2017年05月22日

まだ5月なんですけど…

IMG_8210



暑すぎます。ウエダVSヤナッチのエアコン対決が始まる季節です…。
(ウエダ=寒がり vs ヤナッチ=暑がりによる、エアコン設定温度のせめぎ合い対決)

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2017年05月16日

赤子 in 編集部

IMG_8202


本日は育休中のゴイシが、7か月のベイビーを連れて編集部に遊びに来てくれました。
殺伐とした編集部が一瞬で、このうえない幸せ感に包まれました。
赤ちゃんってすごいですね。まさに天使の力。罵り合っていた数分前が嘘のように(嘘ですけど)、瞬間で全員が満面の笑みに。

IMG_8200


赤子にちょっかいをだしては泣かれ、あやし、泣き止んではちょっかいを出し…の繰り返しをする成長していない大人たち。
かわいそうにいじられた赤ちゃんは何度もギャン泣きし、ゴイシ親子が帰ったあとに、隣のオフィスの方から「赤ちゃんの泣き声がしたんですけど…」と恐る恐る尋ねられました。
「え?赤ちゃんなんていませんでしたよ」と言っておけば、ビルの七不思議として後世に伝わったかも。


細い身体で8キロの赤ちゃんを抱っこし続けるゴイシママを、心から尊敬。
母は逞しいですね。
次に会うころには喋れるようになってるかなー。楽しみです


PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2017年05月15日

イメージ土産

有休をとって長崎に遊びに行っていたミカが、老舗の栗饅頭専門店でお土産を買ってきてくれました。

IMG_8194


老舗らしくない、ビジュアルのかわいい栗饅頭。
それぞれに商品名が凝っており、ミカが独断と偏見で「みんなをイメージして、それぞれ選んで買ってきた」とのこと。

夏のおしゃれジャケットを着こなすヤナッチには「栗王子」、20代女子のレイレイとシエルには「桃栗姫」。
うんうん、なんかみんなそれぞれにいい感じ。

・・・で、私は?と思ったら、




IMG_8193

栗大王



「ち、違うんですよ!ウエダさんのぶんだけ栗多めなプレミアムなんですよ!特別なんですよ!」とまくしたてるミカの言葉が、必死の言い訳に聞こえるんですけど。

大王か…私、大王なのか…。
桃栗姫、かわいくてうらやましーなー



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2017年05月12日

九州王国6月号(2017年)発売です!

IMG_8188


大特集は「李香蘭と九州、そして蘇州」。

ご年配世代の方はご存知かと思いますが、昭和初期から30年代くらいにかけて、李香蘭というスターがアジアにはいました。この方、実は九州にものすごい縁深い方で、「九州出身を証明できたからこそ命が救われた」という数奇な運命を持つ人物。
九州王国は九州とアジアをつなぐ媒体ですので、こんなネタを放っておくわけがありません。
佐賀と蘇州を繋ぐ、大特集を作ってみました。なんと蘇州取材まで敢行しております。
ぜひ編集部の総力をあげた特集をご高覧ください。

ちなみに私が李香蘭を初めてちゃんと認識したのは、編集部に入社した最初の歓迎会。
当時の編集長が二次会で「夜来香」を歌っていて、そのキュートっぷりに卒倒した記憶があります。
仕事では厳しい鬼編集長だったのに、ものすごいかわいらしい高い声で夜来香を歌う彼女を見て、「これがギャップ萌えか…」と衝撃の体験をしました。
年配世代とカラオケに行く機会の多い女子の皆さん、「夜来香」を覚えておくと鉄板のかわいらしさです。おじさんキラー間違いなしなので、予習をおすすめします。そして李香蘭予備知識はぜひ、九州王国で!


第二特集は「日本遺産第一号!夏の壱岐の旅

もうそろそろ「夏は壱岐!」という九州王国によるゴリ押しキャンペーンが浸透したころかと思いますが、やっぱり夏の壱岐は楽しいんですよね〜〜。
岩ガキ美味しいし、海はものすごくキレイだし、温泉もあるし、博物館も楽しいし。
今回は第一号の日本遺産に選ばれた壱岐の見どころをご紹介しています。
なんと、往復フェリーチケットプレゼントもあるので、ぜひご応募ください。


今月号のおまけのおすすめページは、裏表紙(表4)の超イケメンと、それをめくったページ(表3)の癒しの猫写真。
ミヨッシーが配本作業をしながら「イケメンを眺めながらの作業、今月はなんか捗るわ」って言ってました。

隅から隅まで、どうぞご堪能ください







PermalinkComments(0)TrackBack(0)新刊出版情報 | 九州王国

2017年05月01日

伸びてきた!

IMG_8139


土日で急激な成長!!

