2019年04月19日

次の九州王国の特集は、こちら!

IMG_2520



たぶん、福岡で一番図書館にお世話になっている会社だと思います…。
今月もたっぷりインプットして、良質な文章にアウトプットしていけますように。

第一特集は↑このお方、第二特集は今最もホットな話題のあのお方。
九州には偉人が多すぎて、特集に事欠きません。


PermalinkComments(0) 編集部の日常 

2019年04月16日

ビジネス用語も流行は一回りするのね

私が新入社員だったころは、10歳くらい上の「バブル世代」と呼ばれる先輩方が、やたらとカタカナ語を使いたがると揶揄されていた時代で、「わかりにくいビジネス用語を使うのはカッコ悪い&おっさんくさい」という風潮全盛期でした。

しかし時代が一回りし、今まさにその頃の流行りが再燃しているようです。
最近20代中心の若い世代の会社とお仕事をする機会があったのですが、まさにあの頃のおっさん世代と口調が一緒で懐かしさすら覚えました(笑)。

「対談のファシリテートをお願いできますか?」
TGT像を明確にしていただき…」
課題感を教えてください」


それぞれ、「進行」「ターゲット」「課題」でよくないーー???言い換え、余計じゃないー!?


特に最後の「〇〇感」というのは若者ビジネスマンの間で流行ってるみたいです。
全く必要のないところで何度も「感」がついてきます(笑)。
うちの編集部では「脂肪肝」くらいしか話題に上がらないので、超「違和感」ありました


といっても、すでに「温かく見守る世代」に入っているので、こういうのを聞いても「うんうん、そういう言葉使いたい年頃だよね」と広い心で感受できています。
彼らには一度、ルー大柴という大先輩の姿をyoutubeで見てもらいたいものです。


PermalinkComments(0) 取材裏話 

2019年04月15日

月刊はかた&九州王国加盟店交流会2019@吉塚うなぎ

今年も小松政夫さんをお迎えして、「月刊はかた&九州王国 加盟店交流会」を開催させていただきました。
会場は福岡一予約のとれない人気店、吉塚うなぎさんにて。
超多忙な小松政夫さんと、超人気の吉塚うなぎさんの空き予定が奇跡的に合ったタイミングを見計らっての、スーパー贅沢な会でした。

DSC01459


博多の重鎮揃いの会なので、始まってすぐは「あの人もいる!」「ああ、あの人も!」みたいな若干緊張感ある雰囲気で。

しかし博多の人はみんな打ち解けるのが非常に(異常に?笑)早い!

DSC01528


あっという間に席を立って、縦横無尽に歩き回る皆様!
あっちもこっちもすっかり仲良くなって、肩を組んで写真を撮りまくる

DSC01683



恒例の「スーパー豪華抽選会」では、「この場で小松さんの生サインをもらえる権」まで登場し、ボルテージは最高潮でした。

DSC01766


最後はもちろん博多手一本で。
この4月から博多に新しく赴任して来られた方とかもいらっしゃったのですが、博多最初の会合がこれって、大丈夫でしょうか?
ものすごく濃くて、ものすごくいい会だったので、博多宴会のハードル上げちゃいそうです


ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
皆様が場を盛り上げてくださるので、毎回出し物要らずです(笑)



PermalinkComments(0) 月刊はかた | 九州王国

2019年04月12日

九州王国5月号(2019)発売です!

IMG_2518


大特集は「いだてん、熊本・玉名を走る」。
九州王国恒例の、大河ドラマ乗っかり特集です
なんかここ最近、九州舞台が多い気がするんですけど。のっかりまくっている気がするんですけど、気のせい?

韋駄天こと、金栗四三さんの地元密着特集です。金栗さんの隣に住んでた人とか、母校の後輩とか、地元誌だからこそのローカルネタ満載です。それでいてオリンピアン・君原健二さんのインタビューもあったりして、なかなかの充実度。
大河をご覧になっている人もそうでない人も、楽しめる特集になっていると思います!

私は宮藤官九郎さんが好きなので、今回の大河ドラマを楽しんで観ている一人なのですが、視聴率は苦戦しているみたいですね。中村勘九郎さんも素敵なのになー。あ、今月号の「マイフェイバリット九州王国」では中村勘九郎さんにもご登場いただいています!
まるっと大河号ですね


第二特集は「大分、西洋音楽始まりの場所」。
西洋音楽が日本で最初に根付いた土地は、大分だってご存知でしたか?
やっぱりあの人が関係しているのです。大分といえば、あの人ですよ。


ということで、今月も盛りだくさんの一冊。
ぜひGWに九州を訪れる予定の方にも、じっくりとご高覧いただけると幸いです。


ちなみに、このブログは予約投稿で毎日1830にUPするようにしているのですが(あ、毎日はできてない。ごめんなさい)、本日のその時間は「月刊はかた&九州王国交流会」を開催中の予定です。
名店に小松政夫さんをはじめ、連載作家さんや百選会加盟店さんにお集まりいただき、楽しい春の宴を催している最中のはず。
その模様は週明けお伝え致しますね



PermalinkComments(0) 九州王国 | 新刊出版情報

2019年04月11日

新たな上司?

