2022年11月17日

鹿児島離島巡りサイクリングの旅

スクリーンショット 2022-11-17 120752


先週、私が訪れた場所をマイマップに打ち込んでいたら、まあまあ一週間で行くレベルの移動距離じゃありませんでした

IMG_9354


そして船がスーパー苦手な私。先週一週間で、なんと5回も船に乗りました。ガクブルで酔い止めを用意して備えてたわりには、一度も酔わず。お天気よかったからかな?(老化で三半規管が弱ったのかな?)

IMG_9292


こんな風に自転車を折りたたんで、船に乗り込み、すべての島でサイクリングを楽しむという企画。素敵すぎました。そして一生分の自転車に乗りました。(←嘘です。去年の40キロサイクリングのほうが数倍きつかった)

IMG_9318


自転車で向かった、素敵観光地その1。ツルの飛来地。こんなにツルが集っているの、初めて見ました。圧巻。私の第一声、「ヒッチコックやん

…ほんと、すみません。感動して言っているのです。ディスってるわけじゃないです。だってそのくらいすごかったんですもん。ちなみに九州王国1月号は、このツルの特集です(私、全く取材してませーん)

IMG_9265


あとはこんな階段を登ったり、自転車以外にもしっかり体力使ったんですけど、全然筋肉痛になりませんでした。鍛えられた?もしくは、筋肉そのものがなくなった?

IMG_9280


夕日があまりにきれいで港で写真を撮っていたら、船上のおじさま方が「こっちきて撮ったらいいよ」と乗せてくださり、漁船でタイタニックさせていただきました。優しい。ただ、一生懸命その写真を撮ってたら遠くの方から「ウエダさー−−ん!どこー−?あと7分でバスが出るよー−」という声が聞こえ、船からバス停まで猛ダッシュ。なぜかいつも「優雅」とは程遠い旅です。疲れた。


今回も旅の同行者の皆様に恵まれ、一週間という長さを感じないほど楽しかったです。
仕事って楽しいなーと、年々仕事の楽しさが増していきます。人脈が増えて、経験値が上がるからでしょうか。年とるの、全然悪くないな



2022年11月14日

月刊九州王国12月号(2022)発売です!

先週1週間の長期出張で、四十路とは思えないほどの日焼けをしてきてしまったウエダですが、取材裏話(顛末記ともいう)は明日以降に。今日は今年最後の九州王国のご紹介を。

IMG_9643



大特集は「佐賀、あの人の旅路」。

佐賀県って地味な県扱いされますけど(←すみません)、華々しい方々が訪れている「人気観光地」なんですよ。
森鴎外や北原白秋などの文人をはじめ、青木繁が癒された温泉や、美空ひばりがご当地ソングを歌っている(珍しい!)町など、面白スポット満載です。あのマッカーサーが愛した酒、なんていうものも。
関係ないけど先週の出張中、東京から来たクライアントさんに佐賀の酒を勧めたところ、「あれ?佐賀ってお酒おいしいんだね」と言わしめました!グッジョブ、私。佐賀酒推進大使です(自称)。

あの人が旅した佐賀を、一緒に旅してみませんか?


第二特集は「人吉、温泉ノスタルジー」。

九州には温泉観光地が山ほどありますが、球磨川沿いの人吉もその一つ。
なんとも鄙びた風情ある町で、大衆浴場や銭湯がいい味を出しているのです。
ノスタルジーにたっぷり浸れる、昭和な温泉の数々をご紹介しましょう。
何度も水害と闘ってきた地域ですが、それでもこの町と生きるという、強い決意と愛情が感じられる特集です。

なんとこの号で2022年版が終了。先週ずっと半袖だったのに、もう年末って…早すぎる。


2022年11月04日

この仕事は文系…ではなく、体育会系です

今週末から1週間、久しぶりに長期取材旅に出ます。1週間…って、もはや欧州にでも行きそうな勢いですが、九州内です(笑)。ミカに「タイでも5日で帰ってきますよね」と言われました。移動距離と滞在日数は比例しないようです。

20代のペーペーのころから超お世話になっているクライアントさん案件なのですが、あの人の中では私の年齢が20代で止まっているらしく、今回もスーパー体力勝負取材。紋別で暴れ馬に乗ったり、知床の流氷に落ちたり、五島で上り坂を登れず自転車ごとトラックに載せてもらったり、私の体力のなさは毎度披露しているはずなのに、40代でもまだ諦めないでくださって、ありがたい限り。

その期待に全力で応えるべく、今回も私の全体力を結集して臨もうと思います。
来週一週間、音沙汰がなければウエダは連日、筋肉痛に悶えていると思ってください。



2022年11月02日

読者反響

九州王国も気づいたら次号でもう184号。ついこの間創刊したと思ってたのに、15年を超えました。

創刊時、「アジアと九州をつなぐ雑誌に」とか「九州の人・文化・歴史の資源を掘り起こしたい」とかいろんな想いがありましたが、一番強く思っていたのは「九州の人が、もっともっと地元を自慢できるような雑誌を作りたい」ということ。詳しく知らない地元の偉人や、おぼろげな歴史を掘り起こすことで、「私たちの九州って、こんなに素晴らしい土地なんだ!」とたくさん気づいていただけたら…と、毎号自治体や郷土史家の皆さんと一緒に掘り起こし続けて15年。

昨日届いてた読者はがきに、胸を打たれました。




IMG_9149




そう、まさに、私たちが読者の皆さんにお届けしたい想いはこれ↑なんです!!
なんて嬉しいコメント…
嬉しすぎて、「この人にプレゼント当てて」と言ったら、「ダメです。厳選なる抽選です」とビシッと怒られました。すみません、危うく法律違反をするところでした。


ついでにエゴサしたら、こんなツイートも。


スクリーンショット 2022-11-02 152257


アイコンばれないように黒枠で囲みましたが、これもめちゃくちゃうれしいー−
一生懸命作った誌面が、いろんな人に届いているんだなと思うと、スタッフ全員本当に救われます。

200号まで頑張るぞー!…て、あっという間だな。
500号まで頑張るぞー!!…て、すでにおばあちゃんになってるな

2022年11月01日

月刊はかた11月号(2022)発売です!

