2018年09月18日

9月の博多の風物詩といえば…

IMG_0968


「中洲ジャズ」です!
今年で10周年ということで、すっかり定着した秋の風物詩。(今年は9月14日・金〜15日・土でした)。
なんといっても、町中のいたるところでプロのライブがフリーで聞けるという、信じられないくらい太っ腹な企画です。

存じ上げないアーティストの方もたくさんいるのですが、曲を知らなくてもノープロブレムで楽しめます。生演奏をすぐそばで聞きながら飲めるなんて、最高ですよね。
存分に飲んでいた我々は、ステージ前でゆらゆらしているだけで十分に楽しかったのですが、そのうちに新たな欲望が湧いてきました。

「耳の保養はできた。目の保養をしたい。初代ジュノンボーイを拝みたい」

ということで、うろ覚えのタイムスケジュールで武田真治さんを探し始めました。正確にいうと、初代じゃなくて二代目だそうですが、そんなの酔っ払いにはどうでもいい。
「シンジーシンジー」と中洲をご機嫌にさまよう我々に、「シンジタケダの出演は明日だそうです…」という無情な情報が冷静チーム(=非酔っ払いチーム)から伝えられ、我々の中洲ジャズは終了。解散致しました。


9月に博多を旅行する予定がある方は、ぜひこのイベントに合わせて来られてみてはいかがでしょうか?
普段は大人の街な中洲の、違った一面を見ることができますよ。
同じ時期に筥崎宮では放生会が行われているので、ぜひハシゴしてみてくださーい




PermalinkComments(0) 福博おすすめ情報 

2018年09月14日

九州王国10月号(2018)発売です

IMG_0956


第一特集は「西郷と龍馬を癒した霧島」。

なんと、今年特集に西郷どんが出て来るのは3回目です。
2018年1月号「西郷レガシー、西郷ヘリテージ」、4月号「幕末・明治が生んだ九州企業」、そして今号。
すんもはん…乗っかりすぎて、すんもはん〜〜(反省の色、なし)。

だって九州王国がしなけりゃ、誰がするっていうんですか。
2018年しなけりゃ、いつするっていうんですか。
今年中にもう一回くらい西郷特集できるんじゃないかと画策しているくらいです。今年あと2ヶ月ですけど。
ネタの多い人なんでねー

今回は鹿児島全体ではなく、霧島に集中した特集です。
征韓論に敗れた西郷どんは、霧島の温泉で癒されました。
龍馬さんとお龍さんは、日本初の新婚旅行に霧島を選びました。
二人の英雄が選んだ温泉に、入りたくなりませんか?

ということで、特集を作っているときから久々に霧島に行きたい欲が高まり、早速来月プライベートで宿を予約しました。九州王国片手に巡ってきたいと思います。



第二特集は「嬉野が『焼き物の里』と呼ばれる日」。

焼き物といえば有田、嬉野といえば温泉&茶…というステレオタイプな佐賀観をお持ちの方へ、一石を投じる特集。
嬉野にも焼き物があるのです。しかもとっても素敵なんです。
これからの季節、焼き物巡り→温泉の旅もおすすめですよ〜。


秋の2大旅の特集号、お楽しみください


PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 九州王国

2018年09月10日

嵯峨野×ニコライバーグマン

DSC02924


本日は料亭 嵯峨野さんで行われていた、「ニコライバーグマンが提案する和の空間」を拝見しに行ってきました。

数寄屋造りの素晴らしい設えの嵯峨野さんのお部屋にあしらわれた、ニコライの作品は上品で美しく、心洗われました。

DSC02926


いつもは静謐な空間も、この通り。
華やかでかわいらしく、いつもの嵯峨野さんとは全く違った趣です。

DSC02922


ニコライは、茎の美しさも和には映えると踏んで、あえてガラスの花卉を使ったそうです。
本当に茎が美しい。


凛とした、素敵な空間演出でした。
福岡を代表する料亭が、このような新しい試みを受け入れるのも素敵ですよね。




PermalinkComments(0) 取材裏話 

2018年09月07日

心よりお見舞い申し上げます。

西日本豪雨、関西を直撃した台風21号、そして北海道の地震。
数十年に一度規模の災害が、わずか一か月強の間に集中して起こったことに、驚きを超え恐怖すら感じます。

CNNニュースでは、今回の北海道の地震の見出しが下記のように伝えられていました。

Another natural disaster has struck part of Japan, continuing a summer of chaos that has seen the country weather deadly floods, typhoons, earthquakes, landslides and heatwaves.
大洪水に台風、地震に地滑り、そして高温…混乱の夏が続いている日本を、新たな自然災害が襲った


