2020年08月07日

北九州帰りの定番。

本日は北九州取材でした。

北九州都市高速が私には鬼門でして、土地勘がないためジャンクションのたびにどっちに行ったらいいか迷うし、トンネル出たらすぐ出口とかがたくさんあって車線変更にオロオロするし、スピード違反で捕まるし(←自業自得)、と本当に相性の悪い道路の一つです。

なので、北九州から帰るときにはもう都市高速を抜けた時点でぐったりします。
神経を使いすぎて。
そして抜けた瞬間の最初のPAにミニストップがあるのです。
そうなると、毎度こうなるのです。



IMG_5554


神経をすり減らした後の、至福のひととき。
疲れた脳が癒されます。
癒された後に活性化した脳で考えなおしたら、来週が健康診断でした。
今、体重を増やしている場合ではない…。

PermalinkComments(0) 取材裏話 

2020年08月06日

千鳥屋祭り!

IMG_5537


千鳥屋さん(千鳥饅頭総本舗)に取材に行っていたヤナッチが、たくさんのお土産をいただいて帰ってきました。
わーい!千鳥屋さんのお菓子、みんな好きーーーー


「ポルトス大好き!」
「チロリアンのコーヒー味、美味しいよね」
「やっぱり千鳥饅頭は外せないねー」

と、それぞれの千鳥屋愛が炸裂したところで、争奪戦が勃発。


あの、かわいいチロリアンの缶は、誰の手に!!!?


ご存知ない方のために補足すると、チロリアンはすごくかわいい丸い缶に入っているのです。(この写真だと右上の立方体の包みです。)
一瞬メラッと全員のじゃんけん魂に火がついたのですが、もらって帰ってきたヤナッチが「当然、私に権利があります」とさっさと奪って帰ったので、乱闘にならずソーシャルディスタンスを確保できました

しかしあまりにもサッと奪われたので、缶を写真に撮る暇もなく。
ここに載せられずに残念です。ヤナッチの家で飴ちゃん入れになっているはずです(←予想)。



PermalinkComments(0) 取材裏話 | 月刊はかた

2020年08月05日

オリジナル緊急事態宣言、発令中

IMG_5541


国の発令を待たずして、編集部が入っているオフィスビルは独自に「緊急事態宣言」を再発令したようです。
ビルの入り口、エレベーター、踊り場、全てに一斉にこちらの宣言が貼られました。


検温だとか、入館時の消毒だとか、独自ルールはたくさんあるのですが、新しく加わったのがこちらのルール。

IMG_5542


エレベーターは4人まで!
編集部は8階という微妙な階にあるので、下から上から人が乗ってきた場合には、乗れずにスルーということになりそうです。
かといって階段を使える体力はなし…(4階くらいまでなら頑張れると思うんですけどね。っていうか、4階までの人は階段って決めませんかね??←人ごとなので…



たぶん福岡一基準が厳しいビルなんじゃないかと勝手に思ってますが、できる限りの対策をしていただけるのはありがたいことです。
きちんと順守して、「ビルからコロナを出さない!」というビルオーナーさんの決意に寄り添っていきたいと思います。あまりに強い決意のため、万が一の時、村八分(ビル八分)になりそうで、恐ろしいですが…


今日もポムが「編集長、原稿読んでください」って持ってきたときに、「あ、すみません!2m以内に近寄ってしまいました!」と言いながら、私に原稿を投げるように渡してきました。
ソーシャルディスタンスと、ビジネスマナーは共存しえないのですね…



PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年07月31日

月刊はかた8月号(2020)発売です!

IMG_5528


ギラギラ夏のパワーを感じさせる表紙の8月号が上がってきました。

今月の特集は「おひとりさまで、いただきます。


美味しいものは食べたいけど、密は避けなきゃね…というこのご時世、だったらおひとりさまで美味しいもの食べに行きましょうー!という特集です。
一人ラーメンも、一人鮨も、一人カラオケも、一人ハウステンボス(←ミカ)も、へっちゃらなわが編集部は特異集団だと思うので、自分たちスタンスでは特集を作っていません!

一人でご飯を食べに行くことに気後れする方や、一人でカウンターで飲むってハードルが高い…という方がたくさんいらっしゃることも十分承知。
今までは一人でご飯に行ったことがなかったけど…という方も、人を誘いづらいこの状況下、せっかくなので「おひとりさまデビュー」してみませんか?
最初の一歩を踏み出すと、意外に簡単だということに気づくかも。

そして好きなタイミングで、好きな店を選び、ちゃちゃっと美味しいものだけ食べて帰る、という気軽さにはまるかもしれません

ということで、女将や大将が楽しくおひとり様の相手をしてくれるお店や、カウンターで気軽に食べられるお店、昼飲み立ち飲みでサクッと一人飲みできる店など、おひとりさま大歓迎のお店を一堂にご紹介しています。

今年は仲間とワイワイ暑気払いするのは難しいかもしれません。
ぜひその分、美味しいものを存分に、おひとりさまで楽しんでみてくださいね!



