2018年11月12日

雲仙でも月刊はかた&九州王国に出合えます♪

IMG_1273


週末は雲仙に紅葉狩りに行ってきました。仁田峠付近はすでに終わってましたが、雲仙温泉界隈は見ごろでしたよ。

IMG_1300


そして雲仙でもわが子を見つけちゃいました!
あら、こんな遠くまで旅に出たのね〜〜しかもおしゃれなところに置いてもらってるのね〜。

IMG_1299


置いてあったのは、ご存知雲仙の超名店「雲か山か」雲仙店。
ご挨拶しようと思ってたのに、ものすごいお客様の数で、買うだけで精いっぱいでした。人気店だなぁ。星野リゾートが「界」をオープン予定している場所がこのすぐそばなので、ますます人が増えそうです。皆さん、雲仙に来たら養々麺と月刊はかたをセットでお忘れなく。「雲仙でなぜ、はかた?」とか言わないの!


そして来月からは、いよいよ雲仙観光ホテルさんでも九州王国が読めるようになります!
雲仙を代表する素晴らしいホテル。
雲仙で月刊はかたと九州王国、どちらにも出会えるようになるなんて嬉しすぎーー


IMG_1343


ちなみにたまたまこの週末、島原ではジオマルシェが開催されてました。
今年の九州王国5月号で春のジオマルシェを紹介して以来、気になってたんですよね。
ベストタイミング〜〜〜
ここで手焼きちくわにチャレンジしたんですけど、ちくわを焼くのにに30分もかかることを知らずに、手軽に始めて若干後悔しました…

PermalinkComments(0) 九州王国 | 月刊はかた

2018年11月09日

魚好きの方におすすめの和食店

昨日は、大事な方同士の顔合わせを、間違いのないお店で。

IMG_1264


薬院の「博多和食 いしくら」さん。本当に間違いがなさすぎる、完璧なるお店でした。
大事な接待も、気軽な飲み会も、女子会も、デートも、何にでもよさそうなオールマイティのお店。
こういうお店は知っておくと重宝するな〜と思いました。特に、お魚好きの方におすすめです


ちなみに昨日ご一緒した人の曾祖父様の銅像が、なんと私が住む町にあるそうで。
しかも私有地内の銅像ではなく、町一番の超メジャー施設そばに建てられているそうです。
何をしたのかというと、学校に銀行に鉄道に船会社に…と町のありとあらゆるインフラを整備し、しかも貴族院の議員にまでなられたのだとか。
ありがとうございます。現在の私の暮らしは、曾祖父様のご尽力の上に成り立っているのですね。
「世が世なら、ひれ伏してお酒をいただいてるところですねーあっははー!」と肩をバンバン叩いて飲んでしまいました。大丈夫かしら。時空を超えて不敬罪とかにならないでしょうか。

PermalinkComments(0) 福博おすすめ情報 

2018年11月08日

偉人ですが…。

11月号から九州王国では大分の人気酒蔵「西の関」さんの広告企画が始まっています。
「西の関」とベストマッチする料理店を、九州各県からご紹介していくという内容。
次号12月号で紹介するお店の写真がなんとも美味しそうで、先日撮影協力へのお礼も兼ねて行ってきました。

IMG_1259


酔っぱらった私のiPhone写真ではこれっぽっちも良さが伝わらないと思うので、ぜひ九州王国12月号(11月15日発売)を楽しみにお待ちください。お店の良さが詰め込まれた一枚になっています。さすが、巨匠。


お店の方といろいろ話すなかで、超面白かったエピソードが。
坂本龍馬をコンセプトにした内装で、店内にも写真などが飾られているのですが、この龍馬の肖像画を見て、若い女性のお客様が一言。

IMG_1259


「あ、これって、大将のおじい様か誰かの写真ですか?」


と言われたそうでっ!!!!驚愕!!!

もはやゆとり教育では坂本龍馬は省かれてしまっているのか…っていうか、「おじい様」って想像の斜め上(笑)。確かに大将、ワイルドな感じで、ちょっと脱藩浪士っぽかったような…


九州の歴史を九州の皆様に興味を持っていただくためにも、「九州王国」はまだまだ一生懸命頑張らなくてはいけないなーと痛感致しました

PermalinkComments(0) 九州王国 

2018年11月05日

今年最後の九州王国を制作中。

IMG_1242


スタッフの机の上に置かれていた小瓶。
左から、糸さん、大久保さん、西郷さん、ツンさん。
なんとこの4瓶、縦に重ねられるそうです。かわいい〜〜。

ということで、机には焼酎、冷蔵庫には飲みかけのワインボトルが入っているというアル中編集部ですが、今年最後の特集を現在作っております。
本日下版日でした。
そしてこの画像を見てお気づきの通り、またあの特集です。しつこい??

いえいえ、今回はまたガラリと趣向を変えた「あの」特集なので、これまで堪能していただいた皆様にもきっと喜んでいただけるはず。
ってことで、きばれ〜〜チェスト!私たち!