入稿前になると、iPhone内の歩数計が「今日のトータル歩数、200歩」とか平気で言ってきます。そんなばかな。私がiPhoneを机の上とかカバンの中とかに入れっぱなしにしているので、きっと正確な数字が出てないのよねぇ…と思い、きちんとした数字が出るであろうスマートウォッチをはめてみました。


IMG_2517



とりあえずは(それなりに)歩いているようで安心。
さすがに一日200歩はないでしょうよ…。

しかしこのスマートウォッチ、余計な機能がついてました。

原稿に没頭して1時間くらい経つと、「MOVE!」って怒られるのです。「動け!」と。
今日、めちゃめちゃ忙しくて、座りっぱなしで猛烈に働いていたら、「MOVE!」って指示されました…机から離れられないのよ。頭は動いてんのよーーー!

新しい支配層の誕生です。
怒られる前にちょこちょこ歩いたりして、健康を維持したいと思います。


PermalinkComments(0)

2019年04月05日

平成最後のお花見、どこでしますか?

今週末で平成最後のお花見を終える方も多いかと思います。
わが編集部スタッフもそれぞれ、「天神フルフルで明太フランスを買って中央公園で花見」とか「リストランテインクローチのテラスからお花見ランチ」とか、さすがの編集部情報をフル活用して楽しんでいます。


私は先週末、すでにお花見を終えてきました。九州王国5月号(もうすぐ発売!)の校正中に、「九州よろず歴史旅」原稿内の西都原古墳の情報を集めていたら行きたくなって、即決即断。

IMG_2437
宮崎県です!


古墳はこの写真の背側にあるので丸無視ですが、見てください!この素晴らしい桜と菜の花の共演を!!美しい〜〜そして何より、これほどの景色でありながら、人がそんなに多くないのが一番素敵!


そしてここまで来たら、九州王国2月号で紹介した「ゲシュマック」さんにも行きたくなりました。車でわずか30分ですから。
(実は間違って養豚場のほうへナビに連れていかれたので45分かかりました… 皆さんはお気をつけを!)

IMG_2456


高台にある、おしゃれ豚料理専門店です。ハム等の直売所もあり、たっぷり買って帰りました。

IMG_2453


しかもドイツビールもしっかりあって、運転手じゃない私には天国でした
やっぱり九州王国で紹介したお店にははずれなし!!!です。(料理写真はあえて載せないので、九州王国参照 or お店に行ってください)


宮崎には他にも用があったのですが、車で走りながら「伊藤マンショ生誕の地」とか「石井十次の碑」とかに出会うたびに「わ、マンショ!」「十次先生〜〜!」と興奮する私に友人も呆れ気味。「誰それ?」みたいな反応をひたすら受け流しました。

九州王国を作ってると、旅が楽しくなります。知ってる人(←一方的)にいっぱい再会するんですもん。おいしい豚にも会えちゃうし。

ということで、深〜〜い九州旅をしたい方、美味し〜〜い九州旅をしたい方。
定期購読お待ちしてます →こちらから。

PermalinkComments(0) 九州王国 

2019年04月04日

春の取材は気持ちよく自転車で!

本日のヤナッチのサイクリングコース


天神(編集部)→けやき通り→市立美術館→庚申神社→ヤフオクドーム→ドライブイン鳥(から揚げ定食)→大濠公園→平尾→那の川→天神


いやあ、まぁ〜よく動くわ、この人!よく歩くし、よく走る!
アラフィフとは思えないフットワークの軽さです。すぐ車に乗っちゃう私は反省しなきゃなー。


「ほんっと、よく身体動かすよね、あの人」
「なんであれで痩せないんだろうね」
「痩せないどころか、筋肉質にすらならないのはなんでだろね」
「あの運動量を上回るほど食べてんじゃないの?から揚げとか」


という会話が、彼がいない間の編集部内で行われていたので、陰口にならないようにここで世界公開しておきます。しかもほんとにから揚げを食べてたという…恐るべき編集部透視能力!



PermalinkComments(0) 編集部の日常 | 月刊はかた

2019年04月03日

4月の博多座は「めんたいぴりり」です

IMG_2464


昨日は、月刊はかたファミリーの小松政夫さんが出演されている「めんたいぴりり・未来永劫編」を観に、博多座に行って参りました。

ご存知、「明太子のふくや」の創業者・川原俊夫さん夫婦をモデルにした作品。
博多座内には、当時の店舗を再現したコーナーもできていました。

IMG_2465


笑いあり、涙ありのとっても楽しい作品でした〜〜。
小松さんのギャグも満載で、しかもさすがの重鎮、泣き所もしっかり泣かせてくれて。
博多華丸さんや酒井美紀さん、大空ゆうひさんなど皆さん素晴らしい演技の中、個人的には原西さんに心奪われました。
私が関西に住んでいた頃(20年前?)からFUJIWARAは活躍してましたが、まさか博多座の舞台に役者として立っている原西さんに会えるとは。「手手手手、手手手手、手ー手ー」をやっていたころには想像もしていなかったわぁ〜〜(わかる人にだけわかればいいです。笑)

博多座での公演は4月21日まで。博多ネタ満載で、絶対地元の方なら楽しめると思います。9月には東京公演もあるそうなので、福岡出身の東京在住の方はこちらもお楽しみに!



ちなみに、観劇中にも「今日の22時までにこちらご確認を」「明日の9時までに原稿あげてください」等々のメールが入りまくって、幕間にビールでも飲むつもりがお茶一杯も飲めなかったわけですが、クライアントの皆様、ご安心ください!この時期に博多座に行くという暴挙に出ましたが、必ず締め切りは守りますので!

公演終了と同時に会社に戻ってきて、22時の締め切りも今朝9時の締め切りも守りました
博多座と会社が徒歩5分で良かった〜〜と心から思いました

PermalinkComments(0) 福博おすすめ情報