収穫間近かも…サラダかな お吸い物かな
今日明日、編集部に遊びに来られた方はロッカーの上にご注目ください。

BlogPaint


ここです!



PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2017年04月28日

月刊はかた5月号(2017年)はガーデニング特集!

IMG_8137


さわやかな表紙の5月号が上がってきました。
今月は全く示し合わせたわけでもないのに、表紙の色と、開いてすぐの九州国立博物館で開催されるタイ展の広告の色と、巻頭エッセイ小松政夫さんのページのテーマカラーがなんとなく統一されていて、いい感じ

その流れで続く特集も、テーマカラーに合っていて、久々に(久々じゃダメか…笑)、雑誌の統一感がある一冊になりました。

特集は「緑の庭へようこそ」。
この時期らしい、ガーデニング特集です。

特集を作りながら、編集部も触発されて「植物を育てるっていいよね」という乙女心が芽生え、「でもどうせ育てるなら食べられるものがいいね」という食欲も芽生え、「時間かかるものは難しいからすぐ育つものがいいね」ってズボラ心もいつも通り芽を出した結果、こちらを育てることに。



IMG_8115

スプラウト!


既にドレッシングまで用意して、むしゃむしゃみんなで食べる日を心待ちにしているのですが、いまだ芽を出す気配なし…すでに撒いてから一週間立つんですけど

このままGWに突入したらどうしよう…と今、「GW中いきものがかり」をジャンケンで決めるべきか悩んでいます。普通スプラウトって、10日くらいで収穫じゃないのー??

PermalinkComments(0)TrackBack(0)新刊出版情報 | 月刊はかた

2017年04月26日

神に選ばれし…

本日、お昼にお弁当を食べていたミカが、
おにぎりを割ろうとした瞬間に、
硬いおにぎりの圧で割りばしが真ん中から折れ、
その衝撃でおにぎりの具にはいっていた塩昆布がミカの胸あたりに飛んで張り付く…という奇跡の出来事がありました。

どこまでドリフの神に愛される存在なのでしょうか。
おにぎりを食べるだけなのに、「バキッ」「ひやあーっ!」「ペトッ」「ぎゃあ〜〜!」という効果音と悲鳴が交互に聞こえてきます。



本日も平和で忙しい、編集部でした。

PermalinkComments(0)TrackBack(0)編集部の日常 

2017年04月24日

福岡で一番好きなビアガーデン

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパの「クール&ラグジュアリー ビアガーデン」が今年も始まりました!

今年でこのビアガーデンが始まってから何年目なのか忘れましたが、おそらく始まった年から毎年行っています。
「作り置きのものじゃなくて熱々が食べたい」「ぬるいビールは嫌だ」「エアコン効いたとこがいい」等々、アンチビアガーデン派だった私が、毎年行くってすごいことです。(な・に・さ・ま〜〜〜??
それくらい、ここのビアガーデンは全て素晴らしい。大好きです。


IMG_8118


まず、このロケーション!福岡市内の素晴らしい夜景を一望できます。夕暮れ時のマジックアワーも素敵。ソファ席もおしゃれです。

IMG_8121


そして肝心のビールは、ハイネケンエクストラコールドに、キリンフローズン生に、キリンスタウトに…とキンッキンに冷えた各種ビールが勢ぞろい!フローズン生を自分で作れるなんてここだけじゃないかしら。通常ビール9:フローズン1くらいですが、ここならビール5:フローズン5の「フローズンまみれビール」も作れます
もちろんビール以外のドリンクも充実!

IMG_8119


そしてなんと、1テーブルに焼き台が1つずつあり、美味しいお肉でBBQ食べ放題!

IMG_8122


海鮮も焼けるし、バーニャカウダもあるし、言うことなし!!

と、私の携帯カメラマンはここまでで、お肉を焼いている素晴らしい写真や、みんなでワイワイ楽しんでいる写真は、一眼を持ってきていたミカにおまかせしましょう〜〜と、あとは飲んで食べて楽しんで帰ったら、今朝ミカから「あ。楽しすぎて写真撮るの忘れてました」という報告を受けました。
…あんなに重いカメラを抱えていったのにね。全く無用だったね

ということで、引き続き画質の悪い私のiPhone写真でご了承ください。

IMG_8123


今年からはこのビアガーデン、余興としてマジシャンが各テーブルに登場するそうです。(不定期)この写真を見る限り、iPhone画質でちょうどよかったかもしれません(笑)

IMG_8124


若干、お疲れ気味のマジシャンのお兄さん…すみません、酔っぱらった私たちがたぶん疲れさせたんだと思います


ということで、夜景あり、おしゃれあり、肉あり、マジシャンあり、と完璧すぎるビアガーデン。
今年も10月まで開催だそうなので、この夏ぜひどうぞ!

PermalinkComments(0)TrackBack(0)福博おすすめ情報