2021年01月14日

九州王国2月号(2021)発売です。

IMG_6241


大特集は「うまか、もじょか、水俣・葦北の幸」。
「もじょか」とはご当地の言葉で「かわいい」という意味だそう。
「キュート!」という意だけじゃなく、「愛らしい」とか「なんか好き」みたいなポジティブ空気を纏った方言だそうです。
水俣&葦北エリアのもじょか食材、もじょか人々をずらりとご紹介。日本一の和紅茶から、高級アボカドまで、オリジナリティ豊かな食材が集まったエリアでした。

第二特集は「まえうみからの贈り物」。
有明海を「まえうみ」と呼ぶ、佐賀県川副町周辺に注目してみました。
やはり干拓の歴史と切っても切れない有明海周辺。海で生きる人、干拓地で農業に勤しむ人、誰もが感謝をする「まえうみ」の恩恵について繙きます。


図らずも、大特集&第二特集ともにとっても美味しそうな特集となりました。
外出自粛中はせめて誌面で、旅気分をお楽しみください。

PermalinkComments(0) 九州王国 | 新刊出版情報

2021年01月13日

非常事態のため、取材断念。

15年来付き合いのあるクライアントさんとは、この15年間に実にさまざまな取材をご一緒させていただいてきました。

北海道はサロマ湖のワカサギ釣りの氷の穴に足が落ちたり、
厳寒の五島でワゴン車から転げ落ちたり、
中標津のキャンドルナイトで指が凍傷になりかけたり、
島根のサイクリングでお尻の激痛に悶えたり。

…全部、私が悪いんですけど、とにかく身体を張った思い出しかない数々のお仕事。

2021年初となるご一緒仕事が決まり、「今回は今までとは違うよ、ウエダさん!期待して!ヨガとかヒーリングとかしちゃうよ!!」と驚きの素敵取材依頼に胸を膨らませていました。
今後こそ、体力勝負じゃない取材ができちゃうんですね!もう身体は痛くならないんですね!!と乙女心が期待でいっぱいになったこのタイミングで、なんと緊急事態宣言ーーー

これまでも感染予防は完璧にしてきたつもりですが、国の一大事にあたって、やはりお仕事を優先させている場合ではないと判断し、今回の取材は断念することとなりました。
もんのすごーく残念なんですけど。ただし、自身が感染を広げる可能性がある中で、移動をすること自体やはり自粛しなくてはいけませんよね。全世界が耐えている今、世界の一員である自覚をもって我慢することが、現在唯一我々にできることです。

ヒーリングヨガ島旅、コロナが終息したら絶対リベンジしたいです。
身体が硬い私にとって、「ヨガ」がヒーリングになるのかどうかはまた別問題ですが。




PermalinkComments(0) 取材裏話 

2021年01月12日

九州、豪雪!

九州に住み始めるまで、他の多くの九州外出身者と同じように、私もここは南国だと思っていました。
まさかこんなに雪が降るなんて!!!

IMG_6228


この週末は、私が九州民になって史上一番の、豪雪でした。
こんなに降ったの初めて。車も出せず、それどころか新聞を取りに行くまでに遭難しそうなくらい(←大げさ)、膝まで積もりましたよ。びっくりしたー。

家から一歩も出ることができず暇だったので、オンラインでiPhoneを新調しました。
注文翌日に実機が届き、旧機と並べておいておくだけでデータ移行終了、と驚くほど簡単になった機種変更に、隔世の感あり…機種変更、ノーストレスですよ!めんどくさがりの同志の皆さん!

しかし指紋認証からフェイスIDに変わったら、朝布団の中で顔を認証してくれませんでした…ノーメイクだから?むくんでるから?眉毛ないからー??



PermalinkComments(0)

2021年01月05日

あけましておめでとうございます。

編集部は本日が仕事始めです。
例年なら初詣から一年が始まるのですが、今年はなし!
忘年会も新年会も初詣もなしの、異例の年明けとなりました。

年末年始の休暇中も、基本的に全員引きこもっていたので、久々の複数での会話。
やっぱり喋るって精神衛生上大事だなー、と改めて思います。

年末に「2021年は油モノを減らします!」と小学生のような新年の誓いを述べていたヤナッチは今日、早速ランチに「蕎麦むらた」さんに行ってました。
帰ってきて開口一番、「新年限定メニューで蕎麦しかなかった!!」と何度も無念を口にしていました。
かつ丼が目当てだったようです…新年の抱負が早々破られなくてよかったじゃんか…。(っていうか、むらたに行ったら、むしろ蕎麦で大満足でしょうよ!)