PermalinkComments(0) 編集部の日常 | 九州王国

2018年11月01日

ハッピーハロウィーン余話。

昨日の警固公園はすごいことになってましたね。

BlogPaint


推定22時ごろの警固公園前。千鳥足によるブレ具合が、特定を避けるレベルの画像になってちょうどよいです。そしてぶれていても、左の方がディズニープリンセスであることはよくわかります。
渋谷等はちょっと社会問題化しているみたいですが、福岡は至って平和で楽しそうな雰囲気でした。

当然私は通りがかっただけで、ノー仮装ノーお化けの、通常の飲み会でした。
私のハロウィン気分はお昼に食べたこれくらいか。

IMG_1225


あと、「トリックオアトリート!」と隣のデスクの人にせがんでみたら、こちらをくれました。

IMG_1244
まずい棒


嫌がらせとしか思えない…「2本しかない貴重なものをあげるんですからね!」ととても恩着せがましくいただきました。ありがとうございます。できれば「うまい」方がいいな…

PermalinkComments(0)

2018年10月31日

月刊はかた11月号(2018)出ました!

IMG_1245


月刊はかた11月号の特集は「故きを温ねる、新しき住まい」。

毎年恒例の住まいの特集です。
今年は、リフォームや古民家再生など、「古き住まい」の良さに迫った特集になっています。
そして編集後記は「私のリフォームしたいところ」。
誠に余計なお世話なテーマです…。

PermalinkComments(0) 新刊出版情報 | 月刊はかた

2018年10月30日

これはやっぱり「観ずには死なさん!」

九州王国に好評連載中の映画コラム「観ずには死なさん!!」。

書いてくださっているのは人気作家の西村健さん。
とっても面白くてチャーミングな西村さんのことは大好きなんですけど(彼の作品も好きなんですけど)、西村さんとはどうも映画の趣味が合わなくて(笑)、毎度連載で紹介してくれる作品には食指が動きませんでした(ひどいカミングアウト…

しかし、しかーし、次号12月号でご紹介くださった作品は久しぶり(失礼…)に「観てみたい!」と思ったのです。それがこちらの作品↓

IMG_1239


邦題「素晴らしき哉、人生!」。
なんと70年以上前、終戦後すぐに作られた映画です。(アメリカが豊か過ぎて、戦勝国の余裕を感じます)。

一見ファンタジーテイストですが、実はとてもリアルで普遍的なこの世界の美しさを描いています。
平凡な、特別じゃなく思える人の一生も、一生懸命に生きていたら誰かの役には絶対に立っているし、自分が蒔いた種はきちんとどこかで芽吹いているんだな、と丁寧に気づかせてくれる佳作でした。最後の15分、蒔いた種が花開きまくってスカッとするのでお見逃しなく!

クリスマス前に、ぜひ大切な人とご覧になることをおすすめします。
その前に九州王国12月号で、映画評を読んでからご覧ください(笑)。

西村さん、やっと気が合う一本が見つかって嬉しいです〜〜


PermalinkComments(0) 九州王国 

2018年10月29日

九州王国10月号を持って、嬉野旅へ!

特集を作ったあとは、検証のために後追い旅をするのが最近の日課。
ということで今回行ったのは、10月号で特集した「嬉野が焼き物の里と呼ばれる日」の検証旅です。

まずは50Pで紹介した「うれしの茶交流館 チャオシル」へ。

IMG_1229


お茶の歴史を詳しく展示しています。九州王国民にはおなじみの「売茶翁」の記述もばっちり。

IMG_1230


ここではミカチーフおすすめの「効き茶レッスン」を受けました。
温度や時間でお茶ってこんなに味が変わるのか!というわかりやすいレッスン。
先生の言う通りに淹れたら、本当に美味しくなってびっくりしました。
編集部にこれからお客様が来られたときには、私が自信を持って美味しいお茶をお入れします。ご指名ください

そして41Pでご紹介した「224ポーセリン」へ。

IMG_1231


めっちゃくちゃおしゃれなお店だったのに、なぜうちの誌面ではあの写真を使ったのか疑問と不満が沸くほどに、すごーく素敵なお店でした。
ミカチーフに詰問したい。なぜあのおしゃれ店内を撮らなかったのか、と。(特集制作から2か月後に叱責…)

そしてランチは、44Pでご紹介したkihakoへ。

IMG_1236


私が入店したのと同じタイミングで入ってきたのは、BMWのカブリオレから降りて来たカップル。
20センチくらいのピンヒール&フワフワ毛皮の美人さんと、ロングマフラーをたなびかせた韓流スターのような彼氏さん(たぶん素足にローファー)。
一言で言うと、このカップルが全く浮かないような、おしゃれ店内でした。

IMG_1237


最後に37Pで紹介した「肥前吉田焼窯元会館」へ。
吉田焼のすべてが、ここにそろっていました。


来週末(11月2日〜4日)は吉田焼まつりも開催されるそうなので、陶器を探したい方はぜひ嬉野へ。
お帰り前にはもちろん、トロトロの美人の湯に入って帰りましょうね〜〜嬉野日帰り旅、おすすめですよ。



PermalinkComments(0) 九州王国