったらしいというのは、よ〜〜くわかりました。フリーダム。


ちなみに、「大陽製粉」さんの素麺、絶品です。編集部一押しの夏の贅沢品です。全く文脈上関係ないですが。(大陽製粉さん的には巻き込まれ事故…)

PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2018年05月31日

月刊はかた6月号(2018)発売です!

IMG_0265


特集は「奇跡の一枚を撮りに行こう!」ということで、写真の特集です。

九州を代表するカメラマンチームの皆さんに、おなじみの場所の「奇跡の一枚」を撮っていただきました。大濠公園や百道が、こんな姿に映るなんて驚き。今号は永久保存版にしたいくらい、誌面が美しいです。

ついでにレベルはガクンと落ちますが、編集後記も「私のとっておきの一枚」。今月は「後記」と書きながらも文章ゼロで、写真一枚勝負です。ネタ系に走った人(←私、ミカ、シエル)と、本気写真で挑んだ人(←サオリン、レイレイ、ヤナッチ)に分かれました。後記って性格が表れるなーと、些細なテーマでもいつも思います…。


PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた

2018年05月29日

九州 of the people, by the people, for the people.

仕事柄、本はいろいろと読むのですが今朝の電車内で読んだのはこちら。

IMG_0259

「九州バカ 地元創生企業論」村岡浩司


著者の村岡社長というと、「レタス巻」を生みだしたことで有名な宮崎の「一平寿し」の2代目でいらっしゃることと、「九州パンケーキ」の生みの親だということは存じ上げていたのですが、この本を拝読して初めて、強烈な「九州バカ」でいらっしゃることを知りました。もちろんいい意味で!!

九州のことを「豊かな異文化がギュッと詰まった、どこに行っても飽きることのない一つの大きな島」と書かれているのが、何より嬉しかったです。
私たちと同じ想いの人がいるんだーと思いました。

十数年前、「九州を一つの王国と捉えたら、こんなにも豊かな国はない!」という想いで「九州王国」を創刊しました。そこから「東を見るより西を見よう」と九州をアジアの玄関口と捉えた編集方針を貫いてきました。それと、全く同じことが書かれていて驚きました。

この王国には、人、資源、文化、歴史…豊富な宝がありまくっています。
既に130号&260本の特集を作っていますが、ネタが枯渇することが全くありません。
私たちも強烈な「九州バカ」の一員なので、大きな夢と小さな目標を持って、九州の発展と振興に寄与したいといつも考えています。

朝から「よし!もっともっと頑張るぞー!」と気合を入れてくれる本でした。
九州で働く皆さんに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

PermalinkComments(0) 読書いろいろ 

2018年05月25日

プロの技

本日、レイレイが取材に行った先で、サラサラ〜っと一瞬で書いてもらったという、ポップ。


IMG_0260



見てください、このクオリティの高さ!!PCのフォントでは出せないこの味わい。
さすが、手書きPOPのプロです。


このプロの文字、実は私たちが日々かなり頻繁に目にしている「とあるお店」のものなんです。

ヒント1:書店じゃないです。
ヒント2:ドンキでもないです。


さあ、どこで目にしているものでしょうか?
答えは九州王国7月号でお確かめください



PermalinkComments(0) 取材裏話 

2018年05月22日

「狼と羊飼い」編集部バージョン

「歯が痛くて原稿に集中できません」
「自転車に乗る瞬間に背中をねじったので、歩けません」
「お腹が痛くて…もうだめかもしれません」

上記3つ、この2週間の間にリアルでヤナッチが放った言葉。(前後にハァ、フゥ、とあえぎ声付)
本日は、「リンパがおかしくて…」と喉前面に湿布を貼ってきました。

彦摩呂なら「体調不良の玉手箱や〜〜」で終わりそうなところですが、うちのスタッフたちはもう慣れっこすぎて返しも辛らつ。

「湿布、ダサッ!!」(スタッフM)
「どこに貼ってるんですか、リンパそこにはないですよ」(スタッフM)
「っていうか、いつがほんとに体調悪いんですか?今?この前?」(スタッフM)

あ、今気づきましたが、ヤナッチ以外のスタッフ全員、ほんとに「スタッフM」でした。全員名字か名前かどちらかのイニシャルがMです。これは便利。匿名でありながら、嘘でなし。

まあ、それにしても、普通社会人って体調悪くても結構頑張って隠すもんですけどね…。
「普通の人が体調悪い指数が10のときに3しか見せないとしたら、彼の場合3のときに8に増やしてきますからね」とこれも、スタッフMの弁。
微熱でも幻覚見そう…突き指してもギプスしてきそう…膝が痛くなったら車いすだな、きっと。


これ以上「病気オオカミ少年」にならないよう、申告は控えめに。体調管理は万全に。
「おはよう!今日は体調いいな!万全だな!!」という日が来ることを、切に願っています。



PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2018年05月18日

この夏イチオシの映画です。

IMG_0227


月刊はかたで「映像の記憶」を、九州王国で「九州よろず歴史旅」を書いてくださっている渡辺考さんが、ボランティアで監督を務めた映画「father」。

考さんが作られる作品はいつも心の深いところをえぐってくるドキュメンタリーばかりなのですが、この作品も素晴らしかったです。
涙が涙腺からじゃなく、心臓から出て来るような、心の深い深いところを静かに刺激してくる作品でした。

皇国少年として太平洋戦争を経験した「ゴッちゃん神父」と、ポルポト政権下で惨い仕打ちを受けたカンボジアの息子たち。
我々が抱く家族への想いや、守るべき対象、未来を作る構成要素は、宗教や国境、人種、時代を超えて同じなんだなーと何度も思わされました。
人間って、本質的なところでは1種類なのではないでしょうか。
どこにいつ生まれたどんな人でも、願うことは同じ。
してはいけないことも、どこでどう生まれようが同じなのです。

ゴッちゃん神父の人間味あふれる温かさが、とても心地よい映画でした。


福岡ではなんと、主人公・ゴッちゃん神父(なんと御年88!)の舞台挨拶付き上映が決まっているそうです。
6月29日(金)11時〜KBCシネマにて。(詳細こちらから→

たくさんの人に見ていただきたい、傑作です。

PermalinkComments(0)