IMG_9140


特集は「今年は少人数&個室で忘年会!

2年間、忘年会を自粛していた人たちも多いことと思います。
かくいうわが編集部も、三度の飯より忘年会が好き(日本語おかしい)なスタッフが集まっているというのに、2020年も2021年も忘年会ができませんでした。
今年は…今年こそいけるんじゃないか…という淡い期待と打倒コロナを掲げて、思い切った忘年会特集にしてみました。ただし、まだ不安な方が多くいることも重々承知なので、「個室&少人数ならどうでしょうか…」という最大の注意を払った忘年会提案です。

名店の中には2名からでも個室OKというお店も結構あります。
年の瀬に今年の思い出を振り返り、来年への英気を養うために、大切な人と、とびきり美味しいものでゆっくり時間を過ごしませんか?

個室で楽しめるおすすめ忘年会コースや昼忘年会コースの有無、椅子席か座敷かなど、かゆいところに手が届く情報満載でお届けします。私が絶対譲れなかったのが、「靴を脱ぐか否か」の項目。靴を脱ぐお店にはパンプスで行きますが、脱がなくてよければブーツで行けるもんねー。以前うちのきれいめスタッフが、ロングブーツでビシっと決めてきた日に靴を脱ぐお店に行くことになり、「やだ、ブーツの中、今日お父さんの靴下履いてきちゃいました!」という衝撃発言をしたことを思い出します。そんなことがないよう、事前に靴を脱ぐか脱がないか知れたら、超助かるでしょー。
月刊はかたは小さい雑誌ですが、情報もめちゃ細かいのです


2022年10月24日

脳トレ業務

姉妹紙「江戸楽」の英語版はコロナで入国規制がされていた間、外国人旅行客が激減したので休刊していたのですが、開国(江戸楽っぽく言ってみた)を機に、復活しました。
今回はまだ通常版ではなく特別版ですが、完全復活も近いと思います。

IMG_9085


で、2年ぶりに本日校正作業。

2年前におおよそ2時間で終えていた校正が、



・・・・4時間かかりました…ええぇー−!



ひたすら脳の退化を感じます。
英語を読む脳に切り替わるまでに1時間くらいかかったような…だってこの2年間、英語なんて見てもなければ聞いてもないもの!

人の脳は使わないとどんどん劣化していくんですね



IMG_9086


たくさん脳を使ったので、たくさん糖分を吸収しなくては…。(今、私のデスクにあるお菓子一覧)

2022年10月20日

新刊ムック「福岡カフェ時間」発売です!

IMG_9051


わが社には伝統的に、新人が一人でムックを作り上げるという修行があるのですが、今回この修行に挑んだのはチカです。
猛暑の8月、ほぼ毎日汗だくになりながらカフェ巡りをしていました。その血と汗と涙の結晶が、刊行されました〜〜〜

福岡カフェ時間〜こだわりのお店案内〜」発売です!
フォトジェニックなスイーツや本格コーヒーなど、カフェ好きの老若男女に喜んでいただけそうな56店が掲載されています。個人的には14Pのスムージーとか、22Pのパフェに目を引かれました。最近のスイーツは進化がすごいですね。(すっかりおばあちゃんの発言)


この本を校正中に、もうどうしても食べたくなって、70Pのかき氷はこの間食べてきちゃいました
これから1軒ずつ、制覇していきたいと思います。

みなさんも最新福岡カフェ事情を、ぜひこの一冊で網羅してみてください。



私が最初の修行でケーキ本を一人で作ったときには6キロも太ったのに(←取材先で断るすべを知らずすべていただいてました…)、チカは体重変動なし。
最近の子は自己管理も上手だわぁ〜〜


2022年10月19日

子どものころに習っていた楽器…

本日、加盟店の80歳の女性社長が毎日ピアノを弾いてから一日を終えるという話を編集部でしていました。
私は5歳からエレクトーンを習っていたのですが、最近エレクトーンってあんまり聞かないねぇ〜時代が変わったのかな〜という話をしていたら。


「私が小さいころは、足踏みオルガンでしたよ」という、驚愕の戦前生まれ発言が。



発言者はそう、あの人です。履歴書は何歳サバを読んでいるのか、お母さんは生後100年くらい経ってから出生届を出したのではないかと、毎度疑惑を持たれるミカです。


「そう、これ!子どものころ公民館で弾いてたやつ、これ!」とミカが指さした画像がこちら。




collection-2019-08-B-organ-01-634x465
※画像お借りしています。



ふぁ〜〜〜〜!?
これ、戦前っていうよりだいぶ前のやつじゃないの?
コレジオとかセミナリオに置いてるレベルのやつじゃないの??
天正遣欧使節団の彼らとかが、学んで帰ってきたやつじゃないの???
一体、何年前に生きていたのだ、君は…。


編集部一同、歴史の生き証人に敬意を表して、今後「諸江美佳」改め、「ミカ・モロティノ」(原マルティノ風)と呼ばせていただくことにします。