本当にその通りです。毎日流れて来る天災のニュースに、胸の痛みが追い付きません。

熊本から岡山へ、そして関西、そして北海道へ…と、「被災地」と呼ばれる地域が日々上書きされていく状況に、日本人の誰もが混乱し、心を痛めているのではないでしょうか。
これまで災害があるたびに少しだけでもと募金をしてきましたが、もはや「どの地域に」という対象を決めるのではなく、全ての被災地の皆様に一日も早く落ち着いた日々を取り戻していただきたいという気持ちでいっぱいです。

たまたま、今、「被災地」ではない土地にいる(我々を含む)皆さん。
困っている多くの方々のために何ができるのか、一緒に考えましょう。
pray for Japanではなく、積極的にact for Japan!です。


PermalinkComments(0)

2018年08月31日

月刊はかた9月号(2018)発売です!

IMG_0940


表紙を見た瞬間に私が「栗!」と言い、シエルが「芋!」と言った9月号があがってきました。
この抽象的な作品で、芋栗南京という秋の味覚を想像させてしまう八坂画伯の画力、さすがです。


今月の特集は「城下町、福岡」。
福岡って天守閣がないのでどうしても城下町のイメージがないんですけど、実は立派な城下町なのです。今回の編集部見解では、東はアクロス、南は桜坂、北は西公園、西は藤崎までが「城内」だったと予測してみました。根拠とその理由は本誌でお確かめください。
資料や古地図から、こういう「予測」を立ててみるのって楽しいですよね。
もちろん、いろんな想像をしてみるのは自由なので、皆さんもそれぞれに「このあたりでお殿様が休憩したのかなー」とか考えて楽しんでみてください。

ちなみに全く楽しめない、超恐ろしいエピソードも17Pに(恐ろしすぎて掲載していいものか、最後まで悩みました…)。
女の恨みは怖いよ、という福岡城にまつわる怪談も、夏の終わりにどうぞ。


PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた

2018年08月30日

日本酒で国際交流。

昨日は作家さんに「欧州から来た友人夫婦と飲むけど来ない?」とお誘いいただきました。

行ってみてびっくり。
まーあ、夫婦そろって美男美女だわ、頭はいいわ、二人ともそれぞれ事業成功させてるわ、若いわ、ラブラブだわ、と世の不公平の「いい方」が凝縮したようなお二人でした。
「オーランドブルームに似てるって言われない?」と聞くと、「sometimes」ってさらっと答えてました。そんな返答、一生に一度でいいからしてみたいわ…(性別違うけど)。

奥様のことを「彼女は神様が僕に与えてくれた最高のギフトだ」と真顔で言うイケメン。
隣のテーブルで「うちの愚妻がさぁ〜」と高らかにネタにしているリーマン軍団に、速攻通訳してお聞かせしたかったです。

危うく終電を逃しかけるほど、楽しい夜でした。
しばらく福岡に滞在されるようなので、この町のいいところをもっとご案内したいです

PermalinkComments(0)

2018年08月29日

仲良くなる速度。

職業柄、いろんな人と出逢う機会が多いので、初対面の人同士を引き合わせる機会も多い私。
自称:キューピッド、通称:仲人のおばちゃんです。

3ヵ月前くらいに、私のクライアントさん同士できっと馬が合うだろうなーと思う女性2人がいたので、3人でお食事会をしました。

その後3か月間、私がなんやかんやと忙しくて、お二人からのお誘いを断り続けていました。
そして先日久々に、3人でまたお食事会を。

するとなんと、このお二人、この3ヵ月の間に…





一緒に一泊旅行に行かれてましたっ!!距離の縮め方、早い!!



いや〜ほんとに気が合ったんでしょうね。キューピッドとしては嬉しい限りです。同性ですけど、お友達が増えるのも嬉しいですよね。

うっすら残念なのは、お二人が仲良くなりすぎて私が置いてけぼりになったことなんですけど。
嫉妬するわぁ〜〜〜

PermalinkComments(0)

2018年08月23日

美人おもたせ。

IMG_0902


先日取材した美人さんから、「取材のお礼に…」と編集部に送ってきていただいた金魚ゼリー。
かわいすぎて食べれません…。

美人は贈り物も美人だなーとしみじみ思いました。

PermalinkComments(0) 取材裏話