PermalinkComments(0) 月刊はかた | 新刊出版情報

2020年07月30日

梅雨が明けたと思ったら…



IMG_5524


朝9時前でこれですよ…先が思いやられる…

PermalinkComments(0)

2020年07月29日

キレートレモン、プレゼント。

コンビニマイスターのヤナッチは、やたら会社の下のコンビニでくじに当たります。
いろんなものをもらってきては、みんなに配布してくれるんですけど、誰に何をあげるのかは一定のマイルールがあるようです。

缶コーヒーが当たったらミカへ。
ビールが当たったらミヨッシーへ。
スイーツが当たったらシエルへ。

私はこれまでもらったことがなかったんですけど、今日初めてもらいました。

IMG_5523



なんでこれ、私?

「え?まだ私、これ飲んだらキレイになれるって意味?」と超ポジティブ思考で尋ねたら、

「いや、足りなそうなので補給です」って超腹立つ回答をいただきました。



ほんと、いちいちカチンとくる男です


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年07月28日

編集部恒例「丑の日」@2020

毎年恒例、「一年に一度は会社でみんなで鰻を食べる会」が本日決行されました。

いつもはみんなで会議室で集まって食べたり、時には終業後にビールとともにいただいたりしているのですが、今年はこのご時世なので、各自のデスクで、密を避けて、いただきまーす。


IMG_5521



幸せ〜〜〜〜〜
たいして喋らずに、黙々と食べてもうなぎはやっぱり美味しいことがわかりました。
「やっべ、うなぎ熱に火がついちゃったな」といつも通りのセリフを吐いていたヤナッチですが、健康診断までに5キロ痩せるそうです。「うなぎ熱に火がついた」も「5キロ痩せる」も3日に1回くらい聞いている気がするのですが、その二つは並行できるものなのでしょうか…?

ざっくり検索したら、3年前に吉塚うなぎを食べたときも同じセリフを言っていたことが判明。
ブログって、自分たちの「過去検索」になんとも便利なツールだなぁ〜。





PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年07月21日

海とバイクとキティ。

昨日はヤナッチが大分県佐伯市まで遠征。
暑い中、ちゃんと一日中マスク着用で頑張ったらしく、今朝「マスク焼けしてない?」と若干期待したように顔を見せてきました。
マスクからたぶんはみ出している部分が多いので、マスク焼けは確認できず。(←なんとかハラスメント?)
でも全体にこんがりしていました。今夏はコロナで色白が増えそうですが、いち早く取材焼けです。


前日、佐伯に行くことを話していたら、大分居住歴のあるポムが「いいですね、佐伯だとあそことあそこが美味しいですよ」と情報通であることを披露。
「詳しいのね」と言うと、「バイクで県南から県北まで、暇があると走ってましたから」とアクティブ発言。サバが食べたくなれば関まで走り、ごまだしうどんが食べたくなれば佐伯まで南下。バイクにまたがり、大分県を縦横無尽に走っていたようです。

「昼は海とか見たくなるので、海岸沿いが気持ちいいんです」

うんうん、なんだかかっこいいな、20代男子。

「10号線で海を見ながら北上しているとですね、夕暮れ時に日出あたりに着くんです」

ほほう、それは日出から見える夜景がきれいとか、星が素敵とか、そういう話になるのかしら?
デートで成功した話かなにか??

「で、一人でハーモニーランドに行って、キャラクターのパレードを見て帰るのが、唯一の癒しでした」

・・・・・ん?なんつった?

「いやなことを忘れられるんですよ。キャラクターパレード」

「あとは夜、一人でバイクぶっ放して帰るだけですからね」


なんだこの、「乙女発言」と「尾崎豊的発言」の違和感は。
「キャラクターパレードで癒されて」「バイクぶっ放して帰る」の2発言が繋がりません。


嫌なことがあっても救われる場所がある、というのは羨ましい限りです。
キティやマイメロたちが手を振ってくれるだけで、気持ちが温かくなるそうです。
「見てるだけでいいんすよ。別に触りたいとかないし。あ、頭にカチューシャとかつけないですよー大人の男ですから」とクールな発言。
「でもツーショット写真は撮りたいっすね。あれ意外と高いんですよ〜行くたびについ散財しちゃいます」と大人発言もしていました


いつも全方向で驚かせてくれます。
「なんでうちに入社する男子って、いつも癖あるのかね?」と言うと、ミヨッシーが「癖あっても楽しいからいいじゃないですか!」と即答してくれました。
うん、いいね。楽しいから、いいわ。





PermalinkComments(0) 編集部の日常