今年は編集部みんなでダイエットを目標にします!
もう全員、入社前と比較したら、丸々しすぎてやばい。
健康的社会人生活を目指して、茶色いおかず(揚げ物)3割減で、頑張ろうねー




PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年12月25日

月刊はかた1月号発売です&今年も一年、ありがとうございました。

IMG_6155


月刊はかた1月号の特集は「神仏習合と修験の地 英彦山へ」。
日本三大修験の霊峰、英彦山の大特集です。
その歴史から登り方、楽しみ方までさまざまな切り口から読み解く英彦山。
今年は初詣は推奨されていないので、お正月ではなく各自お時間のあるときに、英彦山詣りはいかがでしょうか。

また、先日の新聞報道にもあった通り、小松政夫さんへの追悼文も載せております。
拙文ですが思いを込めておりますので、ご高覧いただけると幸いです。


2020年、本当に様々なことがありすぎる一年でしたが、本日で編集部は仕事納めとなります。
新年は1月5日(火)10時より開始いたしますので、お問合せ等はそれ以降にお願いします。




**************************************


今年は忘年会ができなかったので、最終日の本日、大掃除をしながらみんなでお弁当をいただきました。(各自、壁の方向を向いて。←徹底)
一年の最後は贅沢に!と「おのころ五合」さんのお弁当です。

IMG_6156


容器からすでにおせち仕様。そして、開けてびっくり。

IMG_6158



かに、えび、お肉にアナゴ丼!おせちだ!お正月だぁ〜〜〜

わかりやすく豪華で、一つひとつ本当に丁寧に作られた、最高のお弁当でした。
奥に見えるビールは、我慢ならなくて昼から開けちゃった職場の図、です

本当に大変な一年で、悲しいことも辛いこともたくさんありましたが、とりあえずはみんな元気でこうして年末を迎えられたことに感謝です。
読者様、関係者の皆様には大変お世話になりました。
来年こそ、世界に平穏が戻ってきますように。

皆様も、よいお年をお迎えくださいませ。



PermalinkComments(0) 月刊はかた | 新刊出版情報

2020年12月24日

タイ×福岡の、美味しいコーヒー

IMG_6153



年末のご挨拶に、タイ政府観光庁様からいただいた珈琲。

タイのチェンライで栽培されている豆を使って、福岡のシードヴィレッジさんが焙煎されたという、タイと福岡のコラボ商品です。
パッケージもめちゃめちゃかわいくて、こういうオリジナル商品いいなーと改めて思いました。

早速いただいてみましたが、とっても柔らかい口当たりで優しい味わい。
年末にほっと一息つくには最高の珈琲でした

(↑今年は、嘘のように静かな年末を迎えている編集部です…)


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2020年12月21日

TAOの丘、素晴らしい施設&公演です

IMG_6092


今年9月に久住にグランドオープンした「TAOの丘」。
あの和太鼓集団TAOの新たな拠点として、以前「あざみ台展望台」だった場所をTAOの屋外ライブ会場に改装し、リ・オープンさせています。

チケットをいただいていたにも関わらず、コロナやらなんやらで全くお伺いすることができず、気づけば今年が終わりそう…というタイミングで慌てて週末に伺ってきました。

当日の気温はマイナス3度。しかも久住。きっと密の心配など全く不要でしょう…と思いながら、防寒対策ばっちりで伺ったところ、駐車場には結構車がありまして。さすがTAOさんです。極寒の屋外でも、熱狂的なファンの皆様はたくさんいらっしゃいますね!

IMG_6095


舞台の後ろに広がる、この景色のすばらしさといったら!!
日本にこんな場所あるのか、と思えるほどの絶景中の絶景です。ここに舞台を置いたTAOの方、天才すぎる。
この舞台で、太鼓から琴、三味線、篠笛に至るまで素晴らしい和の世界が広がります。
演奏も借景も素晴らしすぎて、感動しまくりました。


しかし、拍手のために手袋を外すたびに、凍傷にかかるかと思うほどの極寒でして…が、なんと演者の方々、上半身裸なのです!!!
プロすぎるーーーー

IMG_6103



アンコール中も「もう早くお風呂に入って…」とこちらが願うほどに、寒そうでした。
1月〜3月までは休演だそうなので、次は春に再開ですね。
春の久住も素晴らしいと思いますので、ぜひ桜が咲くころに皆さんも行ってみられてください。


PermalinkComments(0) 九州王国 | 取材旅行レポート

2020年12月18日

今朝の西日本新聞

IMG_6086



とっても温かい記事を書いていただきました(クリックで拡大)。
小松さんの謙虚なお人柄と、プロ意識が記事から伝わってきます。


PermalinkComments(0) 月刊はかた